父の日にあげたいもの

来週の日曜は父の日ですが、毎度のことながらプレゼント選びは難しいですよね。相手を喜ばせたいと思うほど、あれでもないこれでもない、と悩んでしまうものですから。「子供のくれるものなら何でも!」と手放しで喜ぶ親ばかりでもないので、だったらもう何もあげなくてもいいかな…と思ってしまうかもしれませんが、いえいえ、実家にも帰りづらい今だからこそ、本当は何かを贈りたいですよね。

そこで私がおすすめする父の日ギフトは、THREEのメンズシャンプーです。写真の男性が手にしているのは、メンズスキンケアなのですが(こちらもおすすめですよ)、 シャンプーは毎日使うものですから、スキンケアに無頓着の男性でも、気軽にワンランク上のセルフケアを始めることができると思うのです。
今日ヘアサロンに行った時も、父の日の話題を振ったところ、「ちょうどTHREEのメンズシャンプーを贈ろうと思っていたんですよ!」と聞いて、嬉しくなりました。実家のお風呂場を思い出してみて、お父さん用のシャンプーだけ「コスパ重視」のものだったら、みなさんもぜひ、お父さんにも気持ちのいいシャンプータイムをプレゼントしてあげてください。

「男性の頭皮は女性の頭皮より硬く凝っていることが多いにも関わらず、その自覚症状がない人がほとんどです」とは、THREE AOYAMAヘッドスパセラピストの声。THREEの泡立ちのよいシャンプーと、頭皮にも塗れるコンディショナーを使って、セルフマッサージの習慣をはじめれば、心の疲れまで忘れるような体験を味わえるのではないでしょうか。隠れストレスを抱えがちな男性に、ブレンド精油の森のような香りで癒されてほしいという思いもあります。

男性の場合はコンディショナーをしないという方も少なくありませんが、使うと髪がしなやかになり清潔感が出ますし、スタイリングも楽になるので、ぜひシャンプーとセットで使ってほしいですね。ちなみに、THREEのメンズシャンプーはシリーズの中でももっとも髪にコシが出るタイプなので、ちょっとボリュームが欲しいというニーズにもぴったりです。

みなさんからのプレゼントがきっかけで、お父さんの髪に、気分に、ライフスタイルにまで、ちょっとした変化が生まれたらいいな、そして世界に素敵な男性が増え続けたらさらにいいな…なんて考えながら、THREEのアイテムを父の日そして父の毎日に推薦します!

目の下に、光のボーダーライン。

マスクメイク、楽しんでいますか? 今日はアーティストおすすめの「下まぶたメイク」をご紹介します。
普段、下まぶたにはアイシャドウもつけない、アイラインも引かない、という方も少なくないと思いますが、私は下まぶたメイクが大好きです。というのも、私は奥二重で小さな目の持ち主なのですが、下まぶたメイクをすると目まわりがぱっと華やかになるし、場合によっては上まぶたに塗るよりメイクの色が見えやすいからです。

そして今回アーティストが教えてくれたのが、目の下に「ハイライト効果」のあるアイラインを入れるというテクニック。曰く、
「マスクをつけると目から下が平面の一色になってしまうので、下まぶたに1本のボーダーラインを入れることで、表情に立体感が出るんです」
とのこと。
「ボーダーラインと言っても、色はハイライト系もしくは薄いウォームカラーでOK。色の濃さではなく、光がラインを描いてくれますから。ブラウンやブラックで囲み目をするのとは違う、エフォートレスな目力も叶いますよ」

それでは早速、下まぶたにおすすめのアイテムをご紹介しますね。(写真左まわりに)

1、 みんな大好き「シマリング グロー デュオ 01」
2色の内、どちらを使ってもOKですが、個人的には向かって左のウォームカラーを目じり側~黒目の下に、向かって右のハイライトカラーを目頭側にと、2色使いするのが好きです。

2、 夏限定の美人カラー「アルカミストツイストフォーアイ X04」
しかもこちら、マスクから熱気が漏れても安心なウォータープルーフ処方。肌なじみのよさと、少しクールなニュアンスを両立している、とても心惹かれるお色味です。

3、 少し前にSNSでも話題再燃、「メズモライジング パフォーマンスアイライナーペンシル 04」
ごめんなさい、現在欠品中の店舗が多数なようです。05番や11番のウォームカラーもおすすめですので、ぜひ。キラキラのラインを描いた後は、ペンシルのお尻についているブラシで軽くぼかしてください。

4、 最後に、クマ・くすみを隠すためのマストアイテム「アドバンスド スムージング コンシーラー OR」
オレンジ色でくすみを飛ばして、マスクをしていても健康的な印象に。先日のインスタライブでも玉木アーティストが使用しました。(玉木アーティストの大フェイバリットアイテムです。)

マスクをしていると表情の血色感が覆われてしまうし、どうしたって健康的には見せにくいのが現実。だからこそ「光」や「血色」をプラスしてくれるアイテムと、くすみを飛ばしてくれるコンシーラーを相棒に、今年ならではのサマーフェイスを見つけていきましょう!

今日は「梅の日」

6月6日は梅の日です。写真は、去年の8月に和歌山の産地に行った時のもの。原料でお世話になっている老舗の梅農家さんで、天日干しの作業をお手伝いさせていただいたときに撮りました。

梅干しを作るとき、塩漬けにされた梅から「梅酢」と呼ばれる水分がたっぷり摂れます。この梅酢は、梅エキスとミネラルがたっぷりな成分であるにも関わらず、かつては何にも利用されず、廃棄されていたそうです。しかも、そのまま流して処分しまうと環境に「塩害」が出るため、お金を払って産業廃棄物として扱われていた時代も。貴重な成分であるにも関わらず、とてももったいないことですよね。
THREEでは、この梅酢を「梅水」と「梅塩」に分けて、THREEのボディケアアイテム(ACシリーズ)バスソルトにも使用させてもらっています。

梅農家では、梅干しは「母なる木(梅)」と、「母なる水(海)」から生まれるんですよ、と教わりました。自然の恵み、そして日本の原料を大切にしたいという思いがTHREEと原料をつないで、ユニークな商品が生まれています。

PAST JOURNAL