THREE Lovers #226

「強い意志としなやかさが交差する、
カジュアルメイク。」
モモさん 自営業・モデル

「大学卒業後、やりたいことを自分でやってみたらどう?」とご両親の後押しもあり、以前から興味のあった「シーシャ(水たばこ)」のお店を昨年オープン。意思を持った強い眼差しの印象そのままに、モデル活動の傍ら、ビジネスパーソンとしても活躍するモモさん。趣味はひとりカラオケ。昭和歌謡が好きで、十八番は中森明菜。好きなものは好き。自分の心のアンテナをよく観察し、心のままに行動することを大切にしていると話します。

「ストレスはほぼゼロ。仕事もプライベートも、自分のやりたいことをやっているからか、毎日がとても楽しいんです」。

はつらつと話す姿も、逞しく、意志ある美しさを感じます。

Her Favorite

モモさんのお気に入りアイテムは、祖母からもらったネックレス。 「新潟の実家の隣に祖母が住んでいて、子どもの頃からよくおばあちゃんの家に遊びにいっていました。このネックレスは、大学進学で上京する時、おばあちゃんから譲り受けたもの。つねに肌身離さず身につけている、お守り的なアイテムです」。

Makeup for Her

2022年秋コレクションのカラーアイテムを使用した、意志を感じさせるのにどこかしなやかな抜け感を感じさせるカジュアルなメイク。主役は、色のニュアンスで引き締めるアイライナー。アイラインを引き立てるために、アイパレット「THREE ディメンショナルビジョンアイパレット  X03」の〈右上:グレージュのクリームベース〉を、まぶた全体、目尻際になじませ、上まぶた・目頭寄りの1/3にハイライトとして〈右下:ピンクパール〉をオン。輝度の高いピンクパールを入れることで、濡れたようなツヤ感、透明感をプラスしつつも、柔らかい目元が完成。その上から、主役のブルーグレーカラーのアイライナー「THREE ソニックインスピレーション アイライナー X02」を。目尻を丸く止めることで、カジュアル感を演出。リップには、「THREE アライジング スピリットリップグロー 09」を。唇に直塗りしつつ、輪郭はきちんと取らずにラフに仕上げることで、作り込みすぎない、しなやかな雰囲気のある表情が生まれます。


メイク使用アイテム(一部抜粋)

・THREE ディメンショナルビジョンアイパレット X03
・THREE ソニックインスピレーション アイライナー X02
・THREE アートエクスプレッショニストマスカラ 04
・THREE アライジング スピリットリップグロー 09
・THREE リフレクトグロー X01
・THREE シマリング グロー デュオ 01

THREE Lovers #225

「トーンを抑えたヌーディエレガンス。」
藤代えりこさん アパレルディレクター

「たとえばスタイルがよく見えるコーディネートや、シルエットを意識した着こなしなど、ファッションを通して人の人生を少しでもハッピーにしてくれることを、提案していきたいんです。」そう語るのは、アパレルブランドのディレクターとして活躍する藤代えりこさん。

カジュアルなTシャツの時はカジュアルになりすぎないよう赤リップを合わせたり、アクセサリーをつける時はメイクを少し引き算したり。「ファッションとメイクのバランスはいつも意識しています」と話す通り、オシャレの上級者でもあります。

「今日のメイクで新鮮だったのが、ワンピースの色にあわせて、カラーマスカラを選んでいただいたこと。このアイディアは目から鱗でした。コーディネートにあわせて、マスカラの色でニュアンスを加えると、全体にまとまりが生まれますね。」

Her Favorite

大好きなファッションを仕事にしたいと、駆け出しのスタイリストアシスタント時代に購入した、思い出のアイテムが、藤代さんのお気に入り。
「アシスタントで金銭的な余裕があまりなかった当時、これからアパレル業界で頑張っていきたい!という未来の自分へ向けての応援で購入したのがTOGAのブレスレットでした。22歳の時の当時の気持ちを持ち続けたい、という意味で、これからもずっと手放せない大切なアイテムです」

Makeup for Her

大人っぽい落ち着いた雰囲気を纏う藤代さんには、使用色のトーンを全体的に落ち着かせることで、立体感とツヤ感は残しつつ、どこかヌーディなエレガンスを感じさせる印象へ。 メイクのポイントとなるのが、グレイッシュトーンの「アルカミストツイストフォーアイ01」。アイホール全体に指でなじませて、目のキワまで色を入れることで陰影感をプラス。アイラインは引かずに、ワンピースの色にリンクさせたカラーマスカラ「アートエクスプレッショニストマスカラ 06」で目もとを引き締め、深みを与えます。口元は「デアリングリィデミュアリップスティック 05」をベースに塗り、その上から「デアリングリィディスティンクトリップスティック 11」を唇中央から広がるようにオン。色の明度を全体的に低くまとめることで、落ち着きがありながら、ヌーディな印象が滲む大人のメイクが完成します。


メイク使用アイテム(一部抜粋)

・THREE アルカミストツイストフォーアイ 06
・THREE アートエクスプレッショニストマスカラ 06
・THREE アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ 01
・THREE ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ 05
・THREE デアリングリィディスティンクトリップスティック 11
・THREE デアリングリィデミュアリップスティック 05

THREE Lovers #224

「キュートでセンシュアルな、ピンクの魔法。」
ワタナベカオリさん モデル

スペイン生まれ、スペイン育ち。今年、長年暮らしてきたバルセロナから移住し、東京で新しい暮らしをスタートしたばかりのワタナベさん。最近の楽しみは、東京を散策すること。
「気づいたら1日7〜8キロくらい歩いているかもしれません。そのくらい、東京の街を散策するのが楽しくて、最近の趣味は間違いなくお散歩。初めて訪れるエリアで、可愛い雑貨屋さんを偶然見つけたり、素敵なカフェに出会ったり、東京で目にする新しい発見に日々刺激をもらっています」

Her Favorite

お守り的存在として身につけているのが、お母様にプレゼントしてもらったカルティエの腕時計。
「一人暮らしを始めるタイミングで、母からプレゼントしてもらったのがこの腕時計。私にとって思い入れのある大切な相棒で、自立して暮らしていく決意と、母からの温かさを常に感じられて、身につけるたびに背筋がピンと伸びるような、しゃんとした気持ちになります」

Makeup for Her

「普段、自分ではピンク系をあまり使わないのでとても新鮮です」と話すワタナベさん。ピンク系ニュアンスメイクでミニマムにまとめることで、もともと彼女が持つ可愛らしい雰囲気に、温かみのあるセンシュアルな印象をプラス。ポイントは、ピュアな印象を与えるピンクのリキッドアイシャドウ「アルカミストツイストフォーアイ 02」。まぶたの広い範囲に指でなじませることで、さまざまなパールの輝きが華やかさを与えながら、目元の凹凸感を際立たせます。しっかりカールさせた上下のまつ毛には、「アートエクスプレッショニストマスカラ 02」で赤ニュアンスをたっぷりと宿し、温かみのある眼差しに。チークは自然な血色感を与えるコーラル系「ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ 02」を。「リリカルリップブルーム 11」で口元に深みを与えて目元とバランスをとることで、大人っぽい上品な印象にまとまります。

メイク使用アイテム(一部抜粋)

・THREE ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ 02
・THREE シマリング グロー デュオ 01
・THREE アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ 01
・THREE アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ 05
・THREE アートエクスプレッショニストマスカラ 02
・THREE アルカミストツイストフォーアイ 02
・THREE リリカルリップブルーム 11

PAST JOURNAL