映画の中の人生

人生のさまざまなドラマ、お腹を抱えて大爆笑するエンターテインメント、時代を象徴するファッションが感じられるモノクロのほか、ドキュメンタリー、SF、推理もの、ヨーロッパの小作品、インドの喜劇、アニメからホラーまで、映画のジャンルは多岐にわたります。テレビドラマやニュースとは何かが違う、映画の世界。コロナ禍で、世界中を簡単に旅することができない今だからこそ、映画は私たちの心が癒される大切な存在にもなると思いませんか?

さて、映画を観ているときに度々感じるのが、「時間」の果てしない長さです。たった2時間という上映時間に、無数の人生が描かれます。それは幼い頃の回想録のようであり、タイムスリップした自分の人生の結末のようでもあります。興奮や、成し遂げる喜び、己の可能性、未だ体験したことのない「時間」。後悔や、すれ違い、伝えたかった気持ち、二度と戻ることのできない「時間」。映画はいろんな時間を見せ、私たちに静かに語りかけます。

「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989年)は後世に語り継がれる映画の一つ。沢山の繋ぎ合わせたキスシーンフィルムが上映されるラストシーンはあまりにも有名です。これこそ、まさに空白の時を語る言葉なき言葉。銀幕を一人見つめる主人公トトの目が輝いていく。このシーンも捨てがたいけれど、この映画の後半で、年老いた母親が、村に帰省した息子トトに向かって語りかけるシーンが好きなのです。「お前に電話をすると、いつも違う女性が出る。でもお前を、心から愛している声をまだ聞いてない。聞けばわかるわ」と。ほんの一瞬登場する母親が語るこの言葉に、彼女の人生の長い時間も語られているのです。

映画は、静かに力をくれます。映画は静かに、人生に寄り添ってくれるのです。映画を観た後に、ふと、自分の人生が思い出される。そんな素晴らしい作品に出会えますように。

身体の中からパワーチャージ!

降りしきる大雨も、霧雨のような優しい雨も、雨音はなぜか、気持ちを身体の中に向けてくれる気がします。しばらく雨音に耳を傾けていると波立っていた心が落ちついていくのがわかります。しかし、梅雨は湿気を多く含んだ重たい空気が漂うのも事実。せめて気分を爽やかに晴らしてくれる方法やアイテムがあったら。

梅雨の文字にも入っている「梅」は6月の頭頃からふくらみ、下旬ごろに丸々と熟していくまでの間、雨が成長に欠かすことができない大切な要素なのだと言います。6月6日(日)から期間限定発売となる「THREE リズムレゾナンス ナンコウバイ & シードオイル」は、紀州産の南紅梅から作った梅肉エキスと亜麻仁油とオリーブ油を植物由来のカプセルに詰め込んだ、この時期にぴったりのサプリメントです。1kgの青梅から、たった20gしか取れないこの貴重な梅肉エキスは、クエン酸などの有機酸やミネラル分が豊富なほか、梅干しにはない有用な成分ムメフラールを含むことから、疲れを感じやすい時に、暑くなってスタミナが低下する夏の時期におすすめです。

毎年、心待ちにしてくださっているお客様も大勢いらっしゃいます。このサプリを見かければ、あ、夏が始まる! なんて、まるでTHREEの夏の風物詩にもなりつつあります。

長い雨の時期があるからこそ、生まれる梅。長い梅雨があるからこそ、たっぷり浴びたい夏の太陽。私たちも、身体の中から元気にパワーチャージして、この先に本格的に始まる夏に備えて参りましょう。

挑戦することをやめない

穏やかな毎日を送ることは心にも健全だし、トラブルは出来ることなら起きないほうがいい。ストレスだってないに越したことはない。けれど、時には、乗り越えなければならない山が目の前にそびえ立つこともあります。汗をかきながら登り、心地よい緊張感を味わったその先に何が待っているのかを想像しながら、挑むべきか挑まざるべきかを考える。

自分の「できること」の範囲を少しだけ広げなければならない局面。これは、たまにやってきます。自分が「やったことのないこと」に挑まねばならない局面。これも、ちょくちょくやってきます。さらに、「苦手なこと」を克服しなければならない局面。大変だけれどこれも度々やってくるのです。どの場合だとしても、そのしんどい山を登りながら何のためにやっているの? と自問自答したくなります。そして、もう一人の自分や、時には周りの人が囁きかけてきます。やめたら楽になるよ? と。

けれど、同時に、小さくても高くても、その山を登りきった時にこそ見える景色があることを、私たちはおぼろげに感じています。山を目の前にした時に望ましいことは、まだ成長できる伸びしろがあることを、自分の中に認める勇気なのだと思います。あと一歩、あゆみを進めたら、頂上から眺められる景色がさらに広がるはず、と。

そんなことを考えると思うのです。穏やかな日々の中にも、小さな挑戦があるのが、よいなあと。そして、緊張感を持って自分に問いかける横顔が見たい。落胆する横顔も、悔しそうな横顔も、諦めずに進む横顔は、きっと美しいから。

PAST JOURNAL