SPECIAL EDITION

on
THREE 10th ANNIVERSARY

September 2nd 2019

THREE TREE JOURNAL

on the
10th ANNIVERSARY
of THREE

September 2nd 2019

今日から10年前の、2009年9月2日。
THREEは日本発の新ビューティーブランドとして
東京と大阪の2店舗からデビューしました。

それからどんどん広く、深く。
自分たちなりに編んできた世界の中で生まれた
たくさんの出会いに感謝して。

これまでTHREE TREE JOURNALに記事を
ご寄稿いただいた方々からの
お祝いのメッセージをご紹介します。

∨

然(ネイチャー)と科学(サイエンス)の
いいとこ取り(ハイブリッド)――
THREE登場以前のオーガニックやら
自然派コスメやらに
物足りなさや
使い勝手の悪さを覚えていた私は、
それを聞いて膝打ちまくりでした。
いやホント、そうでなくっちゃ!
私ら欲ばりなんだから(笑)。
時代を読む力、凄かったなと。

麻生綾

麻生綾AYA ASO

(etRouge編集長)

麻生綾さんのコラム

練されたモダンなパッケージに、
いつも「わっ」と気持ちが揺れる色の数々。
THREEショップの前を通る時はいつも
ワクワクと気になって仕方ありません。
10周年こうやってたくさんの人を
魅了し続けた年月だったのだろうなぁと
感じながらも
私自身THREEの素敵な
世界観に魅了される一人です。
Happy The 10th Anniversary!

阿部好世

阿部好世YOSHIYIO ABE

(デザイナー)

阿部好世さんのコラム

10周年おめでとうございます!
これからも私たちに寄り添ってくれる
THREEでありますように。

植本一子

植本一子ICHIKO UEMOTO

(写真家)

植本一子さんのコラム

THREE10周年。
もっと前からあるような気もするし、
もっと新しい気もする。
なぜなら、いつのまにか僕の生活に
欠かせないものになっていたから。
一日のはじまりやおしまいには必ずTHREEがある。
朝、化粧水をつけるだけでも、
一日を通して共にある気さえする。
これからも、心を緩める相棒として、
側にあってほしい。

越智康貴

越智康貴YASUTAKA OCHI

(フローリスト・文筆業)

越智康貴さんのコラム

THREE10周年おめでとうございます!
THREEから生まれるカラーや、
世界観が大好きです。
これからもずっと追いかけて行きます。

花楓

花楓CAEDE

(モデル)

花楓さんのコラム

THREE
私はこのブランド名がとても好きです。
とてもシンプルで力強くて、化粧品とは
ほぼ無縁の私が初めて耳にした時から
なぜか少し気になっていたTHREE。
私も、作品を作るときに
心がけていることはシンプルです。
見た目がシンプルという簡単な意味ではなく、
考え方というか表現の仕方というか、
THREEにもそのシンプルさを感じています。
シンプルとは簡単なようで
1番難しい事だと僕は思っています。

加賀美健

加賀美健KEN KAGAMI

(現代美術作家)

加賀美健さんのコラム

10年前にTHREEに出会った時は衝撃でした。
素材はナチュラルなのに相反してデザインは
ストイック。その全ての質感が好きでした。
間違いなく化粧品界に新しい風を
吹かせてくれたと思います。
洗面台にTHREEが並んでいると
私の平凡な日常が少し幸せになる。
その幸せをいつまでも作り続けていただきたいです。

酒井景都

酒井景都KATE SAKAI

(ファッションデザイナー)

酒井景都さんのコラム

THREEとの思い出でまず思い浮かぶのは、
THREE AOYAMAのフリーペーパー。
まだ駆け出しの頃の謎のイラストレーターを
使って頂いてありがたかったです(笑)。
それ以来THREEの皆さんとは
公私共々仲良くさせて頂き、
仕事という垣根を超えた関係になれて
とても嬉しいです。
THREE AOYAMAの
リニューアルも楽しみにしております!

Shogo Sekine

Shogo Sekine

(イラストレーター)

Shogo Sekineさんのコラム

10周年おめでとうございます。
THREEが掲げる、
「自然体で生きることこそ美しい」という価値観、
本当に素晴らしいと感じ心から共感しています。
この10年間に積み重ねられてきた事の多さに驚き、
またここから先にどんな事を
生み出していかれるかと思うと楽しみでなりません。
これからの更なるご発展をお祈りしております。

スズキタカユキ

スズキタカユキ

(デザイナー)

スズキタカユキさんのコラム

れぞれの女性が持つ本来の美しさを、
新しい美しさに変えてくれるのがTHREEの魅力。
10周年おめでとうございます。

野宮真貴

野宮真貴MAKI NOMIYA

(歌手)

野宮真貴さんのコラム

THREEのデビューコレクションはよく覚えている。
あ、日本人女性の肌が変わると感じた瞬間だった。
美しさとは、内・外・心が整うことだということも、
一貫して伝えてこられた。
この10年で、日本人女性の
美の概念は確実に変わった。
THREEはその立役者だと思う。
そして女性たちの意識はパーソナルベネフィットから
ソーシャルベネフィットへと広がりつつある。
そのムーブメントを牽引していく
ブランドだと期待しています。
10周年、心からおめでとうございます。

早坂香須子

早坂香須子KAZUKO HAYASAKA

(ビューティーディレクター/メイクアップアーティスト)

早坂香須子さんのコラム

近私が一番自然に触れているのは、
THREEさんの商品を使用している時です。
10周年おめでとうございます。

Pantovisco

Pantoviscoパントビスコ

(マルチクリエーター)

Pantoviscoさんの作品

THREEは、見てつけて感じて!の使い心地に、
気持ちのよい透明感があるなぁと勝手に思っています。
しかも、効能や効果以上のものを
与えていただいています。
その感じをさらに続けていってほしいです。

冷水希三子

冷水希三子KIMIKO HIYAMIZU

(料理家)

冷水希三子さんのコラム

THREEを手にとったときの俳優たちの
真剣な表情を眺めていると、
その存在の大切さについてかんがえることになります。
または家をでるまえに鏡をみつめる時間と、
舞台にでるまえに鏡をみつめる時間とは
どうちがうのだろう、ともかんがえます。
鏡のなかのちいさな特別に
気がついていくことを知りました。
いつもありがとうございます。

藤田貴大

藤田貴大TAKAHIRO FUJITA

(演劇作家)

藤田貴大さんのコラム

たちがいかに人間らしさを失わずに、
そのいのちを享受する大切さを
気づかせてくれたTHREEの世界観。
心から感謝します。
10周年おめでとうございます。

松浦弥太郎

松浦弥太郎YATARO MATSUURA

(エッセイスト)

松浦弥太郎さんのコラム

10周年おめでとうございます。
実は、青山のTHREEのお店と
同じビル内で会議をすることが多く、
REVIVE KITCHENの
コールドプレスドジュースを飲むことが
良いアイデアにつながるような気がしています。

森岡督行

森岡督行YOSHIYUKI MORIOKA

(森岡書店・店主)

森岡督行さんの連載

お祝いのメッセージをお寄せいただいた皆さま、
いつもTHREEをご愛用くださっている皆さま、
THREE TREE JOURNALを
お読みくださっている皆さまへ、
心からの感謝と愛を込めて。
本当に、ありがとうございました!

これからも私たちの間に
たくさんの出会いや創造が生まれますように。
11年目を歩み始めたTHREEを、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

〈 INFORMATION 〉

THREE TREE JOURNALは
10月1日よりリニューアルして
新たなるコミュニケーションや
価値発見の場として登場いたします。

Renewal Open on October 1st 2019

9月30日はリニューアル準備のため
同サイトを一時クローズさせていただきます。

SHARE+

∧