地球上の生きものは、生まれながらにそれぞれの生体のリズム「体内時計」を持っています。人のリズムは1日の24時間周期よりも1時間長い25時間周期。日毎に生じる1時間の“ずれ”を日々調えることが、健やさや心のバランスを保つことへとつながっていきます。

リズムを調えるために最も効果的なものは光。朝、太陽の光を浴びることだといわれています。カーテンを開けて、空を眺めて光を感じてみてください。新しい今日を迎える。生まれ変わる。そんな気持ちで。

身体と自然のリズムを感じながら自分と向き合い、自分の芯を見つめること。自分との対話によって、あるがままの自分を受け入れることができると、視野が広がり、さまざまなものや自分とは違った価値観を受け入れることができるようになります。そして、新しい発見や出会いを心から望み、楽しめることができるのだと思います。

大変な時代だからこそ、自分を豊かにする。毎朝、そんなおまじないをかけてあげてください。