• #028_2「化粧水を“入れこむ”作法」
  • MONDAY, 18th APRIL, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

スキンケアアイテムの基本中の基本である化粧水。「使っている」という方が大多数だと思いますが、「正しく使えているか」と聞かれると……?

もしもあなたが化粧水を「パパッと肌に馴染ませて終わり」というような使い方をしているなら、それはあまりにもったいないというもの。なぜならば「正しい使い方」ができていないと、どんなに優秀な化粧水の効果も半減してしまうというのが、私たちの経験上あながち言い過ぎではないから。

それはたとえて言うなら、どんなに良い食材も適切な調理なくしては美味しくいただけないことと同じ。これからご紹介する「化粧水の作法」をぜひ今日からのケアに生かし、化粧水のポテンシャルを肌で存分に受け止めてください。

化粧水とコットン

みなさん化粧水は手でつけていますか? それともコットンで?
「手の方がラクだし経済的だから」と思われている方も多いかもしれませんが、THREEはコットンを使用したケアを心底からおすすめします。

その一つ目の理由は、顔中にくまなく化粧水を行き渡らせるためです。顔の凹凸の間には、思っている以上に“隙間”があります。コットンは顔の凹凸に沿って形を変えることができるので、小鼻の横、目の横のくぼみなど、指先でも簡単には触りきれない部分までしっかりカバーしてくれます。

二つ目の理由は、コットンの“面”で肌に適度な圧力をかけるため。指とは違い“面”で触れることによって、顔全体にくまなく均一な圧力で化粧水を“入れ込む”ことができるのです。化粧水をコットンで入れ込んだあとの肌感は手でさっと馴染ませた時とは大違い。その後の肌の保水力の高さにも差が出ると言われています。

三つ目の理由は、コットン自体は化粧水を吸い込まないから。「コットンを使うと化粧水を無駄に使用することになる」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は違います。手(肌)が化粧水を毛穴から「吸い込む」のに対して、コットンは化粧水を「含む」だけ。一度含んだ化粧水を、正しい塗布法を介して効率的に肌へ送り届けます。

コットンの選び方

どんなコットンを使うかによっても、スキンケアの効果に差が出ます。できればぜひ、ご使用の化粧水と同じブランドのものをお選びください。なぜならば、コットンは各ブランドの化粧水のパートナーとして、“効果”という目的に合わせて作られているからです。

それぞれのブランドのコットンは、分厚さや肌触り、素材の選び方や素材の織り方など、いろいろな選択肢がある中でつくり出された、“その化粧水のために作られた特別なコットン”なのです。

化粧水のつけ方

*THREEの「バランシング ローション」および「コンセントレート ローション」を使用する際の紹介になります。
コットンは「THREE オーガニック コットン」をご使用ください。

① コットンに使用量をとり、指にはさむ。

・ローション内の精油が均一に混ざるように、容器を軽く振ってからコットンの中心に3プッシュとり、コットンを利き手の中指と薬指で挟んで持ちます。
・もう一方の手でコットンを覆い包むようにして、ローションをあたためます。

② ローリング塗布をする。

・香りを大きく吸い込んでから、角質層を化粧水で満たすように、コットンを挟んだ指を小さく転がします。

*このとき、中指と薬指が反らないように力を抜いて、手首を回転させると上手に塗布できます。
*肌に摩擦を感じさせないように、コットンはすべらせず、肌をやさしく押さえるようにします。

③ 深く浸透させる。

両手で顔全体を包み込み、ローションの精油の香りをかぎながら深呼吸をします。

せっかくスキンケアをするのなら、ぜひとも“正しい方法”で。そしてそのスキンケアタイムを「自分の肌を愛しみ、自分と向き合い、自分をいたわる時間」にしてみませんか?
日々忙しい時間を送っているときこそゆったりした気持ちで、心地よいケアタイムと理想的な肌感を手に入れてくださいね。

次回は化粧水に続く基本ケア、「乳液」と「クリーム」の本当の役割、そして使い方をご紹介します。ぜひご覧ください!



PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM

CLOSE

Archives > features_028

#028_3「乳液とクリーム、本当の役割」

#028_3「乳液とクリーム、本当の...

WEDNESDAY, 2016.04.27

CLOSE

#028_2「化粧水を“入れこむ”作法」

#028_2「化粧水を“入れこむ”作...

MONDAY, 2016.04.18

CLOSE

#028_1「保湿で叶える美白ケア」

#028_1「保湿で叶える美白ケア」...

WEDNESDAY, 2016.04.13

CLOSE

Latest Topics
Miokoさん(2)

THREE Lovers

#198 Miokoさん(2)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.