コードネームは”WAGASHI”?

3月3日のJUBILEE コレクションが発売になってから、3日が経ちました。SNSを見ていると各アイテムに「桜餅パレット」や「羊羹ネイル」など、和菓子のニックネームをつけていただいていることを発見! 皆様、さすがです。
というのも実は、JUBILEE コレクション 2020のアイテムを作っていたとき、ディレクターのRIE OMOTOの頭の中にはたしかに、和菓子のイメージがふんわり浮かんでいたのです。

最初は私たちも「和菓子コレクション」というコードネームで呼んでいたのですが、その後コレクションの世界観や女性像がさらに発展し、現在の「JUBILEEなワンダーランドに咲く花」をモチーフとしたコレクションとして、世に出ることとなりました。
色名の中に”SWEERT” “TASTE” “DELICIOUS”という単語はあるものの、「和菓子」という初期の発想の源にたどり着いた皆様、その直感力に拍手です! モードな春メイクの中に、どこか香る和のニュアンスもまた、私たちの表情をエフォートレスに華やがせてくれる秘密なのかもしれませんね。

こちらのコレクションが発売になってから、各店の様子や、開催中の新宿伊勢丹のメイクイベントを覗きに行っているのですが、お客様へのタッチアップはどこも自粛中。コロナウイルス感染拡大予防のために、テスターにも一部お手を触れないようにお願いしている売り場がほとんどでした。
そうなると必然的に、販売員さんご自身のメイクをじっと見てしまう私。みなさんマスクを着用されているので目もとしか見えないのですが、その分アイメイクは気合ばっちり。とってもお綺麗でした!(THREE以外のお店の方も。凝視させていただき、ありがとうございました。)
こんな状況下のせめてもの楽しみとして、販売員さんのアイメイクウォッチ、皆さんもお出掛けの際にはぜひ楽しんでみてください。4月には、アイメイクが少し上手になっているかも?

不屈の心

昨日THREE AOYAMAのテラスに現れたのは、「ジュビリーフラワーの咲く世界」。そのたたずまいはさながら、ワンダーランドへ続くドアのよう!です。
続く店内にも、春の好奇心を象徴するお花が飾られていて、自然と心が躍りだす華やかな雰囲気にあふれています。

写真中央の大きなお花、ギガンジュームの花言葉は「不屈の心」。
今年の春はコロナウイルスの影響でたくさんのイベントが中止や延期になっているだけでなく、日常生活にも支障が出ざるを得ない日々が続いていますが、こんな時こそ、気分を明るくしたいものですね。

THREEの店頭もタッチアップの中止や営業時間の短縮でご迷惑をお掛けしておりますが、私たちがお届けできるエネルギーがきっとあると信じて、衛生管理の徹底はもちろん、いつもとは違う形でのサービスができないか、日々それぞれが探求しています。
少しでも早く、この事態が収束することを祈って。そして明るい春への入り口を、THREEでたくさん見つけてもらえることを願って。

指先のワンダーランド

花びら。ひな祭り。太陽。
イースター。祝福。桜吹雪。
白昼夢。ファンタジー。薄曇り。
春風。抹茶。マカロン。春のにおい…。
指先から物語を生み出すように、いくつものイメージがふくらむTHREEのネイルポリッシュ。

カラフルな想像力は、ペディキュアにも。サンダルの季節はまだまだですが、ヨガマットの上で、お風呂の中で、ふとした瞬間に、自分のそばまでやってきた今年の春を感じてください!(3月3日より限定発売です。)

PAST JOURNAL