井口 和哉(シェフ)
スペシャルインタビュー

2019年11月から「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA / restaurant RK」で腕を振るう井口和哉シェフ。

「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA / restaurant RK」では、魚や肉を使わず、野菜を主としたフレンチを提供しています。名店でキャリアを磨いた彼が、野菜を軸に料理を考えるようになったきっかけとは?

そして、野菜に感じる魅力や可能性とは? 今回は井口シェフのバックグラウンドから野菜についての考え方まで、たっぷりとお話を伺いました。

インタビュー全文は、こちらから。


整えて歩みだす

こんにちは、スキンケアスペシャリストの 豊嶋 です。

日中の暑さに夏の名残を感じ、夕暮れの早さに秋を感じる近頃。

過ごしやすい日も多くなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

「〇〇の秋」と沢山のことが表現されるように、色々なことにチャレンジしたり、始めてみたりするのにちょうど良い気候ですが、つい頑張りすぎてしまったり、思っている以上に疲れてしまったりしていませんか?

強烈な暑さや、紫外線に耐え抜いた夏の終わりの心・からだ・肌は、私達が思っている以上に疲れていたり、ダメージを抱えていたりします。まずは、ダメージを取り去り、リセットすることが大切です。

この時季のケアのポイントは2つ…

1つ目は「丁寧な洗浄」です。

鎧のように守ってくれた夏の終わりのお肌表面を、丁寧な洗浄で汚れを落とし、その後のスキンケアの浸透も意識して、秋から冬に向けたお肌に衣替えしましょう。労いと、これからもよろしくね、という気持ちをこめて、優しく手をあてておこなうと、気持ちまで浄化されていきます。

そして2つ目は「休養」です。

疲れた状態でも無理はできますが、頑張りが不本意な結果にならないよう、休養をとりましょう。何も考えない時間をつくったり、焦らず信号をひとつ待ったりすることも小さな休養ですので、できることから少しずつ始めてみてください。

また、「入浴」は効率良く心身の疲れをときほぐし、上手に眠りにつく手助けもしてくれますので、質の良い睡眠=最大の休養と思い、是非、今晩は湯船に浸かってゆっくり目を閉じてみてください。

休むことは進むこと…

明日への1歩をしなやかな自分で踏み出すために、秋は無理せず休養と丁寧な洗浄でリセットを心がけましょう。

豊嶋 亜実〈日本橋三越本店 / スキンケアスペシャリスト〉

INSTAGRAM:@three_toshima

スキンケアスペシャリストを目指したきっかけ

私自身THREEのアイテムをきっかけに、自分の心や身体と向き合い整えていくことで、肌荒れも落ち着き、人にも優しくなれたように思います。肌環境は、生活のリズムや自分自身と向き合う時間など、スキンケアだけでない、ホリスティックなアプローチも大切なんだと自己体験を通し気づき、このことをしっかりと皆さまに伝えていきたいと思ったのが、スペシャリストを目指したきっかけです。THREEとの出会いが“気づき”のきっかけになるよう、スペシャリストとしてお力になれればと思っています。


感謝を込めて。

本日9月2日、THREEは、12周年を迎えました。

THREEと接点のあるすべての皆さまに、心からの感謝を込めて。

今回は、この12年を一緒に歩んできた、グローバルクリエイティブディレクター RIE OMOTOのメッセージをお届けしたいと思います。

「ブランド12周年を迎えて、THREEに共感してくださっている方はきっと、単に商品だけを好きでいてくれているのではないと思っています。皆さまはTHREEのサポーターのような存在。そんなTHREEのフィロソフィや存在に共感してくれている皆さまに、心から感謝します。

私はコレクションを創る時、アートや自然、音楽、街の景色など、様々なことを想像しながら考えますが、いつもそのインスピレーションのベースにあるのは、それを使ったときの皆さまの姿や反応です。そのベースが私にはとても大切で、インスピレーションの源となっている。そのような意味でも、皆さまには、感謝を伝えたいです。

皆さまが1日、1ヵ月、1年と時を追うごとに成長していくように、12周年を迎えた今、THREEも更に成長していかないといけないと思っています。

「美しくなる」ということを、外面だけでなく、内面も含め、より広く、より深く、伸ばしていきたい。よりHappyで、よりHealthyでいられるように。一人一人の小さな幸せに寄り添えるようなブランドでありたい。

そのために、人間の持つ素晴らしい感覚を、最大限に感じながら提供していくこと。それこそが、これまで支えてくれた皆さまに対するリスペクトだと思っています。

これからも、THREEは前進し続けます! 一緒に、前進し続けましょう! 」

THREEは、日々の生活の中に“自分らしい自然体なひと時”を見つけられる時間を提供できるように、これからも挑戦し、歩み続けます。

そして“THREEのある時”を過ごす皆さまが、この先もきっと笑顔でHappyに過ごせますように。

心から感謝と愛を込めて。

2021.09.02 THREE

PAST JOURNAL