close 公式オンラインショップ 個人情報漏えいに関するお詫びとお知らせ

春分の日

まだまだ冬の寒さが残りながらも、穏やかな春の空気を感じる時期になりましたね。今年の春分の日は3月21日。長かった夜の時間がだんだんと短くなっていき、昼の時間とほぼ同じに。そして、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日ともされています。

土の下で眠っていた植物が芽を出し始め、生命の息吹を感じる季節。あらためて私たち人間と植物の関係に思いを馳せます。

THREEが大切にしている「自然体で生きることこそ、美しい。」というフィロソフィー。自然界の貴重な恵みに感謝を忘れずに、自然の一部である自分を尊重し、今の時代を生きる全ての人が、より自分らしい心地よさに満たされるように、という思いが込められています。

皆さまの「心・からだ・肌」が心地よく満たされるような商品とサービスを安全にお届けできるように、またTHREEの思いを実直に発信できるように、真摯に取り組んで参ります。

新エミングラインの心地よさ。

本日いよいよ発売になったTHREEのエイジングケア*、新エミングライン。商品開発を担当した金本へのインタビューとともに、新ラインの魅力をご紹介します。

新ラインをひとことで表すと?と聞いてまずでてきたのは「とにかく心地よい!スキンケアです。」そう、開発担当が思わず商品スペックを超えて心地よいというほどの使い心地が特長です。

「気持ちがおだやかになれて、心まで満たされるような”心地よさ”を体感できるスキンケアを目指しました。このみずみずしくも高揚感のあるローズの香りと優しく包んでくれるようなテクスチャー。仕事と子育ての日々で、とげとげしくなってしまう日も、寄り添ってくれるような香りとテクスチャーに私も何度も助けられています。(エミング世代って、おだやかでいられなかったり、とげとげしちゃう日、よくありませんか?笑)

そしてもちろん肌実感も。私は頬杖を着いた時に、指の腹で感じる頬の跳ね返しが変わったように感じるほど、肌のハリ感の変化を実感しました。」

この心地よくもしっかりと肌も満足できるリニューアルをするために気をつけたのは、期待を超えていくいこと。

「香り、エイジングケア*としての充実感をとことん追求しました。初代エミングラインも、香りの心地よさや心理的作用はすごく支持をいただいていたので、今回はさらに国産ローズも配合してパワーアップ。心までほぐされるような芳香です。

そしてエイジングケア*として求められること。保湿力やハリ弾力の実感。与えたのではなく内側から発するようなツヤ感、もちあがったようなハリ感を感じていただきたいと商品を作っていきました。クレンジングからクリームまでのケアで、物足りなさを感じない充実感を感じていただけると思います。」

心までほぐされるような心地よい芳香とテクスチャー。

使ったそばから感じることができる肌実感。

毎日忙しく過ごすエミング世代ならではのエイジングケア*で、心も肌でも充実感を感じていただけたら嬉しいです。

*年齢に応じたお手入れのこと

新エミングの佇まいをデザインする。

いよいよ、THREEの新エミングを皆さまにご紹介できる日がやってまいりました。

商品の素晴らしさはこちらをご覧いただきたいのですが、美しいパッケージに目を引かれた方も多いのではないでしょうか。本日はデザインを担当した上諸に話を聞きました。

「どういう存在感にしたいのか、まずは商品そのものの佇まいを想像し、頭のなかに浮かぶ断片的な画像を結びつけます。デザインをするうえで大事にしているのは、ミニマルで普遍的であるか。商品の本質を際立たせるため、要素をなるべく省くこと。新しいエミングラインの透明感を感じる芳醇な香りと心地よい使用感・・・この目に見えない、香りや満たされる感覚をデザインに投影したい!と強く思いました。

豊かな芳香が滲み出るようなピンク色を使いたい。目にしたときに穏やかにときめくような佇まいにしたい。可愛いではなく美しいと感じるものにしたい。そして、私自身がエミング世代なので、日常で少しでも良いホルモンを出したい!という気持ちもこもっています(笑)。」

完成したパッケージは、みずみずしさと透明感を感じるデザイン。

特にローションは、気持ち良くゆらめいて見えるようなクリアな印象。

「淡いグレイッシュピンクのボトルが透過して見えるローションは、置く場所でいろいろな表情に。光を通したときに輪郭が現れて美しいです。概念的ではありますが、透明だからこそ、輪郭がはっきりしてくると思っています。光と影のコントラストが入ると立体的になり、存在感が出てきますよね。」

といって説明用に出してくれたのは、霜柱とエビの抜け殻の画像。

(まさか日常のこんなシーンからも、デザインを考えているとは・・・)

「日常生活のなかにある美や洗練。何かを感じて、それを蓄積していき、そのカケラを編集・構築して、新しい価値が作れたらと思っています。目に触れた時に、手に取った時に、感覚にふれて感情を動かすような。日々の暮らしのスキンケアの中で、穏やかな特別感を感じていただけたら嬉しいですね。」

どんな環境にもなじむ、おだやかにときめくデザイン。THREEのエミングラインで、皆さまのスキンケア時間や生活が、心地よく充実感に包まれたひと時になりますように。

PAST JOURNAL