Staying Home

首都圏などで外出自粛が要請された今週末。ブルックリンに住むRIE OMOTOからも”Stay Home! Stay Healthy!”というメッセージと一緒に、こんな写真が送られてきました。愛犬のJack & Bowieとのお散歩中に撮った写真かな? びっくりするほど人がいませんが、一匹だけフレームインしているリスの姿が。動物たちは、なぜ街から人間が消えたのか不思議に思っているかもしれませんね。

この土日は、私も自宅にこもり「おうち時間」を過ごしました。(実は金曜日もリモートワークをしていたので、3日間連続で、ほぼおこもりです。)もともと家で過ごすことが大好きな人間なので、実はそれほど普段の過ごし方と違いはないのですが、「出掛けてはいけない」「人と会ってはいけない」と思うと、少しだけプレッシャーを感じました。

そんな週末は、友達と頻繁にLINEをしあっては、お互いを監視(笑)。
「何してる?」「寝ていた。」
「何してる?」「暇で死にそう。」
「何してる?」「何もしないまま週末終わりそう。」
など…。「おうち時間」というワードがおしゃれな感じで広まっている一方、結局はダラダラとしたまま、週末の48時間があっという間に過ぎていったという仲間が、私の周りには多かったです。(ダラダラ派な私は、それを知ってほっとしましたが。)

こんな危険で不安な状況は、本当に一瞬でも早く収束してほしいけれど、もう少し続くかもしれないこの「おうち時間」は、たとえそんなに有意義には過ごせないにしても、「こんな時間もまぁたまにはいいか」と思えるくらいには楽しみたいものですね。

実は、「おうち時間」がたっぷりある今こそ読んでいただきたいTHREE TREE JOURNALの過去記事がたくさんありまして、ここ2日間それをSNSでちょこちょこと発信する作業にはまっています。TTJは2013年の春から続いていて、その記事のアーカイブが気づけばものすごい数に。知らぬ間に約700記事も溜まっていました! みなさんの興味があるトピックスもきっとあると思いますので、お暇なときにはこちらのハッシュタグ一覧ページから、気になる記事を探してみてください。

いろいろな意味で「一度しかない2020年の春」、自分たちの努力とマインドで、少しでもいいものにしていきましょう!

そして、追記のような形になり恐縮ですが、このような状況の中でも仕事に従事され私たちの生活や安全を支えてくださっている方々に、心からの敬意と感謝を捧げます。

どんな場所にでも

光と影は表裏一体。例年通りとはいかない今年の春は、美しい景色や何気ない時間が、ことさらに尊く感じられます。自覚はせずとも、誰しもが右往左往しながら過ごしている毎日。それだけでみんな、お疲れ様です。

それにしても、花はいいですね。公園の桜。道の脇に大人しく咲く花。誰かが飾ってくれたオフィスの花。自分で飾る部屋の花…。今年のTHREEのスプリングコレクションのインタビューの中で、RIE OMOTOが「どんな場所にでも、人間の感情によって美しさは生まれる。」と言っていたことを思い出しました。

ここ数週間の間、コロナ関連のニュースや記事を追いかけたり、その気晴らしにとSNSを覗いたりして、空き時間はもちろん、空き時間を作ってまでスマホを睨む毎日が続いていました。私においては、その時間が日に日に長くなっているようにも感じます。

そんな中、「スマホの時間が長くなった人、多いと思いますよ」というお客様からのメールがきっかけで、先週のメールマガジンに「スマホ疲れにおすすめのセルフケア」をご紹介させていただきました。(このメルマガはこちらからご覧いただけます。)今日の入浴時間にぜひ、試してみてください。

世の中、自分だけで考えても仕方のないことがほとんどだけれど、結局最後は自分の頭で判断して、自分の行動で変えていかないとな、と思うこの頃。混乱せずに、あきらめずに。謙虚に、前向きに。

色の微差

外出の機会は少なくとも、季節は春。冬の間は手放せなかったマフラーやストールの出番も減り、襟ぐりの開いたブラウスやカットソーに袖を通す日も増えてきました。
そんな中、気づいてしまいました。「首が白い!」ということに。冬の間あまり日に当たっていなかった首は、いつのまにか自動的に白くなっていたのですね。

首が白いこと自体は喜ばしいのですが、困るのは「顔色とのギャップ」。日焼けをしたわけでも、濃いファンデーションを塗っているわけでもないのですが、首が白い分、顔が暗く、くすんで見えていたんですね…。そこで、ファンデーションのトーンを少し上げてみたら、良い感じにおさまりました。

「首の色より白いメイク」も不自然ですが、「首の色より黒いメイク」もいかがなものか。薄着になる季節、みなさんにもファンデーションのトーンの見直し、おすすめです。自分でチェックする際には、あごの横のフェイスラインに少しつけて、顔と首の中間のトーンに調整するといいですよ。

PAST JOURNAL