THREE Lovers #216

「しなやかな、美しさをまとう。」
EMMA FRANCESさん 学生

イギリス生まれ、日本育ちのEMMAさん。高校卒業後、イギリスに留学。コロナ禍の影響で、後ろ髪を引かれる思いで昨年帰国。現在は大学で英文学を学ぶかたわら、新たに始めたモデルの仕事にもやりがいを感じると話します。

「留学時代、言葉の壁に何度もぶち当たりました。特にバイト先では日本人だと思われなくて、悔しい思いを何度もして。でもそのタフな経験が、自分の新たな一面を発見するチャンスになり、何事にも積極的に挑戦していくポジティブなマインドにつながっているなと思います」

Makeup for Her

目鼻立ちがくっきり、可愛らしい雰囲気のEMAさんには、可愛らしさの中に都会的な品を忍ばせる、リップを主役にした華やかなメイクを。THREEの艶やかな赤が、EMMAさんの内に秘めた強さに寄り添い、ドラマチックな印象を引き出します。

Her Favorite

初めて親元を離れ暮らした留学時代に購入し、今でも大切にしているセリーヌのカードケース。「留学時代、自分で稼いだお金で初めて買ったブランドモノ。留学生活の楽しかった思い出、辛かった思い出、留学生活のすべての思い出が詰まっていて、これを手にすると、また頑張ろうと思えるんです」

Hint for the Expression

2021ホリデーコレクション「ファインドユアシークレットナンバー ボックス X01」の3つのミニスティックを使い、大人っぽく洗練された表情へ。メイクの主役は、ボルドーカラーのニットとも相性のいい「リップカラー X01」。強めのリップで仕上げるので、目元はほんのりピンクが軽やかな「アイカラー X01」をアイホール全体と、目の下のアンダーカラーにオン。グレーのラインを締め色として目のキワにすっと入れると、品のある印象の目元に。またマルティプルカラー「アイ/チーク/リップカラー X01」を目の下にほんのりチークのようにぼかしていれると、ピュアな印象が際立ちます。

メイク使用アイテム(一部抜粋)

・ファインドユアシークレットナンバー ボックス X01【限定】
・インディストラクティブルアイライナー 03
・アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ 01
・アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ 02
・アトモスフェリックディフィニションマスカラ 05 OR
・アートエクスプレッショニストマスカラ 05

自分をみつめる夜の過ごし方

こんにちは。トップスキンケアスペシャリストの大高です。
関東では朝夕ひんやりと空気の冷たさを感じるようになりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、秋の夜長のセルフケアについてお話しさせていただきます。

この時期になると、お客様から頂くお悩みも、“冷え”にまつわるものが多いように感じます。
足が冷たくてなかなか寝付けなかったり、肩こりまで出てきたり。

また、お肌もなんだか乾燥する、なんとなくくすみを感じる…、などが多いでしょうか。
それは、実は気づかないところで冷えてしまっているから。

そんなこの時期のお手入れポイントは、”温め・巡らせる”ことと“上質な睡眠をとる”こと。

そのためには、まず、ボディケアから。
就寝前の入浴は、38℃前後のお風呂に20分ほどゆっくりと。
私はフルボディトリートメント&バスソルトがお気に入りで、心地よい精油の香りとお風呂上がりのぽかぽか感、全身のお肌もしっとり仕上がります。そして、冷えやむくみ、からだの緊張もほぐれて楽になる感じがします。
「湯船に浸かる時間がない!」時は、
フルボディ ウォッシュ ACの泡でマッサージをするように洗うと、全身の巡りが良くなり、簡単にボディケアが叶うので、ぜひお試しください。

そして、おやすみ前のケア。
THREEには、睡眠中のお肌に着目したオイル美容液があるのをご存知でしょうか?
それは、スタッフにもファンの多い、バランシング SQ オイル Rです。

オイルを3〜4滴お顔からデコルテになじませ、老廃物を流すように意識してやさしくマッサージします。香りを吸い込む気持ちで、ゆっくり深呼吸をしながらお手入れを。
夜のお手入れで緊張を解くことで上質な睡眠へと誘い、ぐっすり眠った翌朝にはうるおいとツヤのある柔らかなお肌へと導きます。

秋から冬にかけての季節の変わり目に、まずは気になったものからひとつ、試していただけたら嬉しいです。楽しみながら、ご自身の心・からだ・肌をいたわってあげてくださいね。

暮らしのリズム

日常生活が変わり、働き方の常識が崩れ、ライフスタイルが多様化した昨今。
どこまでが仕事で、どこまでがプライベートかが見えづらくなり、
1日のリズムにメリハリがなくなったという方も多いのではないでしょうか。

毎日がシームレスになるなか、ちょっとしたサインに敏感になることはとても大切です。
「なんだかだるいな」「少しやる気がでないな」「ちょっと気が進まない……」
そんな時に試してみたいのが、自分で暮らしに句読点をつけること。

気分転換に散歩をしてみる。気になっていたスイーツを食べる。読みたかった本を読む。
大きな声で好きな曲を歌ってみる。思い切って運動を始めてみる。
どんなことでも構いません。シームレスな日常に、自分でリズムをつけること。

もし何か行動を起こすのが億劫であれば、手軽に香りの力を借りてみるのも一案。
先日発売されたばかりのTHREEの「SQシリーズ」は、本来私たちに備わる体内時計に着目したアイテムたち。
植物エキスや精油のブレンドの香りで、オンの場面では活動的に、オフのシーンでは静かな気持ちへと導いてくれます。
人間の気分や気持ちはちょっとしたことで変化しやすいもの。
だからこそ、ミストやリップバームなど、さっと気分をチェンジしてくれるアイテムを味方につけて。
ちょっとしたことですが、きっと思うよりもずっと嗅覚は心身に響くはず。

暮らしのなかに自分らしいリズムをつけるための、小さなご提案です。

PAST JOURNAL