SPACE SONIC

初めて知ること。想像もつかなかったこと。ずっと気になっていたこと。

私たちの耳には、日々、世の中で起きている沢山のニュースが飛び込んできます。

そんな沢山のニュースの中でも、今年に入ってからより耳にするようになったのは”宇宙”に関するニュースではないでしょうか? 

民間人の宇宙試験旅行など、これまで想像もしなかったことが現実となってきている中、THREEはこの秋、ミステリアスでワクワクするような“宇宙のエネルギー” をテーマとした、秋のメイクアップコレクション“SPACE SONIC”をローンチしました。

グローバルクリエイティブディレクター RIE OMOTOは、「どんな日も朝には太陽が上り、夜には月が現れる。そんな希望に満ちた宇宙のパワーに後押しされて叶う夢が、きっとたくさんあるはず。そう信じる力は、今の私たちの強い味方になってくれるのだと思います。今回のコレクションが描くミステリアスな色や輝きを表情に重ねてみなさん自身もまた美しい星であるということをぜひ感じとってください。The universe belongs to you!」と語っています。

皆さまが、この秋のTHREEメイクアップコレクションに触れることで、自分自身の新たな魅力を発見するとともに、ポジティブなエネルギーのある毎日を過ごしていただけたら嬉しいです。

今回のコレクションテーマである“SPACE SONIC”、そして宇宙や惑星についてのトークセッションもTHREE PODCASTで公開中。目からだけでなく、耳からもAUTUMN COLLECTIONをお楽しみください。 音声コンテンツ THREE PODCASTは、こちらから。

カラーミックスで自分自身を楽しむアイメイク

こんにちは、THREEでプロダクト開発を担当している吉岡です。

今回は長年メイクに携わってきた私から、「アイメイク」について、お話ししたいと思います。

そもそも私にとってメイクアップは、ポジティブになれたり、自信がもてたりと、自分にパワーを与えてくれるものだと考えています。その中でもアイメイクは、気持ちのスイッチをいれるためとても大切なもの。

そんな私は最近カラーマスカラにはまっており、その日のファッションや気分に合わせて色を変えて自分にあったメイクのバランスをみつけています。

これからの季節だと、カラーマスカラ×アイライナーのコンビネーションを楽しみたいと思っています。

発売したばかりの「メズモライジング パフォーマンスアイライナーペンシル」と「アートエクスプレッショニストマスカラ」を、同系色でまとめるのも上品さがありシックですが、今回はあえてボルドー×ブルーという感じでミックスすることで、目元に神秘的なニュアンスが加わります。

カラーミックスは使いこなせないかと心配になるかもしれませんが、今回のコレクションは、すっきりと柔らかな印象に見せてくれるスモーキーなカラーが特長なので組み合わせて使っていただくと、洗練されたエフォートレスな仕上がりになります。

皆様もぜひ、自分らしいアイメイクやカラーの組み合わせを見つけて、新しい気持ちでこの秋アイメイクを楽しんでみてください。

最後になりますが、THREEのアイテムでメイクを楽しんでいただくことで、使ってくださる皆様の毎日に少しでもパワーを届けられたらうれしいです。

ポジティブにケアする夏の肌

外に一歩踏み出すと、容赦ない日差しにしたたる汗、滲み出る皮脂に、今年もいよいよこのシーズンが到来したな、と思う方も多いのでは? さらに、マスクの蒸れによるメイク崩れが気になり、ウォータープルーフのアイテムや、パウダーの量が増え、例年以上に夏のお肌の環境は過酷に。

そんな状況下で頑張り続けるお肌を健やかにケアするために、今一度見直していただきたいのが「クレンジング」です。夏疲れも相まって、スペシャルケアは愚か、つい時短を意識してしまい勢いよく全顔を一気にメイクオフしていませんか? その日のお肌状態や、使用したメイクアイテムによってクレンジングアイテムを変えることで、摩擦によるたるみや黒ずみ、乾燥の防止などお肌への負担を軽減するだけでなく、実は、時短にも繋がるのです。

デリケートな目もと、口もとには、専用の「バランシング ポイントメイクアップ リムーバー R」をコットンにたっぷり浸しサッと一拭き。その後は、スペシャルケアがこれ1本で叶う、3種のクレンザー配合の「バランシング クレンジングオイルジェル」で、夏のディープな毛穴汚れを念入りに取り除き、お肌を土台から健やかな状態へと整えていきます。

THREEのアイテムをよく知る、セラピストや開発担当者もお気に入りアイテムとしてピックアップしたクレンジングアイテムで、肌だけでなく気分もリフレッシュし、ポジティブなパワーを秘めた夏を思いっきり謳歌しましょう。


PAST JOURNAL