Rainy Week…

雨と寒さが続く今週。地域ごとに緊急事態宣言が解除されることに変化を感じながらも、いまいち気分が晴れない毎日を過ごしています。実は気分だけでなく、からだもどんより。周期的な問題と、日々のストレッチのし過ぎで(おうち時間の功名のやりすぎバージョン?)、からだの重さと関節の違和感が半端ない状態で今日をなんとか乗り切りました。

むくみ、疲れ、だるさ、冷え、滞り…。いつもならこんなとき、THREEのフット&レッグオイルを使ったマッサージで癒されていたのですが。なんと…! その大切なオイルが、もうすぐ切れそうという事態…。あと数ミリで、我が家のボトルは空っぽになってしまいそうなのです。

近隣の首都圏店舗はまだ臨時休業中ですし、注文が殺到中(&配送遅延中)のオンラインショップで今、スタッフの自分が購入をするというのも気が引けて…。ここ1週間ほど、大事に使っていたフット&レッグオイルも、残りは瓶底から0.5センチ弱。本っ当に、ピンチです。こんなに好きなアイテムなら、なぜ予備を買っておかなかったのかと悔やまれます。

とりあえず今夜は、お風呂の湯船につかることでむくみやだるさを解消。本格的な梅雨が来る前に、また何も考えずに使いたいだけ、朝晩の脚にそれを塗り込める日がきますように…。

視界の変化

人に会えないあいだに、街に出られないあいだに、身近なものを眺める時間が一層長くなりました。自分のことしかり。家の中しかり。そして自然。日向の色、空気の質感、緑の濃さ、一日の終わりの影など。

みなさんは、何を眺める時間が増えましたか?

仲間のランチで知ったグッドニュース

気づけば5月も半ばになり、外出自粛生活にも慣れてきました。家にいることがまだ新鮮だった4月中は、人が変わったように料理をしはじめ、なんと毎朝パンやスコーンまで焼いていた私。(この機会にオーブンを買ったのです。)しかし張り切り過ぎたためか、ゴールデンウィークが明ける頃からは料理への熱も冷め、また元の自分に戻りつつある最近…。皆さんは近ごろ、どんな料理を食べていますか?

つい先ほど、THREE AOYAMAのrestaurant RK(お昼はREVIVE KITCHEN)のテイクアウトを利用したという仕事仲間が、料理の感想と写真を送って来てくれました。彼女が食べたのは、「筍と大葉のベジちらし寿司」。井口シェフ曰く「個人的に、結構自信のあるメニューです! お肉もお魚も使っていませんが、一つ一つの具のしっかりした味つけで満足してもらえるはず」とのこと。酢飯には赤酢を使い、コクを出しているそうです。(食べたい!)

フレンチ出身の井口シェフが、ちらし寿司やカレー、ハンバーグなど、普段とは全く違うジャンルのメニューで腕を振るうテイクアウトメニュー。今だけのお楽しみを、お近くの方はぜひお見逃しなく…! ちなみに今日のカレーの隠し味は「発酵トマトと茄子の皮」とのこと。やはり私の作る家庭料理とはちょっと世界が違います。

このジャーナルを書きながら、数分前に掛けた井口シェフへの電話で、なんとTHREE AOYAMAのREVIVE KITCHENが、明日からイートインで営業再開することを知りました! 11時のオープンから通し営業で、17:00ラストオーダー。メニューと座席数を絞っての営業ということです。SHOPとSPAは引き続きしばらく臨時休業ですが…。今を乗り切れば、きっともうすぐ皆さんに再会できると信じて、前向きに辛抱します。

PAST JOURNAL