渋谷で

気づけば、国内50店舗以上あるTHREEのカウンセリング店舗。その中で、歴代最大になるショップが、まもなくオープンします。
そのショップの名前は「VISIONARIUM THREE SHIBUYA」。
渋谷の新しいランドマークとして7月28日にオープンする「レイヤードミヤシタパーク」内にある、まるでテラスのように風通しが良く、解放感があり、そぞろ歩けるほど広い!そんなショップです。

先日の内覧会で、はじめて足を踏み入れたその空間には、心地の良い余裕・余白が漂っていて、久しぶりに会ったクリエイターたちとお喋りをしながら、思わず長居してしまいました。
ショップの中で私のお気に入りのスポットは、山手線の線路が見える窓からの眺め。電車の色、古いビル、日本語の看板…と、こんなに近代的なビルでありながらも、古き渋谷の趣、日本独自の情緒を、ノスタルジックに(そしてややケイオティックに)突き付けてくるのです。その風景の前にディスプレイされたHYKEやN.HOOLYWOODと作ったモダンなアパレルが、また映えます。

レイヤードミヤシタパークの建物自体も、私の記憶の中にある旧・宮下公園よりもうんと広く、存在感も中身もたっぷりな面白い施設でした。VISIONARIUM THREEだけでなく、他のお店にも魅力的なディスプレイが繰り広げられていて、これはお買い物がはかどってしまいそうだな…という印象。
本来であれば1か月以上前にオープン予定であったこちらの施設ですが、コロナの影響で開業が押し、満を持してのグランドオープン。
店頭に立つTHREEのクリエイターたちも、その他のテナントの方たちも、ポーカーフェイスでやわらかな笑顔を浮かべていましたが、その内心の「ついに来た!」という喜びと意気込みは、はかり知れません。

半分身内ごとではありですが、関係者の皆さまに祝福を込めて。そして、ウィルスにおびえずに過ごせる未来を祈って。
皆さま、VISIONARIUM THREE SHIBUYAに、ぜひご注目ください。

連休の癒しはバスルームに

今日から4連休、だけど特に予定はなし…という方も今年は多いはず。お天気もぱっとしない日が多そうですし、おうち時間の楽しみを見つけられるか否かが、連休の充実度のカギを握っていそうです。

おうち美容というほどのことではないのですが、個人的に最近心地よく感じているのが「セルフマッサージ付きシャンプータイム」。
蒸し暑さを抱えた夏の頭、悶々と考え事をしがちな頭の中身、やる気が出ずぼーっとした気分など、そのすべてをスッキリさせてくれるのは、しっとりモコモコな泡の質感と、懐深い自然の香りのおかげだと思います。
シャンプーは毎日のことでつい「流れ作業」になりがちですが、コリを感じるところや押して気持ちのいいところは、洗いながらマッサージしてみてください。このとき目を軽く瞑り、呼吸を深くしてみるとさらにグッド。おでこ周りの頭皮など、意外と凝っていますよ。

シャンプー後のコンディショナーも、THREEを使うとなかなかの癒しタイムにできます。というのもTHREEの場合、一般の製品と違い頭皮にまで使えるコンディショナーだからです。紫外線を浴びた頭皮や、考え事で硬くなってしまった頭のケアにもぴったりです。
コンディショナーを毛先まで丁寧になじませた後に、おでこの上から後頭部に向かって、ぐーっと手ぐしで押し流す瞬間、これが最高です。(これは普段の生活の中やっても気持ちいいです。)
さらに特筆すべきはその髪なじみ。軽く揉みこむだけで、いつのまにかクリーム状のコンディショナーが消えているほどです。あまりしっかり流さないことを推奨していることもあり、正直、流す必要がほとんどないくらいなのですが、一応、ささっと流してくださいね。

「おうち時間」を過ごしていても、家の中を模様替えしたり、少し凝った料理をしてみたりと、意外と疲れは溜まるもの。今夜は是非、丁寧なシャンコンタイムで癒されてください。

*こちらこちらの記事で、サロン直伝のシャンプーTIPSをご紹介しています。

THE WORDS

「ボディが健康じゃなきゃマインドも健康になれないもの。朝パッと起きるとまた違う1日になっていて、今日何が起こるかはわからないじゃない? それをどう考えるのかが幸せの鍵だと思うの。ダイアモンドも磨かないと光らないように、うまく自分とつきあうっていうマインドが何より大事」



「人は自分を磨く努力を怠れば怠るほど、ネガティブな自分になってしまうもの。だからどんなに小さなことでもいいから、自分に磨きをかけようと思う気持ちが大事なんです。それが仕事であったり、趣味であったり、スキンケアやメイクであったり、食事であったり、メディテーションであったり、自分にとっていいことはすべてが自分磨き」

「生きていれば誰でも自信をなくしてしまうときはあるのです。私もそうですが、人と関わっていると常にジャッジメントにさらされています。この人は仕事ができる人、できない人、優しい人、怖い人、いい人、そうじゃない人、など…。そんな周囲からのジャッジに一番効くクスリというのは、やはり自分の内面にある自信だと思うんです」

大切にしたい気持ち。 引用元は、こちらこちら

PAST JOURNAL