#190_鈴木 希さん(2)客室乗務員

2018.Jan.26
鈴木 希さん(2)

Today’s Makeup

Cosmic spring has come!

女性らしくも活発な表情にしてくれるピンクの唇と、陽の光を一層温かく反射するカッパーオレンジのまぶたで、表情に春を迎えて。真っ直ぐ描いた眉と、さりげなく引いたカーキのアイラインが、アクティブで勇敢な春を呼び覚まします。

Hint for the Expression

水面に反射する陽の光のように輝くアイグロスは、上まぶただけでなく下まぶたにもつけて、ニュアンスアップ。もともと大きな瞳をアイライナーやマスカラで強調するのではなく、みずみずしく透明感あふれるアイグロスで囲むことで、軽やかでありながら印象深い眼差しに。
ウイスパーグロスフォーアイのHow to動画はこちらから。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ リリカルリップブルーム 07 (SEVEN)
■ ウイスパーグロスフォーアイ 21 (HEXAGON SUN)
■ シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 09 (ARMY MOONWALK)
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 (DREAM VISION)
■ エピック ミニ ダッシュ 11 (STATE OF GRACE)

#189_鈴木 希さん(1)客室乗務員

2018.Jan.19
鈴木 希さん(1)

「カジュアルこそ、きちんと。」

鈴木 希

メイクをしている最中、しばらく軽く目をとじていた希さん。「実は、今朝のフライトでミャンマーから戻ってきたんです」と言うから、スタッフは驚き。疲れも溜まっていたはずなのに、終始にこやかに、慣れないという撮影に挑んでくれました。
プライベートでも旅行は大好き。今行きたいと場所を聞くと、「ケニアとタンザニア。野生動物を間近に見たいんです。ザック一つでニュージーランドの山々に入っていくのもいいですね」と、アクティブな回答が。今年はヨガに通う回数を増やして、体幹を鍛えるそうです。

Makeup for Her

ファッションやヘアスタイルとのバランスをとって、カジュアルになりすぎないシンプルなメイクを提案。なめらかな肌、上品な光、血色とリンクするポイントカラーで、明るく清潔感のある“きちんとした女性らしさ”を。

Her Favorites

旦那さんとお揃いの腕時計は、すべてが木製。お気に入りのピアスは、旅行中のお蕎麦屋さんの中で偶然出会ったもの。

Hint for the Expression

「リリカルリップブルーム」を使った“ローマット”な質感のリップは、鮮明な赤も表情とのなじみが抜群。赤リップへの挑戦に憧れている人は、ぜひこの質感からトライしてみて。塗ってから専用のフィルムもしくは薄いティッシュで軽く押さえると、より一層自分の唇となじみ、軽くティントした仕上がりに。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー 01 グロー
■ フローレスエシリアル フルイド ファンデーション 203
■ アイディメンショナルクアッドパレット 02 (CRAZY ABOUT HER)
■ ウイスパーグロスフォーアイ 19 (SOUL OASIS)
■ キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー 03(THIRD EYE)
■ エピック ミニ ダッシュ12 (LARK SONG)
■ リリカルリップブルーム 05 (VOICE ASCENDING)
■ ネイルポリッシュ 73 (ENTER SKY)【限定】

#188_友里さん(2)モデル

2018.Jan.12
友里さん(2)

Today’s Makeup

Be winged for a new day!

ふんわりやわらかい印象をまとったいつもの友里さんに、最新のS/Sコレクションを使って真新しい表情に出会っていただきました。グレイッシュなニュアンスをまとったハンサムなピンクが、目もと・口もとを凛々しくもセンシュアルに彩ります。「どんな自分にでも変身できる」という確信とともに、遠く高い場所まで飛び発って行けそうな黄昏時。冷たい空気が表情に引き締まった洗練を与えて。

Hint for the Expression

目もとの陰影、骨格の陰影、その両方を強調する役目を担うのは「アイディメンショナルクアッドパレット」。アイラインやマスカラを主張させない分、陰影で表情のメリハリをしっかりと印象付けて。チークも頬骨の下にやや縦長に入れて、シェーディングと血色を両立しています。口もとは、今年一番旬な質感“ローマット”な仕上がり。控えめなツヤとエフォートレスな透明感が、媚びない色気を醸し出します。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ リリカルリップブルーム 01 (MOVEMENT FEEL)
■ ウイスパーグロスフォーアイ 17 (WINGED SPIRAL)
■ エピック ミニ ダッシュ11 (STATE OF GRACE)
■ アイディメンショナルクアッドパレット 03 (IN HER SWEET WAY)
■ メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 06 (TY:THE ART OF NOISE)
■ シマリング グロー デュオ 01

#187_友里さん(1)モデル

2018.Jan.05
友里さん(1)

「飾らずに挑む、新しい1年」

友里

「THREE Loversに出ることが夢でした」と話してくださった友里さん。2018年は、ビジュアルに添える言葉まで自分で考えた作品づくりに取り組みたいと、優しさたっぷりの素顔で抱負を語ってくれました。
THREEのこの春のコレクションタイトルにもなっている“Ascendance”という単語には「上昇」という意味があります。一人ひとりの夢をのせたパワーが、空高く昇っていく様子を思い描いて。今年もTHREEと一緒に、自分らしい美しさを開花させていきましょう。

Makeup for Her

新しい1年に立ち向かう静かな昂揚感を、自然な血色とローズピンクのリップで表現。ナチュラルな全体像がぼやけないように、「コントラスト デュオ」を使用したシェーディングで、表情の立体感をしっかりと出しています。

Her Nails

心の内側で燃える強い意志を映したように、ディープに指先を彩るバーニングルビー。

Hint for the Expression

透明感のある表情を引き締めるのは、輪郭のシェーディングと、頬骨に沿ってシャープに入れたチーク。繊細なパールがやわらかな光をほのかに発する「コントラスト デュオ」のシェーディング&ハイライトは、ふわっと軽やかな肌の表情づくりに最適です。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ アンジェリックコンプレクションプライマー 03 (YELLOW ROSE)
■ フローレスエシリアル フルイド ファンデーション 203
■ コントラスト デュオ 01
■ ウイスパーグロスフォーアイ 20 (START TO RISE)
■ エピック ミニ ダッシュ12 (LARK SONG)
■ リリカルリップブルーム 03 (ENERGY POINT)
■ ネイルポリッシュ 74 (BRIGHTEST STAR)【限定】

THREE LOVERS ARCHIVE

2018
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2017
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2016
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2015
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2014
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
^ back
^ hide
Latest Topics
#051_3 〈MOVIE解説〉朝も昼も夜も。ルースパウダーでキープする余裕のある肌。

Features

#051_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.