今月発売したばかりの新チーク「ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ」。THREE TREE JOURNALでは、全3回にわたって、その新アイテムにフィーチャーした3つのインタビューをお届けします。

本日は、「レイヤードを楽しむチーク」をテーマに、商品開発を担当した吉岡へのインタビューとともに、新チークの魅力をご紹介します。

この新チークもラインナップされている春のメイクアップコレクションのテーマは、“I TALK TO THE WIND”。

このコレクションは風からインスピレーションを受けていることから、軽やかに、しなやかに、透き通るような、風にのるような、そんなイメージワードをもとに商品開発に向き合ったそう。

「開発をする中で、クリームタイプはどのようなものが軽やかに感じるのか? しなやかさを感じるパウダーとは? ということを発想する中で、昨年発売しあっと言う間にブランドを代表する大人気アイテムとなった“アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー”に配合されている、しなやかに肌と一体化するバウンシングパウダーを上手に活かしてみようという閃きがありました。

結果、沢山の試行錯誤をする中で、クリームとパウダーの軽やかでもありながら、しなやかさもある絶妙な質感を実現できました。単体で頬にのせても、2つの質感を掛け合わせたときのお互いの相乗効果も。レイヤードまで楽しめるチークができました。

そして、質感もさることながら、カラーも大きな魅力の1つ。1色1色を丁寧にどんなトーンの肌でも綺麗に見えるようにつくっています。その上で、2つをあわせたからこそできるカラーというのも大事に作っているので、是非、色のレイヤードを楽しんでもらいたいです! 」

2つ異なる質感を重ねるからこそできる、リアルな血色感。そして、2つの色を重ねるからこそ生まれる、肌に溶け込むようなカラー。

質感とカラーを、春に吹く軽やかでしなやかな風のように自由にレイヤードし、新しい自分らしさをお楽しみください。

2022 SPRING MAKEUP COLLECTION