こんにちは、スキンケアスペシャリストの 豊嶋 です。

日中の暑さに夏の名残を感じ、夕暮れの早さに秋を感じる近頃。

過ごしやすい日も多くなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

「〇〇の秋」と沢山のことが表現されるように、色々なことにチャレンジしたり、始めてみたりするのにちょうど良い気候ですが、つい頑張りすぎてしまったり、思っている以上に疲れてしまったりしていませんか?

強烈な暑さや、紫外線に耐え抜いた夏の終わりの心・からだ・肌は、私達が思っている以上に疲れていたり、ダメージを抱えていたりします。まずは、ダメージを取り去り、リセットすることが大切です。

この時季のケアのポイントは2つ…

1つ目は「丁寧な洗浄」です。

鎧のように守ってくれた夏の終わりのお肌表面を、丁寧な洗浄で汚れを落とし、その後のスキンケアの浸透も意識して、秋から冬に向けたお肌に衣替えしましょう。労いと、これからもよろしくね、という気持ちをこめて、優しく手をあてておこなうと、気持ちまで浄化されていきます。

そして2つ目は「休養」です。

疲れた状態でも無理はできますが、頑張りが不本意な結果にならないよう、休養をとりましょう。何も考えない時間をつくったり、焦らず信号をひとつ待ったりすることも小さな休養ですので、できることから少しずつ始めてみてください。

また、「入浴」は効率良く心身の疲れをときほぐし、上手に眠りにつく手助けもしてくれますので、質の良い睡眠=最大の休養と思い、是非、今晩は湯船に浸かってゆっくり目を閉じてみてください。

休むことは進むこと…

明日への1歩をしなやかな自分で踏み出すために、秋は無理せず休養と丁寧な洗浄でリセットを心がけましょう。

豊嶋 亜実〈日本橋三越本店 / スキンケアスペシャリスト〉

INSTAGRAM:@three_toshima

スキンケアスペシャリストを目指したきっかけ

私自身THREEのアイテムをきっかけに、自分の心や身体と向き合い整えていくことで、肌荒れも落ち着き、人にも優しくなれたように思います。肌環境は、生活のリズムや自分自身と向き合う時間など、スキンケアだけでない、ホリスティックなアプローチも大切なんだと自己体験を通し気づき、このことをしっかりと皆さまに伝えていきたいと思ったのが、スペシャリストを目指したきっかけです。THREEとの出会いが“気づき”のきっかけになるよう、スペシャリストとしてお力になれればと思っています。