自分らしいメイクってむずかしい?

慣れ親しんだマットグレーのパレットを開くと、目に入ってくるのはコンパクトに収まる、磨かれた鏡。この小さな鏡を真剣すぎる眼差しで見つめ、たった1本のラインが上手に描けた時に、さっきまでの自分がふと変化し、別の自分が現れる。きっと誰もがそんな経験をしたことがあるでしょう。メイクアップの時間は、なりたい自分を頭の中に描き、好きな自分を探し、その自分に近づけていく、新しい自分と出会う作業なのだと思うのです。しばし、メイクに集中する静かな時間が流れ、いつの間にか自分の顔をもっと好きになり始めている。胸の奥から弾んだ気持ちが溢れてくる。

以前、インタビューで、Global Creative DirectorのRIE OMOTOはこう語っていました。「今年のトレンドや、自分に本当に似合うメイクアップがわからない時でも、迷った時はTHREEを選べば大丈夫! と女性たちに伝えてもらえたら嬉しいです」と。顔は一人ひとり違うのですから、決してお手本通りにはいかないものだと思いますが、THREEを使うだけで、エフォートレスで、肩の力を抜いたメイクになり、いつの時代も半歩先からリードできる存在でありたい、と私たちは思っています。

周りからどう見られるかではなく、何が自分に心地よいのかを、自分なりのペースと方法で見つけていけばいい。いつの間にか、小さな自信が生まれ、いまの自分が好きです、と嬉しそうに語ることができる笑顔を、THREEはいつも応援しています。