年末から年始まで、何かと慌ただしく過ごした時間が過ぎ去り、皆さんも少しずつ日常のリズムを取り戻している頃でしょうか。

この長いリモート期間を経て、少しずつ自分のリズムを作る習慣ができてきた方もいるでしょう。また、皆さんの中には、満たされることが苦手な方もいらっしゃるのではないのでしょうか。あちらこちらに、やることが溢れているだけでなく、自分の感覚に耳を澄まし、自分を満たしてあげることをつい後回しにしてしまいがち。けれど、これだけ急速にリモートでの生活へと変化した2020年から、私たちは自分が「心地よい」と感じる時間や空間を作ること、を練習し始めたのかな? と思うのです。心からほっとできる時間を作るために、照明の色を変えてみたり、自然光が入るカーテンを新調したり、毎日一輪の花を欠かさずに生けることや、お気に入りのコーヒーやマグカップでお茶の時間を過ごすことも、小さな心地よさに繋がるかもしれません。「声の波動」に癒されることもあります。安心できる友人とのお喋り、うんうんと話を聞いてもらう心地良さ。または今こそ、自宅や出先、どんな場所でも「自分に向き合う」ことができる「セルフケア・リトリート」が必要かもしれません。

自分にとっての心地良さを探求していくことは、旅に出た時に好きな場所や店を探し歩く感覚に似ています。毎日の小さな旅。自分の感覚にピンとくるものを見過ごさずに大事にしていきたいですね。