酷暑のお盆、いかがお過ごしですか? 今年の夏は海開きをしない海水浴場も多く、仕方がないとはいえ残念ですよね。
そこで、海の代わりに…とは流石に言いにくいのですが、バスソルトを使った入浴はいかがでしょうか? 夏場は汗をかくのが嫌で湯船に入らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ぬるめのお湯は心身をリラックスさせてくれるので、ともすると気持ちが塞ぎがちな今年の夏には、特におすすめです。

私の場合、長かった今年の梅雨の間に手足を冷やしてしまい、いまだ熱いのか冷たいのかよくわからないからだのまま日々を過ごしているのですが、そんなからだをニュートラルに戻すには、入浴がとてもいいなと感じています。
ぬるめのお湯につかるだけでも気持ちいいですが、せっかくの入浴時間をボディケアタイムとして活用しないのはもったいないので、入浴剤は欠かせません。

THREEの入浴剤と言えば、「フルボディトリートメント&バスソルト」。ボディスクラブとしても使える、美容効果の高い入浴剤です。洗い場でからだをスクラブしてから、そのまま流さずお風呂へちゃぽんと入ってもいいし、私の場合は湯船の中で腕やデコルテをスクラブしながら、そのまま成分をお湯の中に溶かしています。
このスクラブの塩は、紀州南高梅の梅干しをつくるときに副産物としてできる「梅塩」。梅の養分を吸った「梅塩」の細かい粒子が毛穴の汚れをかきだしてくれ、その後すかさずに「ユズ種子油」と「ホホバ種子油」がうるおいを与えるので、お風呂上りの肌はつるつる、しっとり、ほのかにいい香り。

現在3種類が発売されていすが、「ベルガモット」は、心身ともにゆっくり落ち着きたいときに。「グレープフルーツ」は、やる気が欲しいときや、すっきりしたいときに。「レモン」は運動の後やからだのコリが気になるときに、それぞれおすすめです。もちろんお好みや直感で選んでも。
海に入れない夏、THREEのバスソルトが、少しでも皆さんの気分転換に役立ちますように。