重い肌を脱ぐように全身をスクラブ。
それからぬるめのお湯につかって、できれば瞑想。難しければ好きな読書。
お風呂上りは脚を中心にマッサージしてから、前屈で脚裏をぎゅっと伸ばして。
少しほてった体に、よく冷えたスイカでカリウム補給。
照明を少し落として、耳心地のいい音楽を流しながら大の字で寝転べば、きっとご機嫌なからだに戻っているはず。

じめじめ、むしむし、こんな季節こそ、自分を気持ちよくできる方法のストックを引っ張り出すとき。いつかの夏に特集した、「夏のお風呂の入り方」の記事を読み返して、私も梅雨の夜時間を充実させたいと思います。