マスクメイク、楽しんでいますか? 今日はアーティストおすすめの「下まぶたメイク」をご紹介します。
普段、下まぶたにはアイシャドウもつけない、アイラインも引かない、という方も少なくないと思いますが、私は下まぶたメイクが大好きです。というのも、私は奥二重で小さな目の持ち主なのですが、下まぶたメイクをすると目まわりがぱっと華やかになるし、場合によっては上まぶたに塗るよりメイクの色が見えやすいからです。

そして今回アーティストが教えてくれたのが、目の下に「ハイライト効果」のあるアイラインを入れるというテクニック。曰く、
「マスクをつけると目から下が平面の一色になってしまうので、下まぶたに1本のボーダーラインを入れることで、表情に立体感が出るんです」
とのこと。
「ボーダーラインと言っても、色はハイライト系もしくは薄いウォームカラーでOK。色の濃さではなく、光がラインを描いてくれますから。ブラウンやブラックで囲み目をするのとは違う、エフォートレスな目力も叶いますよ」

それでは早速、下まぶたにおすすめのアイテムをご紹介しますね。(写真左まわりに)

1、 みんな大好き「シマリング グロー デュオ 01」
2色の内、どちらを使ってもOKですが、個人的には向かって左のウォームカラーを目じり側~黒目の下に、向かって右のハイライトカラーを目頭側にと、2色使いするのが好きです。

2、 夏限定の美人カラー「アルカミストツイストフォーアイ X04」
しかもこちら、マスクから熱気が漏れても安心なウォータープルーフ処方。肌なじみのよさと、少しクールなニュアンスを両立している、とても心惹かれるお色味です。

3、 少し前にSNSでも話題再燃、「メズモライジング パフォーマンスアイライナーペンシル 04」
ごめんなさい、現在欠品中の店舗が多数なようです。05番や11番のウォームカラーもおすすめですので、ぜひ。キラキラのラインを描いた後は、ペンシルのお尻についているブラシで軽くぼかしてください。

4、 最後に、クマ・くすみを隠すためのマストアイテム「アドバンスド スムージング コンシーラー OR」
オレンジ色でくすみを飛ばして、マスクをしていても健康的な印象に。先日のインスタライブでも玉木アーティストが使用しました。(玉木アーティストの大フェイバリットアイテムです。)

マスクをしていると表情の血色感が覆われてしまうし、どうしたって健康的には見せにくいのが現実。だからこそ「光」や「血色」をプラスしてくれるアイテムと、くすみを飛ばしてくれるコンシーラーを相棒に、今年ならではのサマーフェイスを見つけていきましょう!