6月6日は梅の日です。写真は、去年の8月に和歌山の産地に行った時のもの。原料でお世話になっている老舗の梅農家さんで、天日干しの作業をお手伝いさせていただいたときに撮りました。

梅干しを作るとき、塩漬けにされた梅から「梅酢」と呼ばれる水分がたっぷり摂れます。この梅酢は、梅エキスとミネラルがたっぷりな成分であるにも関わらず、かつては何にも利用されず、廃棄されていたそうです。しかも、そのまま流して処分しまうと環境に「塩害」が出るため、お金を払って産業廃棄物として扱われていた時代も。貴重な成分であるにも関わらず、とてももったいないことですよね。
THREEでは、この梅酢を「梅水」と「梅塩」に分けて、THREEのボディケアアイテム(ACシリーズ)バスソルトにも使用させてもらっています。

梅農家では、梅干しは「母なる木(梅)」と、「母なる水(海)」から生まれるんですよ、と教わりました。自然の恵み、そして日本の原料を大切にしたいという思いがTHREEと原料をつないで、ユニークな商品が生まれています。