紫色の週末

紫陽花の季節ですね。道を歩いていると、小さな花、大きな花、咲きかけの花、満開の花、枯れかけの花と、色に限らず個性さまざまな紫陽花に出会いますが、その時になぜかひと際心惹かれる花に出会うと、少しドキッとしてから、1秒でも長く眺めていたい気持ちで歩を緩めてしまいます。一瞬の、私と紫陽花だけの時間。そこになら、雨があるのもまた良しです。

雨の季節は家の中にいても、湿気が少し苦痛です。最近ぐっすり眠れない日が2~3日続き、もしや原因は湿気かもと思い当たりました。海が近く、夏場は特に湿気に悩まされる地域に住んでいるからです。そこでクローゼットの奥から除湿器を引き出して稼動させてみたところ、少しは快適に眠れるようになりました。作動音が結構大きいという新たな悩みはあるのですが。暮らしにはいろいろな工夫が必要ですね。

皆さんの中にも、梅雨の湿気や雨の低気圧で不調を感じている方も少なくないではないでしょうか? 原因や解決法は、自分が気づかないところにあったりもするので、もし機会があればぜひTHREEのカウンターのクリエイターにも相談してみてくださいね。

一方で、この度の大雨による被害に遭われた皆様と関係者の皆様へ、心からお見舞いを申し上げます。安心してお過ごしになれる日々が戻ることを、心よりお祈りいたします。

玉木が語ります。

こんにちは、THREE メイクアップアーティストの玉木です。梅雨真っただ中のだれがちな最近ですが、私の中で気分が上がった出来事の一つが、上半期ベストコスメの受賞でした。特に、リキッドアイライナーの「1位」完全制覇*!これは本当に嬉しかったです。

電車の中や街中の人を眺めていて、最近はリキッドアイラインを引いている人が少ないなぁと感じていました。主流は、アイラインをぼかしたり、隠しラインとして使ったりというメイクなのかな、と。でもだからこそ、たまにリキッドアイラインを際立たせている方のメイクに出会うと、その眼差しがとても魅力的に思えます。そしてつい、見とれてしまうのです。潔いメイクの輝きとでも言いましょうか…。

そんな中での「インディストラクティブルアイライナー」の1位受賞。VOCEさんと美的さんからは「05番」を、MAQUIAさんからは「08番」を、数あるアイライナーの中から1位に選んでいただきました。この2つ、似て非なる絶妙なお色味なので、私なりにその特徴を解説してみたいと思います。

まず、「05 RAW AND WILD」。ブリックルージュのこちらは、女性らしさや色気、しなやかな強さを感じらせる色。深みがあるので、細く引いてもニュアンスが引き立ちます。スウィートなアイメイクが好きな方の「引き締め色」にもおすすめです。細く引くとエレガントに、太く引くとセンシュアルに。目じりだけに引いて、その中間を楽しんでも。

そして、05よりも少しカジュアルで柔らかい印象の「08 WILD BEAUTY」。軽やかさの中に、少しクールなニュアンスが潜んでいる色味がTHREEらしいなぁと思うのです。オレンジみをわずかに感じるブラウンベリーで、細く引くと目もとが明るく、元気な印象に。目じりに太く入れると、かわいらしい印象になるのではないでしょうか。肌色と相性が良く透明感のある色なので、夏にも使いやすかと! シアーなアイシャドウにベストマッチです。

…と、長々とつい語ってしまいましたが、ベストコスメ受賞のニュースをきっかけに、リキッドアイラインメイクに興味を持ってくださる方が増えたらとても嬉しいです。お店でもタッチアップサービスが徐々に再開しておりますので(店舗にお問い合わせください)、ご来店の際にはぜひご相談くださいませ。リキッドアイラインメイクのことを考えていたら、私もお客様にメイクがしたくてムズムズしてきました…!


*2020年上半期ベストコスメにて、「VOCE」「美的」「MAQUIA」のアイライナー部門にて1位受賞。詳しくは<こちら>から。その他、「&ROSY」「InRed」「GLOW」「美ST」「oggi」「SPUR」でも各賞受賞いたしました。

Yoggy Dog

雨の日曜日は、家でヨガでもしましょうか。実際のところは雨の日に限らず、最近はおうちヨガを習慣にしている人も多いのでは?

THREEのワークショップやイベント、社内研修などでは、しばしばヨガを行っているのですが、実はTHREEのコンセプトも、ヨガの思想にリンクする部分が(かなり)あるのです。
THREEというブランド名には「相反する2つの価値を足して、新しい第3の価値をつくる。1+1=THREE」という意味が込められていますが、ヨガでもたびたび「陰と陽」という相反する存在?イメージ?を意識しますよね。

世界は、陰と陽からできている…。
外に出られないときでも、心の世界は開放して。

PAST JOURNAL