“SGD”を語る

SGDとは、「シマリング グロー デュオ」の略称。お客様には知られていないTHREEのスタッフ用語ですが、私たちはこの用語を仕事の中でも、普段の会話の中でも、とてもよく使います。なぜならこのアイテムが大好きだから!
2009年のブランド誕生とともに登場したSGDは、今やTHREEのオーセンティック。気づけばTHREEのベースメイクを代表するロング&ベストセラーに成長していました。

ディレクターのRIE OMOTOは、SGDが生まれたきっかけをこのように語っています。

「昔、パリで駆け出しのアーティストとしてコレクションバックステージに入っていたとき、ステージに出る直前のモデルの頬をギュッとつねっていたんです。血色って一人一人違うものだから、つねって赤くするのがやっぱり一番リアルで(笑)。つねられることによって、すごくフレッシュでヘルシーになった表情を見て、血色を作るのって一つのメイクなんだな、と発見しました。
そしてもう一つ、美しい表情に欠かせないのが、肌に反射する光。私はよく『綺麗になりたいなら光と友達になろう』と言うのですが、そのためには光をキャッチするものを肌に忍ばせないといけないんです。日常生活では、常に誰かが自分にライトを当ててくれているわけではないですから(笑)。
そんな体験や気付きから、当時はまだ世の中になかった、“リアルな血色とツヤを生み出すアイテム”を作りたいと思うようになりました」(RIE OMOTO)

そして、発売から11年。今なおベストセラーである理由をこのように分析。

「シマリング グロー デュオが年々愛されていく理由は、これが“本物のベーシック”と言えるアイテムだからではないでしょうか。仕上がりは目に見えないベールのようになる存在ですが、だからこそ本物のクオリティでないといけないアイテムなんです。自然な光の存在感、誰にでもマッチする血色カラー、テクスチャーの伸び方、なじみ方…と、開発ラボ泣かせのこだわりで、完成するまでに100回以上はトライアル&エラーをしました。“本物のベーシック”を作りたいという想いを形にした、私たち自身にとっても特別なアイテムです」(RIE OMOTO)

最後に、私の同僚が語った名言を。「SGDをつけると、斜め45度を向いた自分の顔が好きになる。もはや使うのが当たり前すぎて、どうして使っているのか説明できないけど…(笑)」
いつからか私たちのベーシックになっていたSGD。10月に登場する限定SGD+リップのパレットも、ぜひお楽しみに!

気楽にやりましょう。

THREEでは秋のベースメイクプロモーションがはじまりました。今回のキャッチコピーは「ベースメイクではじまる、心地のよい秋。」
新型ウィルスの影響による不安やストレスがまだある中で、自分の肌を通じて日々の中に心地よさを感じられる、そんなベースメイクを提案したいなと思いました。

「心地よいってどんな状態だろうね?」とアーティストやチームのメンバーと話し合った結果、今回は「自然体でいる時の状態のことじゃない?」という結論に。難しいことを考えずに仕上げられて、一日中気持ちのよいまま過ごせる、そんなベースメイクをTHREEなら提案できるよね、ということで、3本のHow to動画も作りました。

特別なテクニックを紹介しているわけではないのですが、ここが大切と個人的に思うのは、ファンデーションを伸ばすときの「指の使い方」です。
どの動画でもファンデーションを指の付け根から指先まで伸ばして、「広い面」で肌になじませていることにご注目を。この大きくてなめらかな手の動かし方は、乳液のなじませ方に似ているかもしれません。
アーティスト曰く、「ワークショップなどで皆さんがメイクしている様子を見ていると、プライマーは手の力を抜いて自然に塗ることができても、ファンデーションの番になると急に手が緊張しはじめる方が多くいます。綺麗に塗らなきゃ、カバーしたい、という気持ちがそうさせるのかもしれないのですが、THREEのファンデーションはスキンケアの延長という考え方で作っているので、もっと気楽に考えて大丈夫。あまり頑張ってしまうと、逆に無駄な動きが多くなってしまって、つけすぎたり、こすったりしてしまいがち。ファンデーションを気持ちよくつけることは、仕上がりの美しさにもつながりますよ」とのこと。

アーティストは「なんなら、鏡も見ないで塗るくらいリラックスした気持ちで!」と言っていましたが、それはさすがに無理! でも、至近距離で鏡を睨みながらメイクするよりは、少し離れて全体感を見ながらメイクをする方が、いいのかもしれませんね。
やはり何事においても、リラックスすることは大事。ポイントメイクだって綺麗に仕上げたい!と気合を入れれば入れるほど、なぜか思ったのとちがう顔になってしまうこと、ありますものね…。

この秋は肩の力を抜いて、ベースメイクも気楽に行きましょう。

心の目で見る

「THREEのカラーメイクの原点は、『情景』と『心情』。それらが色と質感にトレースされることで一色の中に、目に見えない季節の流れや、空気、温度、心模様まで、まるで一本の映画のような世界観が詰まっているのです。」
そう語ったのは、THREEの初代商品開発担当。

さらに、その色を自分がどう見つめるかによって、色の中の物語は無限に広がります。同じ色の中にも、ある時はしんと冷えた美しさを感じたり、ある時は寒さの中に灯るかすかな温もりを感じたり…。
心の目で対象を見るとき、人は自分の心と対話をしているのかもしれません。

先日、ベートーベンの交響曲「田園」の解説の中にこんな言葉を見つけました。「ベートーベンが描こうとしたのは、田園の風景そのものではなく、そこに広がっていた彼のイメージである」

心の目で見る。誰も見たことのない景色に、人はいつでも自由に出会える。ネイルを塗りながらそんなことを考えていました。

PAST JOURNAL