「ギャラリーは開いています。」

小林七生「隠された知恵」2020

本日は、 「SEE & BEHAVE」の連載でお馴染みの菊竹寛さんからいただいた、THREE TREE JOURNALの読者の皆様への素敵な“暑中見舞い”のメッセージです。

* * *

コロナウィルスの影響もあって、移動やそれにともなう時間の感覚が大きく変わったように感じる今日この頃。このTHREE TREE JOURNALで「SEE & BEHAVE」を連載していた“あの頃”に懐かしさすら感じてしまいます。東京で、ニューヨークで、ロンドンで、そのときどき、その場所だからこそ見ることのできたものの影響を受けながら、アートについて考え、紹介していました。
移動が制限される今、新たなルールに体が慣れきったわけは当然なく、”あの頃“の感覚もしっかり残っている状態。ちょっとした分裂状態を自分のなかに抱えているわけですが、どちらか一方を捨て去るでもなく、両方の感覚を持ちながら今を生きることが大事なのではないかと思ったりするこの頃です。過去を今の記憶で塗り替えてしまうのではなく、過去を過去のままで保ちつつ、今に生かすこと。


この春の4月と5月の2ヶ月間はギャラリーも展覧会を開催せず休業していました。4月に個展開催を予定していた画家・小左誠一郎さん(「SEE & BEHAVE」でもその作品を取り上げたことがあります)は、展覧会が公開できないことを前提にしながらも、展示スペースに作品を設置しました。そして、6月に公開できるまでの2ヶ月の間も作品の制作を続け、新作をいくつも追加して展覧会を開催するにいたりました。いわく、「だれかに見てもらうことができなくても作品がどこかで存在していることが大事だし、制作は何が起きても続けています。」

そして、現在個展を開催中のアーティストの小林七生さんは、「いずれにせよ展覧会の準備があったので、この半年間はほとんど誰にも会わず制作をつづけていた」といいます。小林さんは縫うという行為そのものとそれを支える時間を大切にしているアーティストです。膨大な数のビーズを縫い合わせ続け、作品としての姿を浮かび上がらせていく。日々の同じような行為の連続から自身にとっても掛け替えの無いものを立ち上げていくこと―それは、どこかに存在するかもしれない何か崇高なものに捧げられる、祈りにも似た行為と言えそうです。


優れた芸術作品は長〜い時間の流れのなかで揺れ続けています。作って発表してみんなにイイネと言われたらハイ終わり、ということはなく、過去の作品がきっと作った本人も嫌になるのではないかというくらい何度も見返されながら、評価も変わります。そして、そうすることで、アーティスト本人はもちろん、それを鑑賞する人にも様々な影響を与えてくれるのです。

今、コロナウィルスのためこれまでの常識が様々な部分で覆されそうになっています。見えないものに(例えばコロナウィルスに)見えるもの(人間が作り上げてきた世界)が脅かされる日々、存在するものと存在しないもの、現実と非現実…。色々なことが曖昧になりつつ、新たな価値を模索していくことが求められる今日この頃、作品を眺めていると、そのような曖昧な境界線上を生きているものがここにもあるな〜と思わず深く感じ入ってしまうのです。


さて、冒頭の節を繰り返してみます。

どちらか一方を捨て去るでもなく、両方の感覚を持ちながら今を生きること。過去を今の記憶で塗り替えてしまうのではなく、過去を過去のままで保ちつつ、今に生かすこと。
まるで大切な初恋の記憶のように…というと、色々なことを端折っている感が否めなくもないですが、きっとそういうことなのかもしれません。私自身、ハタチの頃に好きだった作品が今も好きです。なぜあのとき好きだったのだろうと振り返りつつ、今との間にあるものを考えてみると、「過去はいつも新しく」(「SEE & BEHAVE」でも取り上げた写真家・森山大道さんの言葉です)なり、未来を力強く照らし出してくれるようです。みなさんはいかがでしょうか?

ギャラリーも店舗である以上、世相次第という側面もありますが、できる限り気楽に開けておきたいと思います。お近くにお越しの際は作品を見にお立ち寄りください。

Yutaka Kikutake Gallery 菊竹 寛

オイルで裏ワザ

前々回の投稿で、「セルフマッサージ付きシャンプータイム」について書いたところ、知人友人から「私も試してみた」と早速反響がありました。なかなか開けない梅雨、しかも気軽に出掛けられない状況とあり、モヤモヤした心とからだは癒しと爽快感を求めているのでしょうね。

その時の投稿で、THREEのコンディショナーのあまりに良い「髪なじみ」をお伝えしたのですが、今日はその効果をさらにアップさせる裏ワザをご紹介したいと思います。
この裏ワザがなくても十分しっとりまとまる髪になるのですが、ロングヘアの方や、ブリーチやパーマを繰り返している方で、毛先がかなり傷んでいる方にはぜひお試しいただきたい方法です。

シャンプーが済んだら、タオルで髪の水分を軽く拭き取ります。このあとコンディショナーをなじませる前に、こちらのヘアオイルを数滴、毛先になじませます!
それからコンディショナーを髪になじませると、オイルが導入液のような役割を果たし、傷んだ毛先までトゥルンとしなやかな1本1本に。
コンディショナーを数分なじませたら、洗い流しは今回も「かる~く」です。おそらくコンディショナーの姿が「消えた」並みに髪になじんでいると思うので、本当にさっと流すだけで大丈夫です。

通常はアウトバスで使うこのオイルの裏ワザ的な使い方は、RHYTHM SPAのセラピストに教えてもらいました。現在は、臨時休業中のRHYTHM SPA。またその扉が開く日まで、今は「距離」と「マナー」と「清潔」を保った行動で、慎重に過ごす中でも楽しみを見つけながら、この夏を乗り切っていきたいですね。

渋谷で

気づけば、国内50店舗以上あるTHREEのカウンセリング店舗。その中で、歴代最大になるショップが、まもなくオープンします。
そのショップの名前は「VISIONARIUM THREE SHIBUYA」。
渋谷の新しいランドマークとして7月28日にオープンする「レイヤードミヤシタパーク」内にある、まるでテラスのように風通しが良く、解放感があり、そぞろ歩けるほど広い!そんなショップです。

先日の内覧会で、はじめて足を踏み入れたその空間には、心地の良い余裕・余白が漂っていて、久しぶりに会ったクリエイターたちとお喋りをしながら、思わず長居してしまいました。
ショップの中で私のお気に入りのスポットは、山手線の線路が見える窓からの眺め。電車の色、古いビル、日本語の看板…と、こんなに近代的なビルでありながらも、古き渋谷の趣、日本独自の情緒を、ノスタルジックに(そしてややケイオティックに)突き付けてくるのです。その風景の前にディスプレイされたHYKEやN.HOOLYWOODと作ったモダンなアパレルが、また映えます。

レイヤードミヤシタパークの建物自体も、私の記憶の中にある旧・宮下公園よりもうんと広く、存在感も中身もたっぷりな面白い施設でした。VISIONARIUM THREEだけでなく、他のお店にも魅力的なディスプレイが繰り広げられていて、これはお買い物がはかどってしまいそうだな…という印象。
本来であれば1か月以上前にオープン予定であったこちらの施設ですが、コロナの影響で開業が押し、満を持してのグランドオープン。
店頭に立つTHREEのクリエイターたちも、その他のテナントの方たちも、ポーカーフェイスでやわらかな笑顔を浮かべていましたが、その内心の「ついに来た!」という喜びと意気込みは、はかり知れません。

半分身内ごとではありですが、関係者の皆さまに祝福を込めて。そして、ウィルスにおびえずに過ごせる未来を祈って。
皆さま、VISIONARIUM THREE SHIBUYAに、ぜひご注目ください。

PAST JOURNAL