11月13日発売のコレクションは、見ているだけでわくわく、そして胸の奥が少しツンとします。それには大きな理由が2つ。

1つは、モデルのErikaの衣装に秘められたエピソード。今回Erikaのお顔が、ベールのようなネットのような、白くてふわっとしたファブリックで包まれている意図をRIE OMOTOに尋ねたところ、 「これはね、10周年のプレゼントという意味なの」というアンサーが。それを聞いたとき、THREEの10年という、まだ長くはないけれど、私たちにとってはとても貴重で愛しい年月の感慨がどっと胸に押し寄せてきて…。撮影を終えた後のErikaとRIEも、感動で少し泣いているように見えました。

2つ目の理由は、2種のメイクパレット、2色のリップアミ、7色のネイルが、「これまでのTHREEのベストカラーに、今のエッセンスを足したもの」だから。少し懐かしくて、それでもやっぱり新しい。ブランド創設の時からTHREEで働いているクリエイターたちも、きっと同じ思いで愛しい色を毎日眺めているはず。どの色がどのように生まれ変わったのか? ぜひお店まで見に来てくださいね!