新しいタイトルとの出会いに劣らず、かつて愛した本との再会もまた、心ときめくもの。秋の夜長の気持ちにぴったりな一冊は、自分の家の本棚に眠っているかもしれません。
思い出したかった記憶。今の自分にこそ響く一節。
蔵書数があまりなくても、セレクションに偏りはあっても。世界で一番大好きなライブラリー、それはきっと自宅の本棚なのではないでしょうか。