お腹が空いてくる夕方の時間帯に見つけてしまったこの写真は、THREE AOYAMA 新REVIVE KITCHENの試食会のときのスウィーツ。優しく濃厚なガナッシュ。ザクザクのクランブルから香る強いスパイス。香ばしいイチヂクと複雑な酸味のバルサミコ。最後には、クールでエレガントなミルクジェラートを添えて…。甘くて、華やかで、個性的で。優しくて、膨らみがあって。それはそれは夢のような食べ物だったなぁと、美味しい記憶が蘇ります。

11月1日にリニューアルするREVIVE KITCHENのメニューを監修している森枝幹さんは、クリエイティブな食を作る方なだけあって、お話も面白い方。「美味しいものが美味しいのは当たり前で、そのままでいいなら良い素材を買えばいいだけのこと。僕がやりたいのは、全然違う素材同士を足して、不思議だけどすごくいい味がするよね、ということ。その考え方ってTHREEと少し似ていますよね」

たとえば、酸っぱすぎて食べにくい食材であっても、その酸味を薄めるのではなく、むしろ酸味が生きる食材と組み合わせて面白い味を創り出したい、という森枝さん。「普通に美味しいというところで止めないで、もっと個性を出したい」という思いの先にあるのは、計り知れない美味しさ。新REVIVE KITCHENのオープンまであと3週間と少しです。