#060_2〈MOVIE解説〉ネイルアートはエフォートレスに。

楽しい旅行も、うだるような暑さも、センチメンタルな景色も。夏のすべてを愛しく忘れがたいものにしてくれるのは、お気に入りのBGM。この夏あなたはどんな音楽と一緒に過ごしますか?
ミュージシャンの古川 麦さん、BGM LAB.の宮内 優里さん・Kenji Kiharaさん、THREEのRIE OMOTOの3組が、TTJのために選んでくれた「夏に聴きたいミュージック」から、あなたのプレイリストの幅を広げてみて。

1. 【古川 麦セレクト:シーン別サマーミュージック】

古川 麦

古川 麦 BAKU FURUKAWA

  • Spotif
  • Apple Music

シンガー、ギタリスト、作曲家として国内外で活躍する他、cero、表現(Hyogen)、Doppelzimmer、Pentágono Quieto、あだち麗三郎と美味しい水など多くのグループに参加。2ndアルバム『シースケープ』(P-VINE)好評発売中。この夏THREE AOYAMAでスペシャルライブを予定(8月12日)!詳細は後日THREE AOYAMA NEWSにてお知らせします。


夏の高揚感を盛り上げるアルバム

『Luz』 (Djavan)

  • Spotif
  • Apple Music

「ブラジルの大御所ポップスターDjavanがアメリカで録音した意欲的アルバム。スティービー・ワンダーが参加していたり、洒落たアレンジ、軽快な歌声、聴いてるだけでわくわくしてきて、色々なことが動きだしそう!」

夏の眠れない夜に聴きたい曲

『Numb』 (Men I Trust)

  • Spotif
  • Apple Music

「カナダのエレクトロポップバンドMen I Trustが今年発表したシングル曲。80年代風で郷愁を誘うバンドサウンドと、透き通ったボーカルに胸を締め付けられながらも、ゆったり眠りにつけるかも」

夏の一人旅で聴きたい曲

『船出』 (大貫妙子)

  • Spotif
  • Apple Music

「アルバムの『One Fine Day』から。タイトルがド直球だけど、旅先でこれを聴くと涙してしまう…。糸井重里の壮大で優しさに溢れる詞が、大貫妙子の素直な歌声に乗って、旅立つ心にどこまでも響いていきます」

2.【BGM LAB.セレクト:夏の涼感ミュージック】

BGMLAB.

宮内優里とKenji KiharaによるBGM(背景音楽)の研究室。共同での音楽制作、ライブ・BGM演奏等を経て、2016年に開室。​2018年にはTHREEのスキンケアタイムをイメージした「THREE TREE MUSIC」を制作した。アナログ、デジタルの技術をバランス良く使いながら、日常をより日常として充実させる手助けが出来る音楽を発信。この夏THREE AOYAMAのイベントでライブBGMを担当(8月11日)! 詳細は後日THREE AOYAMA NEWSにてお知らせします。


BGM LAB. 選 / 夏の涼感ミュージック

『re.sort』 (sora)SpotifApple Music

「メンバー二人が『夏』と聞いて一番最初にイメージした作品です。京都在住の黒澤健によるプロジェクトで、2003年の作品。ジャズやボサノヴァなどのサンプリングも混ぜながら、アナログとデジタルが絶妙なバランスでミックスされていて、前衛的な部分もありながら、アルバムを通して優しさと透明感を感じられる傑作です」

Kenji Kihara選 / 夏の涼感ミュージック

『Twilight For 9th Street』
(Gabby & Lopez)SpotifApple Music

「Natural Calamity の森俊二さん と Ticaの石井マサユキさんによるユニット。2人のギターが繊細に重なり合いながら浮遊感漂う、とても心地よい作品です。そっと曲を流していると、水辺や木陰で涼んでいるような気持ちになります」

宮内 優里選 / 夏の涼感ミュージック

『A Path To Open Air / Minute Maps』
(Tobias Wilden)SpotifApple Music

「涼しさをイメージしていて思いついた、ドイツ在住のTobias Wildenによる2014年のギター作品です。テクニカルではあると同時にすごく聴きやすく、ギターの音が澄んで聴こえます。夏の朝にピッタリ合いそうです」

3.【RIE OMOTOセレクト: シーン別サマープレイリスト】

BGMLAB.

RIE OMOTO

最後に登場するのは、THREE グローバル クリエイティブディレクターのRIE OMOTO。今世はメイクアップアーティストだけれど、前世はミュージシャン!?と思うほど音楽好きな彼女が、3つのシーンに合わせて選曲したグルーヴィーな曲たちと、この夏のシーンをさらに盛り上げて!


1. バケーションで聞きたい音楽は?

  • 『Space Oddity』 (David Bowie)
  • 『So Good』 (Warpaint)
  • 『Ashes to Ashes』 (Warpaint)
  • 『Sugar for the Pill』 (Slowdive)
  • 『The Sun Rising』 (Beloved)
  • 『Bonny』 (Prefab Sprout)
  • 『Apocalypse』 (Cigarettes After Sex)
  • 『Sunsetz』 (Cigarettes After Sex)
GO TO PLAYLIST!

  • Spotif
  • Apple Music

「バケーションに行くなら…と思い浮かべたのは、スコットランド。至高のスコッチウイスキーを片手にリラックスして聴きたい、大好きな曲ばかり」

2.夏のハウスパーティーでかけたい音楽は?

  • 『Higher Than the Sun』
    (Primal Scream)
  • 『Decisions』 (Black Light Smoke)
  • 『Lovesong 』 (The Cure)
  • 『Daft Punk is Playing at My House』
    (LCD Soundsystem)
  • 『Heroes』(David Bowie)
  • 『Roses』(OutKast)
  • 『A Ballet Of Hands(Frank and Tony’s Edit)』
    (Solo Andata)
  • 『Dream』(Villete)
  • 『Harem In Tuscany(Taranta)』
    (Gogol Bordello)
GO TO PLAYLIST!

  • Spotif
  • Apple Music

「こんな曲を流しながらパーティーを楽しむなら、その日のスペシャルドリンクはウォーターメロン・スパイシーマルガリータで決まりです!」

3.夏休みはまだ先…。
でもこんな曲を聴きながら頑張って!

  • 『Sweet』 (Cigarettes After Sex)
  • 『Lilac Wine』 (Jeff Buckley)
  • 『Pay No Mind』 (Beach House)
  • 『Time After Time』 (Beloved)
GO TO PLAYLIST!

  • Spotif
  • Apple Music

「気だるい気持ちさえ、名曲で素敵に演出して。夏休みはすぐそこですよ!」

三者三様のミュージックセレクションの中に、この夏のプレイリストに加えたい曲は見つかりましたか?
思い出はいつも、音楽とともに…。今年の夏の景色を一層特別にしてくれる音楽は、この夏を振り返ったときにも、心の中に流れてくるはず。
この夏が皆さんにとって、いつかかけがえのない思い出となる日々になりますように。