FromTTJ

2018 August-September Issue に寄せて

2018 Aug-Sep Issue に寄せて

こんにちは、THREE TREE JOURNALです。

突然ですが、みなさん。
「今日の自分のメイク」、気に入っていますか?
 

THREE TREE JOURNAL、8-9月号のテーマは「粧う(よそおう)」。
「今日のメイクもいい感じにできた!」という方も、
「実は最近メイクがあまり楽しくない」という方も必読の、
今すぐ試してみたくなるようなメイクの新天地をお届けします。

2ヶ月間に渡って順に記事をアップしていきますので、
ぜひ頻繁にサイトへ遊びにいらしてくださいね。
(新しい記事は基本的に水曜日にアップしております。)


さて、今号のテーマに掲げた「粧う(よそおう)」について。
定義としては「装う」と同じで、
「外見を飾ること」や「事実でないことを事実のように見せかけること」
などを意味します。

「よそおう」と耳で聞くと、
現実よりもよく見せたり、本当の姿を隠したりと、
少しネガティブな言葉の印象を受けませんか?
「女は化粧でバケる」なんて、揶揄されることもあります。

でも、うーん……? 
一人のメイク愛好者として、そしてTHREEのメイクをお届けする一員として、
「よそおう(化粧をする)」≒「いつわる」
という発想に対しては、大きく「否!」と主張したいのです。

なぜならメイクとは、ファッションと同じく、
「自分の頭の中にいる自分を、自由にアウトプットできるツール」
だと思うから。

持って生まれた身体の造形こそが「本来の自分」なのか。
今を生きる自分の内面こそが「本来の自分」なのか。
どちらも正しいし、どちらの自分も確実で尊い存在、だと思いませんか?

外見も内面も、どちらも自分。
形も心も、どちらも本物。
だからどちらも押し殺すことなく、
メイクで、ファッションで、言葉で、あらゆる表現で、
その個性を引き出し高め合うことが、「魅力」というものなのではないかと。
一つの結論として、やっぱり「バランス」なんですよね。


本来の自分の魅力を表現するツールの一つとして、さぁメイクの出番です。
心配しないでください、失敗したら洗い流せばいいのですから(笑)。
自分の内面を外側に引き出す。だから一層自分らしくなれる。
そんな粧い(よそおい)を、今号のTTJと一緒に開拓していきましょう!


先日の地震と豪雨による被害を受けられた地域の皆様にとっては、
過酷な暑さが一層厳しい夏の最中と想像し、胸を痛めておりますが、
THREE TREE JOURNALの記事やTHREEの商品が
ほんのわずかにでも皆様の心の安息となれば幸いです。
心よりお悔やみとお見舞いを申し上げ、
1日も早く穏やかな日々が戻ってこられることをお祈りいたします。

どなたの心の中にも、素敵な夏の思い出と、美しい秋への入り口が見つかりますように。

 

2018.8.1  THREE TREE JOURNAL

 
Graphic character by HIROSHI KIYOTA