FEATURES

#047_3 冬こそ、美髪のための頭皮ケア。

features011_1_image_1

冬の間、髪や頭皮の乾燥に悩みたくない方は、シャンプーの回数を減らしたり、日によってはお湯だけで洗ったりするのが良いと思ってはいませんか?
実は、頭皮も肌と同じ。水分量が減ると油分を出そうとするため、乾燥しがちな冬の頭皮には、皮脂がたまりやすいと考えられます。
良い土が美味しい野菜を作るように、健康な頭皮は美しい髪を育むために欠かせないもの。冬の間も生き生きとした素髪を手に入れるために、今日からお家で出来る頭皮ケアを見直してみませんか?


頭皮クレンジングはなぜ必要?

“アブラはアブラで落とす”という考え方は、肌も頭皮も一緒。シャンプーでは落としづらい毛穴に詰まった皮脂は、まず頭皮用クレンジングオイルで浮かび上がらせましょう。
洗う前に皮脂を浮かび上がらせることで、
①汚れを強引に洗い流そうとせず、必要な油分を頭皮に残すことが出来る
②マッサージ&保湿効果で頭皮がやわらかくなる
③シャンプーに含まれる特長成分が、頭皮や髪によく行き渡る

というメリットを享受できます。

さらに、THREEの頭皮用クレンジングオイルの場合、それ自体がすでに頭皮や髪へ対する美容成分を含んでいるため、使うことでシャンプー前の“プレ洗浄”のみならず“プレトリートメント”まで行えます。乾燥しがちな髪と頭皮に、ぜひシャンプー前のクレンジング習慣をとり入れてみてください。

Tips for a Better Result
効果的なケアのために。

1、頭皮クレンジングを始める前に、まずはブラッシングで血行促進。

頭皮にブラシの毛先が軽く当たるようにして、前から後ろにブラッシングしましょう。この際、毛先が球状になっていて、頭皮に当たっても痛くないブラシを使いましょう。


2、洗い流しは、“お湯を頭皮に”直接かけて。

頭皮用クレンジングオイルは、乾いた頭皮に使用。シャンプーに移る前に、オイルと汚れをお湯でしっかり洗い流しましょう。シャワーヘッドのお湯が頭皮にまっすぐ当たるように手を動かすと、髪だけでなく頭皮についたオイルもしっかり洗い流せます。

▸ THREEの頭皮用クレンジングオイルの使い方はこちら

▸ セルフシャンプーの詳しいHow toはこちら


見逃さないで。お風呂上りの頭皮ケア。

お風呂上りは、髪より先に「頭皮を乾かす」ことがポイント。薄手のタオルの上から指先で頭皮をやさしく擦るイメージで、まずは頭皮の水分をしっかり拭きます。髪は擦らず、やさしく押さえるようにしてタオルへ水分を吸収させます。

頭皮と髪を拭き終えたら、まずは頭皮に化粧水。トニックウォーターで頭皮を保護し、乾燥や乾燥によるかゆみを防ぎます。トニックウォーターをなじませながら頭皮を心地よくマッサージしたら、髪をかるく梳かしてから、頭皮にドライヤーを当てていきます。

このときも、髪をお湯で濡らしたときと同様、ドライヤーの風が頭皮に真っ直ぐ当たるように意識。髪を片手で持ち上げ、頭の形に添ってドライヤーを動かしていきましょう。ドライヤーの首を軽く振りながら乾かすと、風がまんべんなく行き渡ります。頭皮が熱くならないように、風の温度調整もお忘れなく。

頭皮が乾いたら、髪の根元→中間→毛先の順で乾かしていきます。髪のキューティクルの流れを整えるように、髪に対して斜め上から風を当てるとつややかに仕上がります。

▸ ドライヤーの詳しいかけ方はこちら



スキンケア、ベースメイク、頭皮ケアと、3回に渡ってお届けした「冬のキレイ支度」、いかがでしたか? ご紹介したセルフケアやメイクアップの一手間を、毎日を一層輝かせる手立てにぜひご活用ください。
次回は年末の恒例「THREE & THREE TREE JOURNAL 年間ベストランキング」をお届けします。どうぞお楽しみに!