FEATURES

#046_2〈MOVIE解説〉
紅葉色のセルフネイル

features011_1_image_1

THREEがお届けする限定コレクション“WHEN THE LEAVES DANCE”から、今回のFeaturesではネイルポリッシュをピックアップ。意外と知られていない塗り方の基本や、ランダムラメを均等に塗るコツ、きっと挑戦したくなる秋らしいセルフネイルアートのつくり方をご紹介します。


ネイルポリッシュの美しい塗り方

限定コレクションから登場する4色(M01〜M04)は、秋の陽の光、風の色、夕焼けのあたたかみ、そして自然の実りのエッセンスを散りばめた、シックでムーディーな紅葉カラー。この印象的な色を綺麗に塗るコツを、まずは動画でご確認ください。


〈How To Apply〉

1 ハケの片面をボトルの口でしごきます。

2 しごいていない方の面を使い、爪の中央先端に色をのせます。
*最初に爪の中央先端に少し色をのせておくことで、根元から先まで均等な濃度で塗ることができます。

3 ハケを平らに広げながら、爪中央の根元(甘皮側)から先まで、ハケを寝かせた状態で塗り上げます。
*ハケを平らに広げながら塗ることで、爪のカーブに沿わせながら美しく塗ることができます。

4 続いて両サイドにハケのヘリを合わせ、根元(甘皮側)から先まで塗り上げます。

5 最後に、ハケの側面で爪の先端を塗ります。
*もっとも剥げやすい先端に、しっかり塗っておきましょう。

〈More Tips from Nail Artist〉
・洗練された仕上がりのために、甘皮には極力ネイルポリッシュがつかないように気を付けましょう。
・二度塗りする際は、表面が乾いて滑りが良くなってから色を重ねましょう。厚塗りの防止になります。
・ネイルポリッシュの前後に、ベースコートトップコートのご使用をおすすめします。


ランダムなラメを、均等につけるには?

限定コレクションから登場する4色のうち、M04 (GOLD IN MY POCKET)は、色も形も大きさも異なるランダムラメが舞い散る、ひときわ華やかな存在。ボトルの中に舞うラメの光景を、爪の上にも美しく再現するには? ラメネイルの塗り方のコツを、動画でお届けします。


〈How To Apply〉

1 容器をしっかり振り、中のラメを均等にばらします。

2 ハケの片面をボトルの口でしごきます。

3 しごいていない方の面を使い、ハケを寝かせた状態で爪の上にラメを置いていきます。
*ハケを立てた状態で塗っても、ラメが爪につかないので注意。

4 ラメが均等に爪にのらない場合は、ネイルポリッシュが乾く前に、ラメの量や位置をハケの先で調整します。
*このとき、液はハケにほとんどついていない状態にして、厚塗りを防ぎましょう。

指先に秋の情景を生むセルフネイルアート

限定コレクションの4色と、眩いパール感をさらにプラスするグロータイプのトップコートを使用して、絵を描くようにネイルアートを楽しんでみませんか?

Theme 1
「重なる紅葉と満月の眺め」

秋の道に美しく散りばめられた紅葉の景色を、指先に。
薬指の中心に輝く1粒のゴールドラメは、秋の満月をイメージしています。


〈使用アイテム〉
THREE ネイルポリッシュ ベースコート
THREE ネイルポリッシュ(M01、M02、M03、M04)【限定】
THREE ネイルポリッシュ トップコート (CLOUD CLEAR)


親指:M03→M01→M04の順に使用。
直線に色を塗り分けたいときは、マスキングテープを使うと失敗することがありません。

人差し指:M02を全体に塗ってから、M04を先端にのみ重ねます。

中指・小指:M04を全体に塗ってから、M02とM03 で爪の中心線に沿ってドットを描いていきます。
小さいドットは、ハケの先端もしくは先端が丸いスティックを使用して描きます。

薬指:M01を爪の下半分に塗ってから、M04のゴールドラメを指の中央に載せます。
細かいラメの位置の調整には、つまようじが便利です。


Theme 2
「躍りゆらめく秋色の抽象アート」

複数のカラーと輝きをランダムに掛け合わせ、抒情的なゆらめきを指先へ。
あえて塗らないクリアな余白や、ハケの痕跡や色の交わりが、芸術的でモダンなムードを高めます。


〈使用アイテム〉
THREE ネイルポリッシュ ベースコート
THREE ネイルポリッシュ(M01、M02、M03、M04)【限定】
THREE ネイルポリッシュ トップコート (CLOUD CLEAR、SHILVER LIVING、GOLDEN CLOUD)


親指:M01→M03→M02→M04の順に、少しずつ面積を狭めながら色を重ねて。
お好みでグロータイプのトップコートをあえてベースに塗り、クリアな余白にニュアンスをプラス。

人差し指:よくしごいたハケを、あまり力を入れずにそっと爪にすべらせ、あえてハケの痕跡を残したデザイン。M03→M01→M03の順に重ね塗りしています。

中指:よくしごいたハケであえて薄塗りして、透明感を出して。
乾く前に複数の色を重ねることによって、マーブルのように色が混じります。

薬指:M01を全体に塗ってから、M04とトップコート(GOLDEN CLOUD)を根元から指先に向かってジグザグと塗り重ねます。

小指:ハケの先端で点状にM02を置き、上からM04を重ねます。



鮮やかな発色と自由な遊び心で、色づく木々の葉に勝るとも劣らない、印象的な指先へ。
みなさんの紅葉ネイルも、ぜひINSTAGRAMハッシュタグ「#THREE紅葉」でシェアしてくださいね。
次回は「秋の中でめくるページ ―女性エッセイ推薦集―」をお届けします。どうぞお楽しみに!