FEATURES

#046_1〈MOVIE解説〉
紅葉植物の力を借りて、ネイル&ハンドケア。

features011_1_image_1

見上げれば、秋の空。通りを抜ければ、秋の風。賑やかな季節を経て迎える、この美しい季節を愛でるように、もうすぐTHREEから季節限定のコレクション“WHEN THE LEAVES DANCE”が発売になります。
今回のFeaturesでは、このコレクションから紅葉植物の力を活かしたネイルオイルとハンドクリームを使った、セルフケアの方法をお届けします。手もとから、美しい秋をはじめてみませんか?

「美は細部や末端に宿る」と言われるように、爪はその人の美意識をあらわに表現するパーツ。そんな爪は「もっとも硬い皮ふ」と考えることもでき、ケアの際には保湿の浸透力が重要になってきます。
そこで、THREEのアロマネイルオイルは、秋冬を“生き抜く”ために紅葉する植物のパワーに着目しながら、11種の保湿植物成分をバランスよく配合。同時に、その中の4種の精油(フランキンセンス、レモンマートル、ラベンダー、ローズマリー)の、爽やかでありながらどこか温かい香りで、ネイルケアをする心まで潤します。


〈How To Use〉

1 爪のフチをなぞるように、①~③の順でオイルを塗布します。

2 爪の下から上に向かってオイルを塗布します。(④)

3 爪先の内側にオイルをなじませます。(⑤)

4 最後に、清潔な指で力を入れずに優しくなじませます。

*1回のケアで使用する量の目安は、両手で1~2ノックです。
*オイルを塗布するときは、筆を斜めに寝かせ、筆の側面を爪に当てるようにします。
*ネイルの色が落ちる場合がございますので、素の爪にご使用ください。
*筆は、最後に余ったオイルを拭き取り、清潔に保ちましょう。

カエデ科、ブドウ科、バラ科など、さまざまな紅葉植物のエッセンスをとり入れた、季節限定のハンドクリーム。“紅葉”という“植物の自己防衛策”が秘めたパワーに着目しながら、13種の天然保湿成分を配合しました。
その中には、国産のユキノシタエキス・オオヒラタケ培養液など、日本の里山から摘んできたような植物成分も。「人間のからだと土地は切り離せない関係にある。よって、その土地でとれた季節のものを摂るのがからだに良い」という身土不二の考えに基づく、THREEならではのホリスティックケアをお届けします。
少しのマッサージを加えながら塗布することで、しっとりとした潤いと透明感を放つ、美しい情緒あふれる手肌へ。


〈How To Use〉

1 清潔な手に適量をとり、手の甲の手首側から指の付け根に向かって、マッサージするようになじませます。

2 もう片方の手の指で、指の付け根の側面をはさみ、指先に向かって少しひっぱるように抜き、クリームをなじませます。親指から順に行いましょう。

3 最後に、両指をぎゅっと組んで、指の根元を刺激してから、力を緩めます。

*アロマネイルオイルと併用する際には、アロマネイルオイルを塗った後に行いましょう。
*ハンドマッサージは左手から行いましょう。



手もとのケアは気づいたときにこまめに行いたいものだからこそ、ちょっとした一手間を加えて、保湿効果のみならずリラックス効果やリフレッシュ効果、手のむくみの軽減などにもつなげられると嬉しいですね。

次回は限定コレクションのネイルポリッシュを使用して、ネイリスト直伝の上手な塗り方と、おすすめのセルフネイルアートをご紹介します。どうぞお楽しみに!