FEATURES

#045_2〈MOVIE解説〉大人肌を“浄める”美容法

features011_1_image_1

大人の肌を見つめて、THREEが遂に完成させたホリスティックエイジングケア* 「エミング」。その特徴を象徴する“女性らしさと肌”という美しさのカギについて解説する2回目は、スキンケアの第一歩である“洗顔”のステップと、その価値についてご紹介します。

年を重ねるにつれて、外気の乾燥以外の原因によっても慢性的な潤い不足に陥りがちな大人の肌。年齢に応じた、少し特別なケアを必要としている肌に対する、エミングの洗顔アプローチとは?


美肌の“基軸”を整える洗顔

いまから遡ること8年前、THREEがブランドとしてデビューしたときのこと。全17品のスキンケアアイテムのうち、半分以上の9品が洗顔用のアイテムでした。それほどに、THREEは洗顔というステップを重要視しています。“肌は本来、排せつ器官である”という根本に着目し、肌機能を健やかに働かせるため、第一に大切なことが“洗浄”というケアだと考えるからです。

そして今回誕生したエミングの洗顔アイテムは、凹凸ある角層のすみずみにまで行き渡るテクスチャー、落とすべきものにだけ密着する潤い保持機能、見た目や質感の変化への肌アプローチなど、大人の肌が必要とする機能にとことんこだわり抜きました。
不要なものを脱ぎ去ることで、本来の素肌美が目覚める。その洗顔は、同時に“洗浄以上”の満足感をもたらす……。この体験を、ご自身の肌でぜひご実感ください。

落とすだけでは終わらない。それが多彩な機能を持つ、「エミング クレンジングバーム」。シア、マンゴーなどの植物バター、コメヌカ、ミツロウなどの固形ロウ、そしてティーシード、ホホバ、ザクロなどのオイル……。それは実に、全11種類もの植物油・油脂(保湿・エモリエント成分)を、絶妙なバランスで組み合わせた濃密な感触です。

皮膚温でとろけ、凹凸感が気になる角層のキメのすみずみまでピタッと密着。また、メイクを自然に浮き上がらせながら、マッサージすることで筋肉をほぐし、血流をサポートする働きも。
そしてこのバーム、“トリートメントマスク”としても優秀。清潔な肌にバームを広げ、肌の上にのせたまま3分ほど置いてから洗い流すと……手のひらが吸いつくようなモチモチ、すべすべ、そして “ふかふか”と弾むような質感が生まれます。そのよろこびに、心までふわっとほぐれることでしょう。


〈How To Use〉

1. 乾いた清潔な手に、付属のスパチュラを使ってマスカット粒大のバームをとります。両手のひらを重ねてバームを温めたのち、首、あご、両頬、鼻、額の6カ所にのせます。

2. 皮膚温でバームが溶けだしたら、顔の中心から外側に向かって、両手を左右対称に動かしながら、小さな円を描くようにクレンジングしていきます。

3. バームがふわっと軽い感触に変化したら、水かぬるま湯で洗い流します。

*油脂のかたまりが粒状になったり、肌表面の温度が低いと、溶けにくい場合がございます。ご使用の際には、十分に手のひらで温めてからご使用ください。

〈お疲れ肌に“マスクケア”メソッドをプラス〉
清潔な肌に再度、適量(マスカット粒大)のバームを溶かし広げ、3分ほど置きます。その間、バスタブに浸かったり、マッサージをしてもよいでしょう。

植物エキスを贅沢に配合した、天然由来成分100%のソープ。温かみのあるピンク色は、鉄分豊富なレッドクレイ(洗浄成分)による天然の色。このレッドクレイは、古い角質や毛穴の老廃物を吸い寄せるように吸着し、肌にピュアな透明感をもたらします。
ソープを転がすと、きめ細かでやわらかく、それでいて生命力すら感じるほど弾力に満ちた泡が登場。
シルキーかつぷるんとした泡が角層のキメのすみずみまで行き渡り、摩擦を防ぎながら、乾きやすい大人の肌をやさしく洗い上げます。洗顔後のぴんと潤った肌は、透明感あふれるなめらかな質感に。


〈How To Use〉

1. 顔全体を水かぬるま湯で予洗い(あらかじめ洗うこと)します。

2. 濡れた手にソープを取り、水かぬるま湯を加えながら、転がすようにして泡立てます。
*水かぬるま湯を、数回に分けて加えながら泡立てると、しっかりと密度のある泡ができます。
*手早く泡立つ、泡立て用ネットのご使用もおすすめです。

3. 両手に泡が広がるまでよく泡立てたら、泡をあご、両頬、鼻、額の5カ所に置きます。

4. 顔の下から上に向けて、大きな円を描くように泡を転がします。皮脂分泌が活発なTゾーンは、小さな円を描くように指を動かします。

*手や指で肌をこすらず、泡をクッションにして洗顔しましょう。

5. 最後に、老廃物を流すように首まで洗い、水かぬるま湯で丁寧にすすぎます。



THREEが考える洗顔とは、素肌美を育むための“大切な基軸作り”。それは、はじまりにしてクライマックスともいえる、本当に大切なスキンケアステップです。
エミングの洗浄ケアで肌をクリアで健やかな状態に浄化したら、いよいよ次は“潤いで満たす”ステップへ。次回のFeaturesでは、3つの保湿ケアのステップとその価値をお届けします。どうぞお楽しみに!

*エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのことです。