• #040_3「太陽の季節を美しく過ごす。春のTHREEサンドレシピ」
  • WEDNESDAY, 26th APRIL, 2017

CLOSE


features040

明るい陽射しに誘われて、元気に外へ出掛けたくなる季節。連休や週末の間、ピクニックを予定している人も多いのでは?
今回のFeaturesでは、そんな日のお供にぴったりなサンドイッチレシピをご紹介。紫外線や花粉によるダメージや、現代人に多い目の疲れ対策におすすめの食材を使って、美味しいサンドを考案しました。 
どのサンドイッチもメインの具材は“3つ”。少し意外性のあるマッチングで、身近な材料もお洒落な味に。粋なアクセントの利いたシンプルレシピを、ぜひお試しください!

Recipe #01

オイルサーディン・レモン・ピーマンのサンド

紫外線ダメージを受けた肌にうれしい、ビタミンB、C、Eを含む食材を組み合わせて。

features040

■ 材料 (2人分)
食パン 2枚(6枚切り)
オイルサーディン 80g
ピーマン 1個(50g)
レモン 7ミリ厚さのスライス2枚
マヨネーズ 小さじ2
唐辛子 少々
塩・こしょう 少々

■ 下準備
1 ピーマンは種とワタを取って、千切りに。レモンは皮つきのまま、粗みじん切りにする。
2 ボウルにピーマンとレモン、塩ひとつまみをふり入れて混ぜる。
3 食パンを2枚重ねてトーストする。


■ How to サンド

features040

1 2枚の食パンの内側(こんがりしていない方)に、マヨネーズを塗る。
2 片方のパンにオイルサーディンをのせ、塩・こしょう・唐辛子をふる。
3 その上に水気を切ったピーマンとレモンをのせ、もう片方のパンで蓋をし、ぎゅっと押さえて斜めにカットする。

〈ポイント〉
・食パンは2枚重ねてトーストすることで、外側がこんがり、内側はふんわりした食感に。
・唐辛子は、粗挽き唐辛子や一味唐辛子がおすすめ。


Recipe #02

パセリ・にんじん・玉ねぎのサンド

花粉症で体調が荒れがち・ぐずりがちなときにおすすめの、ビタミンA、Cを含む食材を組み合わせて。

features040

■ 材料 (2人分)
食パン 2枚(6枚切り)
パセリの葉(茎から外す) 20g
にんじん(正味) 50g
赤玉ねぎ 1/8個(15g)
バター 10g
マーマレード 大さじ1
レモン汁 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1/2
塩・こしょう 少々

■ 下準備
1 パセリは粗みじん切り、にんじんはピーラーで薄く削る。玉ねぎは繊維に沿ってごく薄切りに。
2 パセリとにんじんを別々のボウルに入れ、オリーブオイルを絡めてから、レモン・塩を加えて混ぜる。
3 食パンをトーストし、バターは室温でやわらくしておく。


■ How to サンド

features040

1 食パンの片面に、バターをなじませてからマーマレードを塗る。(2枚とも)
2 片方のパンに、パセリ、玉ねぎの順にのせ、塩・こしょう少々をふる。
3 その上ににんじんをのせ、もう片方のパンで蓋をし、ぎゅっと押さえてから横半分にカットする。

〈ポイント〉
・包丁を入れるときは、勢いよくざっくりと。具にボリュームが出て分厚くなったら、切る前にパンの角につまようじを刺し、崩れるのを防ぎます。
・具材にハムをプラスしても合います!


Recipe #03

ブルーベリー・カッテージチーズ・ベビーリーフのサンド

スマホやPCで疲れがちな目にやさしい、アントシアニン、ビタミンA、Cを含む食材を組み合わせて。

features040

■ 材料 (2人分)
食パン 4枚(8枚切り)
ブルーベリー 100g
カッテージチーズ(裏ごしタイプ) 100g
ベビーリーフ(今回はルッコラを使用) 適量
メープルシロップ 大さじ1と1/3
バター 10g
オリーブオイル 小さじ1/4
塩・こしょう 少々

■ 下準備
1 カッテージチーズとメープルシロップを、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
2 バターは室温でやわらかくする。
3 ベビーリーフをボウルに入れ、オリーブオイルを絡めてから塩少々をふり混ぜる。

■ How to サンド

features033

1 食パンの片面にメープルシロップと混ぜたカッテージチーズを塗り、その上にブルーベリーをのせる。
2 その上にベビーリーフをのせ、もう片方のパンで蓋をする。
3 ぎゅっと押さえてからパンの耳を切り落とし、3等分にカットする。

〈ポイント〉
・切る前にラップでくるんで1時間ほど冷蔵庫で休ませると、クリームが固まり切りやすくなります。
・とてもヘルシーで、罪悪感のないフルーツサンドです!



これからの季節は、THREEのUVプロテクターで肌をしっかり守りながら、からだの内側からもダメージケア。今回ご紹介したレシピに併せて、THREEのインナーケア「リズムビューティー eo-ベルガモット」もおすすめです。
心も、からだも、肌も充実した心地よさに恵まれる、素敵な行楽シーズンを迎えましょう。


次回のFeaturesでは、肌に新しい魅力をまとわせるTHREE新ベースメイクの特長と使い方をたっぷりお届けします。どうぞお楽しみに!

料理:小堀 紀代美(LIKE LIKE KITCHEN)



CLOSE

Archives > features_040

#040_3「太陽の季節を美しく過ごす。春のTHREEサンドレシピ」

#040_3「太陽の季節を美しく過ご...

WEDNESDAY, 2017.04.26

CLOSE

#040_2「日差しの下、より美しい肌へ。プロテクターを全解剖!」

#040_2「日差しの下、より美しい...

WEDNESDAY, 2017.04.12

CLOSE

#040_1「UVケア 開発の舞台裏 “肌を守る”から“自分を守る”プロテクターへ」

#040_1「UVケア 開発の舞台裏...

WEDNESDAY, 2017.04.05

CLOSE

Latest Topics
Miokoさん(2)

THREE Lovers

#198 Miokoさん(2)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.