• サロンスタッフが語るMen’sスキンケア
    #01 BRIDGE(原宿)前半編
    「きれいな肌は、余裕の証」
  • THURSDAY, 24th NOVEMBER, 2016

CLOSE


features011_1_image_1

THREEからついに誕生した、待望のメンズスキンケア〈THE DEFINITIVE〉の発売を記念して、THREE TREE JOURNAL特別企画が始動。6名の人気ヘアサロンスタッフに、男性たちは今「どんなスキンケアをしているのか」また「どんな肌になりたいのか」、リアルな本音や現状を赤裸々に話していただきました。お洒落な女性スタッフからの鋭い視点とツッコミにも注目です。

1回目にご登場いただくのは、原宿を代表する有名ヘアサロンBRIDGEの並木一樹さんと英香さんのお二人です。

features011_1_image_1

スキンケアの努力は見せたくない

THREE:普段のお仕事の中で、男性のスキンケアについて何か気づくことってありますか?

並木さん(以下敬称略):男性のお客様だと、きちんとケアする方とまったくしない方の差がはっきり分かれている気がしますね。ケアをしない方は必要ないと思っているというより、何を使ったらいいかわからない、情報が乏しいという感じでしょうか。

英香さん(以下敬称略):私はサロンスタッフの肌はチェックしていますね。やっぱり接客業なので。お客様と会話していると口も乾燥しやすいので、リップクリーム塗ったほうがいいですよ、など……。

THREE:お客様にもアドバイスします?

英香:常連さんのお客様にはすることもあります。初対面の方にアドバイスするのは、なかなかリスクが高いですね。まずはヘアスタイルを決めることに集中されたいと思うので。

並木:僕も、お客様に聞かれたらお話ししますけど、こちらから積極的にはしませんね。友達同士でも、女の子から男に言うのならいいけど、男から男に肌のダメだしとかすると、嫌がる人もいるかと思うので。

THREE:まあ確かに、女性同士でも肌のダメ出しはしにくいですね。言い方にもよりますけど。

並木:肌のキレイな人(男性)にどんなケアをしているんですか?と聞くと、何もしていないという人が結構いますね。
具体的に聞くと洗顔、化粧水、乳液しかしてない、みたいな(笑)。

THREE:完璧です。そういう人は何もしていない、の基準が高いんでしょうね。または、あまり日常の努力は見せたくないのかも。テスト前に「勉強してないよ」っていうタイプですね。

英香:女性から見ても、やりすぎ、頑張り過ぎの人はちょっとNGですね。

並木:男性だと、化粧水の使う量とか基本的なことがわからない人も多いです。適量ってどれくらい?っていう。足りなかったら2度づけする、という意識もないですね。

THREE:髪の毛も一緒かもしれないですね。普通の人は使うワックスの量とかわからないときありますよね。少なすぎても多すぎてもだめですしね。

features011_1_image_1

女性は男性の肌をよく見ている!?

並木:20代の若い子なら、彼女や女友達からアドバイスを受けたり、おすすめの商品の情報交換をしていたりして、スキンケアに対するハードルは低いと思うんですよ。でも30代以上の方は、スキンケアにこだわることに少し気恥ずかしさがあったりしますよね。きちんとお話しすると関心は持ってくれるのですが。

THREE:30代あたりと言えば年齢的に肌の衰えを感じはじめる年代なのでしょうか。

並木:そうですね、20代は若さでカバーできるので、関心ない人は本当に聞く耳も持たない感じです(笑)。

英香:(何もしなくても)キレイならいいですけどね。肌の印象ってすごく大切ですよ。女子会とかで「彼氏の絶対条件ランキング」みたいな話になったことがあって……

THREE:女子会の王道トークですね(笑)。

英香:そのときに「肌のキレイな人」を第一条件に挙げる子が6人中4人くらいいたんです。「顔よりもゼッタイ肌!」みたいな。頬ずりしたときにざらつくのはヤダ。ヒゲも絶対きれいに剃ってつるつるにしていて欲しい、とか。

THREE:自分はさておきトークですね。

並木:そんなに頬ずりします(笑)? でもモデルの子でも、すごくかっこいいのに肌が荒れていると残念だなと思うことがありますね。印象がだいぶ変わります。

英香:肌から生活も透けて見えてくるというか……。不健康そうですし、結婚しても長生きしてくれなさそう(笑)。それに、肌が整っていると余裕のある人に見えますよね。うちのサロンでも、早めにゆとりをもって出勤する人は見た目にも差が出ていると思います。余裕がある人はやっぱり違いますよ。

features011_1_image_1

スキンケアはパッケージにもこだわりたい

THREE:女性からスキンケアをプレゼントされたら嬉しいですか?

並木:そうですね。男性はまだスキンケアにこだわりを持っている人が少ないし。ドラッグストアでしか買ったことのない男性にちょっといい製品を送ると喜ばれると思います。

英香:ユニセックスな製品もいいですよね。彼氏と一緒に使えるし。私もいわゆる女性っぽい香りとかパッケージとかが苦手なので。香水も兼用できるものが好きです。

並木:パッケージは大切ですね。シンプルでかっこいいのがいいです。ダサいと買いたいなとは思わないですし、部屋にあまり置きたくないかもしれない。あと、香りも結構重要な気がします。でも男としては、ユニセックスよりもメンズに特化した良い製品が欲しいという気持ちもあります。男が女性ものを使う抵抗感はやっぱり少しあるし、ユニセックスのものより自分に効くような気がします。


BRIDGEのお二人の「メンズスキンケア談義」は後半編へ続きます。


BRIDGE
東京都渋谷区神宮前6-9-11堺ビル2F
03-3400-0214
http://www.artis-salon.com/





CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(2)

THREE Lovers

#194 尾崎 あいかさん(2)

#050_3 〈変化を起こす〉THREEラインの使い方【MOVIE解説】

Features

#050_3 〈変化を起こす〉...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.