FEATURES

#031_1「キレイな夏服の選び方」


関東では梅雨らしい雨をスキップして、夏本番に突入しそうな今日この頃。心では恵みの雨を望みながら、着るものは自然と夏らしい色やデザインにシフトしている方が多いのでは?
今月のFeaturesでは、この夏のファッションをスマートに着こなすための洋服選びのポイントと、夏服が似合うボディへ導く毎日のマッサージ方法を、「デコルテ」「二の腕」「膝まわり」の3パーツに分けてお話します。

上半身をすっきり見せるには?

features011_1_image_1
襟ぐりが大きく開いたトップスや、今季流行のオフショルダーは、どう選ぶ? 最初にご紹介するのは、デコルテ見せのおしゃれにまつわる着こなしTipsです。

Tips 1

大人の肌見せで大切なのは、その分量。「出す」と「隠す」の駆け引きをしましょう。デコルテを露出したら袖の長いものを選ぶようにすると、程よくセンシュアルなムードに仕上げることができます。

Tips 2

色の選択ではカーキがおすすめ。肌馴染みがいい色なので、胸元を露出しても唐突感を回避することができ、肌見せファッションの第一歩にぴったりです。

Tips 3

素材で選ぶなら、光沢感のあるもの。むくみをケアをした自慢の鎖骨をキレイに見せて、きちんと感を残しながら女性らしさをアップしてくれます。

Tips 4

少し先の話ですが、次の秋冬は襟を抜いた深いVラインの胸元にも注目が集まっています。この時季は開襟にしたシャツでその流行をいち早く取り入れて、周りとの差をつけてみるのもいいかも。胸元を開けることで、肩幅を相対的に狭く見せてくれるという効果も期待できます。


二の腕すっきり着こなし術

features011_1_image_1
涼しげなノースリーブは、夏の風物詩のひとつ。ところが電車でつり革を掴んだ自分の姿を見て、我が二の腕にがっかり……なんてことも。次は二の腕にまつわる着こなしTipsです。

Tips 5

袖なしの服を着るときは、腕の付け根を強調しないようにすると細見えが実現。肩先を隠してくれるごく短い袖丈のキャップスリーブのトップスを選ぶのも一つの手です。
また、脇を見せると腕全体がほっそりして見えることから、腕ぐりはゆるやかで浅いものを選ぶと良いでしょう。

Tips 6

おすすめのアイテムをもう一つ。大きめのラッフル(フリル)を腕ぐりにあしらったノースリーブは、正面から見たときに腕を半分隠してくれる優れもの。二の腕にコンプレックスがある方は、ぜひ試してみて。
カジュアル派の方は、ビッグシルエットで袖が大きくあいたTシャツタイプのものを探してみてはいかがでしょうか。

ダイエットと違い、着こなしTipsは少しの工夫ですぐ効果が分かるのがうれしいもの。大きめの時計やブレスレットで手首の華奢さを強調しつつ、二の腕の目くらましをするというアイディアもおすすめです。


次回は夏服を着こなすための、すっきりボディのつくり方をレクチャー。むくみや老廃物が溜まっている方ほど効果が分かりやすい、必見のマッサージTipsをどうぞお楽しみに!