FEATURES

「パクッと一くち。サッと一かけ。今注目のスーパーフード。」

features011_1_image_1

「きれいな人は食べている」と言っても過言ではないほど、今や健康・美容食品の代名詞的存在である「スーパーフード」。

ところが、食習慣に摂りいれてはみたいものの、「何を食べたらいいのかわからない」、「ヨーグルトにかけるしか、食べ方のバリエーションを思いつかない」など、素朴な疑問や悩みでつまずいている方も少なくないよう。そこで今回は、「今おすすめのスーパーフードと、その簡単・お手軽な食べ方」をご紹介します。

あれもこれも、スーパーフード。

スーパーフードとは、「他の食品よりも栄養価がはるかに高く」、また「からだに有害なものが含まれていない」食品のことを指し、主に植物性に由来します。
最初に有名になったスーパーフードと言えば、キヌアアサイーチアシードなどですが、アロエザクロ、日本の食材だとノリ昆布、最近では甘酒まで……。ちょっと意外な食材もスーパーフードの仲間なのです。

まだまだ知らない種類もたくさんありそうな、世界中のスーパーフード。これからご紹介する5つの食材の中に、今のあなたにぴったりなスーパーフードが見つかるかもしれません。

① タイガーナッツは、ダイエット中のおやつに

〈タイガーナッツとは〉

味はナッツに似ているけれど、実は野菜の“根にできる実”であるタイガーナッツは、自然な甘みとチャンキーな歯ごたえが特徴。その食べごたえに反して低カロリー(100gあたり約500kcl)で、食物繊維の「難消化性でんぷん」を多く含んでいるため、ダイエットや空腹対策の強い味方に。

〈おすすめの食べ方〉

お腹が空いたときに、そのままナッツ感覚で。また、食前に水と一緒に摂ると、食べ過ぎや血糖値上昇の対策になります。
水とかくはんして「タイガーナッツミルク」にすれば、タンパク質やカリウム、リン、マグネシウムなど、タイガーナッツが含む豊富な栄養分が体内により吸収されやすくなります。


② ゴールデンベリーは、美肌の味方

〈ゴールデンベリーとは〉

「西洋ほおずき」ことゴールデンベリーは、美肌に欠かせないベータカロチンやビオフラボノイド、ビタミンAなどの栄養素を豊富に含んだスーパーフード。さらに、細胞を活性化するといわれるイノシトール(ビタミンB群)が、肝臓の老廃物の除去を助けます。お肌のコンディションをよく保ちたい方におすすめです。

〈おすすめの食べ方〉

ドライフルーツとして、そのまま食べても美味しいゴールデンベリー。
少し酸味がありオイルとの相性も抜群なので、ドライトマトの代用として、サラダにトッピングして食べるのもおすすめです。


③ モリンガで、むくみ・加齢臭対策

〈モリンガとは〉

90種以上もの栄養素を持ち、300種以上もの薬効があると言われているモリンガは、通称「奇跡の木」。アーユルヴェーダでは心身の浄化の助けとして用いられてきました。むくみが気になる方や、加齢臭やタバコ臭に気を付けたい方へ。

〈おすすめの食べ方〉

水に小さじ1/4ほどのモリンガを溶かして、朝に飲むデトックスウォーターとして
抹茶や緑茶のフレーバーに似ているので、マフィンやパンケーキに混ぜたり、ミルクシェークにしたり、バジルソースに加えたりと、様々な味のコンビネーションを楽しめます。


④ ハルウコンで元気な胃に

〈ハルウコンとは〉

100種以上もの精油成分に加え、ミネラルが豊富に含まれているハルウコン。二日酔いを防ぐ「クルクミン」の含有量は他の種類のウコンに比べると低めですが、その他の健康・美容成分は他のウコンより多く、消化促進や代謝促進、抗酸化、コレステロール抑制を助けます。

〈おすすめの食べ方〉

ターメリックであるハルウコンは、カレーやスープとの相性はもちろん、ニンジンやミカンのジュースにも合います。甘いジュースに少しだけハルウコンの苦みを加えて、大人っぽい味わいに。からだもぐんと温まります。


⑤ ローチョコレートで集中力アップ

〈ローチョコレートとは〉

チョコレートの原料であるカカオは、豊富なミネラルに加え抗酸化物質をバランスよく含み、健康や美容のサポートに加え、リラックス感や幸福感まで運んでくれるハッピーなスーパーフード。(しかしその多くの成分は、熱を加えることで失われてしまいます。)
少し疲れたときは、高温加熱処理されていないローチョコレートで、美しさとポジティブマインドをチャージして。

〈おすすめの食べ方〉

集中力や脳の働きを高めてくれるローチョコレートを摂るなら、朝の時間帯や仕事のブレイクタイムがおすすめです。
時間があるときには、ぜひ手作りで。クッキング中の甘い香りが、さらなる癒し効果をもたらしてくれるはず。
*ローチョコレートのレシピはこちら


スーパーフードは少量ずつで良いのでできるだけ毎日、しばらく続けて摂り続けてみると、自分のからだが何を欲していたのか、何に喜んでいるのかが分かってきます。今回ご紹介した「そのまま食べるだけ」や「混ぜるだけ」「かけるだけ」の方法で、毎日の食事にスーパーフードを気軽に摂り入れてみてはいかがでしょうか?


次回のテーマは「からだのリズムの作り方。サプリ入門」です。どうぞお楽しみに!

〈取材協力〉

伊藤芳子(LIVING LIFE MARKETPLACE代表)
アメリカの大学を卒業後、NYへ。マクロビオティックレストランで働きながら、ベジタリアン文化やヨガと出合う。帰国後2008年、沖縄へ移住し、ロー&スーパーフード&オーガニック食材の専門店「LIVING LIFE MARKETPLACE」をオープン。現在は沖縄を拠点に各地でローフード情報を発信している。



PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM