CLOSE




人それぞれ きれい が違う
俺のきれいは 車
あたしのきれいは ネックレス
私のきれいは 君
君のきれいは 私

目の前のことがきれいすぎて
自分のことと比べちゃって 
自分はきれいじゃないと思っちゃう
自分は可愛くない 自分は太ってると思っちゃう

自分がそう思うと 世界が半分しかきれいじゃない
自分もきれいだと思えるようにして もう半分の世界もきれいにしよう

beautyrelay

時々自分のイヤなところは どうしても直せなくて
そこばかりに力いれすぎてストレスになっちゃう
人それぞれ自分のイヤなところが違う
その人は自分の鼻が嫌い
自分の嫌な鼻ばかり見ちゃって
自分がきれいじゃない ってことにしてしまう
鼻だけなのに

部屋で例えてみると
コーヒーがこぼれて汚くなったソファの汚れが どうしてもとれない
水で洗ったし 洗剤で洗ったし
色々やってみても汚れがとれない
とても心が痛い
がんばりすぎて さらにソファの布が破れて
だんだんストレスが溜まってきて
気持ちよくなくて 気づかず部屋が散らかってくる
その部屋全部が嫌いになってしまう
この部屋をみると 気分が悪くなっちゃう

ソファに一つの汚れだけで
人の気分まで悪くなっちゃう
人生まで不幸せになったりする

そういう時 ソファの汚れを気にしないで
まず普通に片付けよう
いらいらして棚の上に置いちゃったゴミを捨てよう
めんどうくさくて汚くなった床を掃除してピカピカにしよう
汚かった部屋がきれいになった
気持ちいい
ソファの汚れはあっても きれいな部屋だと言える

beautyrelay

嫌な鼻の事ばかり思って
気分が悪くなって 自分が嫌いになっちゃう
自分の他のとこも愛せなくなっちゃう
髪もボサボサになっちゃう
肌も元気なくなっちゃう
鏡を見て 心もだんだん落ち込んでいっちゃう

片付けよう
きれいにシャワーして
気持ちよく髪のカットして
元気に運動して
ピカピカ肌のケアをして
楽しくメイクして
テンション上がる洋服を着て
心開いて自分に愛をあげて
幸せな気持ちになって
笑顔になって きれいな人になれる

そうして 世界が全てきれいになる



Art works『REFRESH』(Wisut Ponnimit 2015)

2015.November.26(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 愛されているところ
たとえば 丁寧に合わせられた洋服
きちんと結ばれた髪
気持ちよくシャワーされた体
柔らかくケアされた肌
愛されているところは輝いていて 魅力的だと思う

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 髪を切る かるく運動する お酒を飲まない フレッシュな空気を吸う 早く寝る

Q3 お気に入りのTHREEアイテムは?

A3 まわりのみんながいいと言っていて使いたくなります

<ウィスット・ポンニミット Wisut Ponnimit>

1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビュー。2003年から2006年神戸在住の後、現在バンコクを拠点に作品制作中。「マムアン」シリーズ、『ブランコ』(小学館)、『ヒーシーイット』 (ナナロク社)などマンガ作品多数。2005年横浜トリエンナーレ参加。2009年『ヒーシーイットアクア』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。2015年バンコクで個展「MELO HOUSE」を開催。アニメーションや音楽制作も行い、音楽作品に原田郁子との共作「Baan」(2013年)がある。Website: www.wisutponnimit.com/

CLOSE

Latest Topics
Miokoさん(2)

THREE Lovers

#198 Miokoさん(2)

#051_3 〈MOVIE解説〉朝も昼も夜も。ルースパウダーでキープする余裕のある肌。

Features

#051_3 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.