• 「台北THREEのおもてなし」
  • WEDNESDAY, 22nd JULY, 2015

CLOSE


features011_1_image_1

3つの国からTHREEカウンターをご紹介している、今月のFeatures。2回目の今回は、2014年3月にオープンした台湾のTHREEカウンターから、台北クリエイターたちの活躍する姿と、台湾の美容事情をお届けします。
■ Article in Chinese

ゆっくり親密に。台湾の接客スタイル。

「台湾のお客様は、お買い物だけを目的とせず、ライフスタイルのアドバイスや安らぎの時間を求めてTHREEのカウンターに来てくださる方が多いんです」と話すのは、THREEが台湾にオープンした当初から丁寧な接客に力を入れてきた、クリエイターのスーウェイ。

「だからたとえばリップスティック1本を買いに来られた場合でも、まずお茶をお出ししてから、クレンジングからメイクまで一通りのカウンセリングを受けていただくのです。THREEのカウンターは日常の中でほっと一息、ペースダウンできる空間でありたいと思っています」

お茶を出しゆっくりカウンセリングをするTHREEのスタイルを、最近は模倣するブランドも出てきたと言います。

「接客において大切なことは、まずお客様の心と打ち解け合うこと。まるで友達のように親しくさせていただいているお客様も多く、挨拶をしに立ち寄ってくださったり、差し入れやお土産をいただいたり。台湾のTHREEクリエイターとお客様とのコミュニケーションは、本当にフレンドリーなんです」

“美白”は最大にして永遠のテーマ

蒸し暑い屋外は湿度が高く、冷房が効いた屋内は乾燥している台湾。スキンケアには高い保湿力と吸収性が求められています。テクスチャーはさっぱりとしたものが好まれ、クレンジングや洗顔といった洗浄のステップを重視。同時に“美白”も台湾女性にとって永遠のテーマで、タイと同じくレーザーを使った治療や、”美白注射”と呼ばれる治療も人気だそうです。

「そういったテクノロジーを使った治療の後には、肌にやさしいナチュラルなケアが好まれる傾向にあり、そんな理由からもTHREEの『バランシング ホワイト クリアエッセンス』が今とても人気です。 美白美容液は”乾燥しやすい” “刺激が強い”などといったイメージがありましたが、それを覆す商品であったと同時に、“肌を白くする”のではなく、“自分の肌色を明るくする”という特徴に好評をいただいています。私の肌も、最近はコンシーラーいらずになってきたんですよ(笑)」

台湾女性はアイメイクがちょっと苦手?

忙しい朝、台湾女性がポイントメイクに優先順位をつけるとしたら「1、リップ 2、アイブロー 3、チーク」の順になるのだそう。アイメイクについては「難しい」という思い込みがあり、まつげのエクステンションをつけてしまって、あとのアイメイクはしない……そんな人も少なくないのだとか。

逆に、台湾人女性が得意とするのがアイブローメイクで、最も時間をかけるパーツでもあるそう。それぞれがこだわりの眉シェイプを持っていて、THREEのカウンターに来ても「眉だけはいじらないで」とリクエストする方もいるのだとか。日本人女性は「眉を書くのが苦手」という方が多いので、対照的かもしれませんね。

“ホリスティック”に魅せられて

「台湾でも今、天然由来の原料を使ったものに注目が集まるようになっています。そんな中、原料の産地を一つ一つしっかり伝えることができるTHREEはとても安心感のあるブランドで、同時に日本らしいブランドだなと感じます」と話すスーウェイ。「THREEを紹介するときは、商品のことだけではなく、たとえば精油の働きについてだったり、ホルモンバランスと肌の状態の関係だったり、説明がとても奥深くなるんです。そこが面白いところであり、私自身ももっと色々な勉強をして知識を蓄えていきたいと思います」

とても真面目でフレンドリーな台湾クリエイターたちは、日本からやってきたTHREEのコンセプトに深く共感し、それを大切にしながら、「また来たい」と思っていただける居心地のよいカウンターを作り出していました。

次回はTHREEが生まれた日本のカウンターから、日本のTHREEクリエイターの素顔と美容法をお届けします。どうぞお楽しみに。



CLOSE

Archives > アジアのTHREEカウンターから ―タイ 台湾 日本―

#019_3「京都クリエイターの美容法」

#019_3「京都クリエイターの美容...

WEDNESDAY, 2015.07.29

CLOSE

#019_2「台北THREEのおもてなし」

#019_2「台北THREEのおもて...

WEDNESDAY, 2015.07.22

CLOSE

#019_1「バンコク、美容事情。」

#019_1「バンコク、美容事情。」...

WEDNESDAY, 2015.07.15

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(2)

THREE Lovers

#194 尾崎 あいかさん(2)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.