CLOSE




この春の私は、何かと忙しく楽しくアップデートしています(笑)。

私は今、5次元空間のようなディスプレイになってしまったiPhoneのデータを復元すべく、アップルストアで必死に祈りつつ、すべてのデータを失うかもしれないという事態に困惑しながらこの原稿を書いているところ。

バックアップを一年も怠っていたことを反省しながら、色々なことが頭を駆け巡っています。
今年のスタートは、ずいぶんと“終わりの始まり”的な事柄が多いような……。
変化を好む私ではあるけれど、それを受け入れるのにエネルギーを要することもあります。

データの損失は、知人たちとの距離や、気軽に撮り溜めた写真10,000枚、仕事の資料データや、メモ書きなど……過去との決別のとき?(大袈裟..笑)

データがなくなっても命に別状はないし、元気に生きていればまた新しいもので過去が作られていくんじゃない?
そんな、まっさらなノートに書き込んで行くような心地よさを覚えると、不思議に心が落ち着いた。
それはそれでいいと思ったりする自分に、驚いたりもしている。

騒がしい頭の中、遠くに置いていた視線をPCに戻すと、なんと、バックアップの読み込みを始めている。
ぬか喜びはしない方が懸命だと優しく諭されるが、完全に心の準備はできていた。

それから約3時間、なんと奇跡的にデータを復元することに成功!
諦めなくてよかった!!
胸の前で絡み合わせた両手にぎゅっと力を込めた格好で、ありがとう、ありがとうございます!と何度も唱えながらも……
喜びの端っこで、まっさらなiPhoneも良かったんじゃないかな、そんな気持ちも抱いたりして。

リセット。デトックス……
そう、春はそんな季節だったわよね。

iPhoneがリセットされそうになったり(未遂)。
4月末の引越し準備を機に、フリーマーケットをしたり。
先日は急な高熱に寝込んだりもして。
それも、冬の間に溜め込んだ不要なものを身体の外に出して、季節に順応し生きていくための自然治癒力というものね!
……と、私たち人間の持つ誇らしい能力に感慨深くさせられたり。

beautyrelay

春うらら……
静かな冬の朝から、日に日に鳥のさえずりがにぎやかになり、私もずいぶん早起きになりました。
そろそろハナミズキが淡いピンク色の花を咲かせるころですね。
雨上がりの夜に漂った、ハナミズキの香りを思い出した。
次の季節に向かい始める“気配”を感じることって、どうしてこんなにも楽しいのでしょう?

玄関先にはいつの間にか、ローズマリー、ヒメツルニチソウがブルーの花を咲かせている。
一日のんびりしたいところだけど、たっぷりと眠ったお昼前からせっせと掃除洗濯を始める。
空気が緩やかな葉山での週末は、鳥のさえずりに耳を傾けていれば、あっという間に陽が西の空を曖昧な色に染め始める。

美しさって、すべてが満たされていて、パーフェクトなものだけにあるのではなくて、平凡だと言われるような日常に潜み、くすくすと笑っているように思ったりする。

心地よく吹く風が葉を揺らせば、重なり合う音が耳をかすめる。
足元には細かくなった葉の影が、泡みたいにふくれたり消えたりしている。
ふとした瞬間に目が合う美しさには、人生をも変える力が存在している。

そして「美」とは?

無理をしない、そんな時間の中では、まわりの空気も和やかになる気がする。

心に隙間、ゆとり、余裕があって、慌てていなくて、笑顔があって、自分らしく生きていて、そしてきちんと満喫している。
そんな美しさは、まわりの人たちをも幸せにするのだなと思う、今日この頃……。

2015. April.23(Thu)

– THREE QUESTIONS –

Q1 人間としての「美しさ」は、どんなところに表れると思いますか?

A1 思いやり。相手の気を読みとり、人を思いやる心は、体温を上げるように思います。
心身共に健康であることは、人間として美しくあるために必要不可欠なこと。だから、柔軟性に通じる心の温かさや、余裕のある大らかさに、人の美しさを感じます。
そして、姿勢。姿勢の整った人は心も整っているように思います。
無意識に表れるちょっとした人の動作や仕草に、どきっとさせられることもありますね。

Q2 パーティーのときや大切な人に会う前日など、「美しい自分でありたい」オケージョンの際に、必ずとる行動や習慣は?

A2 前日の夜はなるべくしっかりと睡眠が取れるようにスケジューリングして、浮腫の存在や顔色が良くないなんてことのないように気を付けています(笑)。そして、全身たっぷりと保湿!
着ていく洋服については、お会いする人や場面の雰囲気を考えて、まずは色選びから。それから“スタイルがよく見えること!”をファーストプライオリティに、肌見せのバランスを考えながら、派手すぎず、地味になりすぎない、程よい華やかさのあるスタイルを考えます。
そして時には、スタイルを完成させる、“香り”をイメージに服を選んだりも。告白すると、あまり得意ではないパーティー……。モチベーションを上げるためにインビテーションを眺めながら、どんな香りが似合うかしら?なんて、いくつも並ぶガラスのボトルを手に取っていると、出掛けるのが楽しくなってくるのです。

Q3 お気に入りのTHREEアイテムは?

A3 1番好きなのはフット&レッグオイル! 脚のむくみに驚くほどの即効性があるから。
スキンケアでは、バランシングシリーズのローション。心身が浄化されるようなあの香りが大好きで、体にもパシャパシャつけています。心地いい化粧水をつける瞬間って、本当に至福ですよね。
普段はリップクリームすらつけないことが多いですが、地の唇の色をぐっと綺麗にみせてくれるリップジャムの02番は、最近いつもバッグに入れています。




風間 ゆみえさんのお気に入りアイテム一覧

・THREE バランシング ローション
・THREE フット&レッグ トリートメント オイル AC
・THREE シマリング リップジャム 02

<風間 ゆみえ KAZAMA YUMIE>

独自のファッションセンスで、ファッション誌はもとより、ブランドのディレクションまで活躍の場を広げ、人気タレントやモデルの熱い支持を集めるスタイリスト。そのセンスは、時にファッションの枠を越え、生き方、フィロソフィなど、生み出す世界観そのものが、年齢を問わず多くの女性を魅了してやまない。2010年、シノワズリーをブランドイメージとしたパールジュエリーブランド「Chang Mee」を立ち上げる。 著書に「LIKE A PRETTY WOMEN」(スタイライフ)。ガイドブックに「GLAMOROUS HAWAII WITH YUMIE KAZAMA」(講談社MOOK)。 「Chang Mee」オフィシャルサイトhttp://www.changmee.com / Instagram ID:yumie_kazama

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(1)

THREE Lovers

#193 尾崎 あいかさん(1)

#050_2 〈変化を感じる〉時代が求めるセルフケア。

Features

#050_2 〈変化を感じる〉...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.