• 「体の中からキレイを育む、ローフードの世界」
  • WEDNESDAY, 18th MARCH, 2015

CLOSE


features011_1_image_1

この春に旬の“ロースキン”をつくるのに重要なのは、何といっても素肌そのものの美しさ。日頃からの入念なスキンケアに加えて、バランスのとれた食生活も重要です。そこで今回は、同じく“生”がキーワードの“ローフード”に注目。日本のローフード普及の第一人者、伊藤芳子さんにローフードの魅力について伺います。

伊藤芳子(LIVING LIFE MARKETPLACE代表)
アメリカの大学を卒業後、NYへ。マクロビオティックレストランで働きながら、ベジタリアン文化やヨガと出合う。帰国後、ヨガインストラクターや英会話講師を経て、2008年に沖縄へ移住。ローフード&オーガニック食材の専門店「LIVING LIFE MARKETPLACE」をオープン。現在は沖縄を拠点に各地でローフード情報を発信している。

“生食”だから、食べ物本来がもつ酵素をまるごと摂取できる。

「ローフード(Raw Food)とは、生の食べ物のこと。47度以上の熱を加えないことで、加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取できるというメリットがあります。もともとは食養生として健康維持のために食べられていたローフードですが、1990年代にセレブが実践したことで、ダイエット法として世界中に広まりました。

ローフードが世界的人気になった理由のひとつは、ズバリ、体の変化がわかりやすいこと。代謝が促進され体の巡りがよくなることで、体がスッキリしたり、肌がキレイになったりと、目に見える嬉しい変化が現れるのです」(伊藤さん)

まずは一日一食をローフードに! 体が喜ぶローフード・レシピ。

そんな今すぐ実践したい美容と健康に効果的なローフードですが、いきなり3食すべてをローに変えるのは非現実的。まずは一日一食だけローフードにしてみては?

ローフードというと、サラダやジュースなどを思い浮かべがちですが、今では食いしん坊の胃袋をも満たす、パスタやピザ、さらにスウィーツまで、“グルメ”なローフード・メニューも。今回伊藤さんに教えてもらったのは、とっておきのローなスウィーツ。これなら甘い物を食べる罪悪感も薄れるかも!?

■ ストロベリーチョコレートファッジ

features011_1_image_1<材料(30~40個分)>

カカオパウダー 75g
カカオバター 110g
バージンココナッツオイル 60g
アガベシロップ 50~100g(お好みで)
バニラエクストラクト 3滴
ストロベリーエクストラクト 7滴
ピンクソルト ひとつまみ
フリーズドライストロベリー(トッピング用) 2個
ココナッツファイン(トッピング用) 大さじ2
(※フレイバーエクストラクトの分量はメディシンフラワー社製を使用した場合。)

<作り方>

① 小さ目のバットを用意する。ココナッツオイル(分量外)を塗り、クッキングシートを敷く。
② 湯煎で溶かしたココナッツオイルとカカオバターをボールに入れて混ぜ、アガベシロップを加える。そこにカカオパウダーを少しずつ入れながら、泡立て器でゆっくり混ぜる。
③ 残りの材料を入れて、さらによく混ぜる。用意しておいたバットに流し、10分程度冷蔵庫で冷やす。
④ フリーズドライストロベリーとココナッツファイン大さじ1を、ミルサーでパウダー状になるまでよく混ぜる。さらに大さじ1のココナッツファインを加え、少しだけミルサーで混ぜる。
⑤ ③の上に④をかけ、1時間以上冷やす。バットから取り出し、5~10分程度常温に戻してからカットしてできあがり。(夏季はすぐに溶けだすので注意。)

■ モカブラウニー キャラメルクリーム添え

features011_1_image_1【ブラウニー】<材料(12個分)>

生胡桃 130g
アーモンドフラワー 70g
ローカカオパウダー 40g
デーツ 50g
レーズン 50g
カカオペースト 大さじ3(湯銭で溶かす)
ルクマパウダー 小さじ2
チコリーコーヒーパウダー 大さじ2分の1
アガベシロップ 大さじ1
バニラエクストラクト 3滴
コーヒーエクストラクト 3滴

(※フレイバーエクストラクトの分量はメディシンフラワー社製を使用した場合。)
(※ブラウニーのみでいただく場合は、アガベシロップの量を多目に調整することをおすすめ。)

<作り方>

① 胡桃を1時間程度浸水させ、水を切っておく。
② 胡桃をフードプロセッサーにかけ、ある程度粒状になったら残りの材料を入れてさらに撹拌する。なめらかになりすぎないように注意。
③ 型に移し、ギュッギュッと押して固める。
④ 冷蔵庫で1時間以上冷やしたらできあがり。

【キャラメルクリーム】<材料>

マカダミアナッツ(1時間程度浸水) 2分の1カップ
松の実(30分程度浸水) 大さじ2
ピンクソルト 小さじ8分の1
レモン果汁 小さじ2分の1
バニラエクストラクト 3滴
アガベシロップ 200ml
(※フレイバーエクストラクトの分量はメディシンフラワー社製を使用した場合。)

<作り方>

① すべての材料をバイタミックス(ミニウェットコンテナを使うのがおすすめ)に入れて、なめらかになるまで撹拌してできあがり。

■ ストロベリー チアプディング

features011_1_image_1<材料(6個分)>

小さ目のカップ 6個
カシューナッツ 140g
水 250ml
ピンクソルト 小さじ1/8
イチゴ 8粒  
アガベシロップ 大さじ4~5
バニラエクストラクト 3滴
ストロベリーエクストラクト 4滴
チアシード カップ1/3~1/2
(※フレイバーエクストラクトの分量はメディシンフラワー社製を使用した場合。)

<作り方>

① チアシード以外の材料をブレンダーで滑らかになるまで撹拌する。
② 味を見て甘さが足りない場合は、アガベシロップ大さじ1を足して調整する。
③ カップ6個を広げて用意しておく。
④ ①をボウルに移して、チアシードを入れ、底からしっかりと混ぜる。
⑤ すぐに固まる前に、カップに移していく。周りについた汚れはキレイにふき取る。

※トッピングに、フリーズドライストロベリー(1個)をミルサーにかけたものやイチゴ(1〜2粒)を細かく切ったもの、またフリーズドライストロベリー(1個)とココナッツファイン(大さじ1)をミルサーにかけたものもおすすめ。

おいしくて、美肌にもつながるローフード・スウィーツ。ぜひお家で作ってみて下さい。
次回は美しいロースキンに映える、春のメイクアップをご紹介します。どうぞお楽しみに。

PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM

CLOSE

Archives > この春は、美肌を極めたロースキン!

#015_3「How to make ロースキン ―肌が主役の旬メイク―」

#015_3「How to make...

WEDNESDAY, 2015.03.25

CLOSE

#015_2「体の中からキレイを育む、ローフードの世界」

#015_2「体の中からキレイを育む...

WEDNESDAY, 2015.03.18

CLOSE

#015_1 「今、話題の“ロースキン”とは?」

#015_1 「今、話題の“ロースキ...

WEDNESDAY, 2015.03.11

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(1)

THREE Lovers

#193 尾崎 あいかさん(1)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.