FEATURES

「春色をまとって、『LET’S DANCE!』」

features011_1_image_1

新しい年になり、身も心も軽やかに一新! 最新トレンドのファッションに身を包んだら、メイクにもいつもと違う遊び心が欲しくなります。1月のFeaturesでは、今月7日に発売となったTHREEの2015年S/Sコレクション“LET’S DANCE”より、春の新色にフォーカス。

第1回目となる今回は、THREEメイクアップクリエイティブディレクターのRIE OMOTOが、コレクションに込めた想いについて語ります。

RIE OMOTO(THREE メイクアップ クリエイティブ ディレクター)
内面に秘められた人の魅力を、メイクアップで存分に表現するのがモットー。NYを拠点としながら、多くのコレクションに関わり、『ELLE』『VOGUE』『Numéro』などのグローバルモード誌でメイクを担当し、世界を舞台に活動。アート作品への関わりも多い。

日常が刻む音に、耳を澄ませて

features011_1_image_3

「ニューコレクション“LET’S DANCE”のベースにあるキーワードは、“音楽”です。私にとって音楽は、毎日の生活に欠かせない大切なもの。気持ちの切り替えを助けてくれたり、心にも大きく影響を及ぼします。

音楽だけではなく、生活の中には、たくさんの音があふれていますよね。たとえば、家でリラックスしているときに外から聞こえてくる鳥のさえずりや、包丁がまな板にあたったときのトントントンという優しい音……。そんな日常の何気ない音がきっかけでハッピーな気分になり、思わず歌を口ずさんだり、気がついたらリズムをとっていた、なんてことはありませんか?

このコレクションには、見ているだけでウキウキしてリズムをとりたくなるようなカラーとアイテムをそろえました。ポップな色から落ち着いたカラーまで、五感に働きかけるようなカラーラインナップは、まるでいろいろなジャンルの音楽のよう! 色と色を自由に組み合わせて、自分らしい“カラーセッション”を楽しんでほしいですね」

イメージしたのは、ポジティブなエネルギーにあふれた女性

「広告ヴィジュアルでは、好奇心を忘れず、エネルギーにあふれた、躍動感のある女性を表現しました。ロンドンに住んでいた90年代の頃、よくナイトクラブに踊りにいっていたのですが、そこでは世界的なDJが誕生したり、みんな忙しい中でも翌朝まで踊ったり……と、とにかく全てがエネルギッシュでした。

踊っているときって、嫌なことを全部忘れられる気がしませんか? 曲のビートに身を委ねることで、ある種のトランス状態になり、自分自身を解き放つことができる。迷ったり、傷ついたりしても、音楽を聞いてダンスをすれば、新しい自分に生まれ変われます。

撮影時も実際に、モデルのGuinevereに音楽に合わせて踊ってもらったんです。その結果、いい意味で力が抜けている、洗練された表情を捉えることができました」

日本人の瞳を美しく見せる、カラーアイライン

features011_1_image_3

<2015 S/S コレクション"LET'S DANCE">
「そんな躍動感のあるモデルの表情を彩るのは、春らしい色の数々。まず、新アイテムのクリームアイシャドウ「ブリージー シマー フォー アイズ 02 FLASHDANCE」をアイホール全体に塗ったあとに、「シマリング カラーヴェール 06 FALLEN ANGEL」を薄く重ねます。

そして、その上から「シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 07 FEEL YOUR BEET」で、目尻を“く”の字に囲む。アイラインを軽くぼかしてから、もう一回ラインを重ねるとキレイに仕上がりますよ。ロンドンのレンガのような深みのある赤のアイラインは、ブラックほど印象が強すぎず、今シーズンのファッションにもぴったりです」

注目の最新アイテム“リップジャム”は、2度塗りがお約束

「リップメイクに使用したのは、この春誕生した真新しいアイテム『シマリング リップジャム』。今までにない独特なテクスチャーと、時間が経ってもずっとつけたてのような発色は、他のどこにもないTHREEオリジナルです。

広告ヴィジュアルでは、ブライトレッドの“RED SHOE TWIST(08)”をチョイスしました。2度塗りがおすすめで、1度目は唇の輪郭を取りながら口紅のように色をのせたあと、軽くティッシュオフ。2度目は唇の中央にツヤを足していくイメージで、リップグロスのように塗るのがポイントです。そうすることで、鮮やかな発色が叶えられ、色持ちもぐんとよくなりますよ」

次回は、新感覚のリップアイテム「シマリング リップジャム」の開発背景と、一色一色に込められた思いについてRIE OMOTOが語ります。どうぞお楽しみに。

PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM