Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

日本人は世界に名だたるお風呂好き。
12月の冬至の日にゆず湯に入る習慣も、銭湯ができた江戸時代からあったそうです。

リラックスできて全身の血行を促してくれるお風呂の効果を、寒さ厳しい時季こそ活用しましょう。

入浴の効果は、温度・水圧・浮力がもたらす心理作用によって得られるもの。
中でもポイントはお湯の温度です。

これから仕事という朝は、42℃前後の熱めのお湯でさっと全身浴すると、交感神経が刺激されて目覚めの頭もシャッキリ。

就寝前なら、副交感神経が働く38℃前後のぬるめのお湯にゆっくりと。
みぞおち辺りまで浸かる半身浴で20分を目安に浸かると、リラックス度がアップして体が芯から温まり、肌の調子もいい感じに。

冷えも、肩コリもお風呂で解消。
おまけに免疫力がアップして風邪なども引きにくくなります。

THREE AOYAMAでは、今月フルボディ トリートメント&バスソルトが登場。
健康と美容を育むバスタイムのお供に、ぜひ仲間入りさせてみてください。

10416600_750718455021075_7529076416025262120_n

◇THREE フルボディ トリートメント&バスソルトはこちらから
→https://www.threecosmetics.com/brand/news/three-aoyama-limited-item-bath-room/

D3K7267_1

◇よむ美容「Features 美しさを育むバスタイム」はこちらから
→https://tree.threecosmetics.com/2014/12/features012-1/