THREE'S EYE

年末スペシャル2本立て

——————————————————
その1 「インフルエンザに勝った」
——————————————————

こんにちは。
「師走の忙しいときに限って」と例年思わされますが、今年もインフルエンザ、都内で流行っているらしいですね。

と、あたかも他人事のように語ってしまいましたが、実は4人家族の我が家でも、先日2人がA型を発症。
「次は私か……」とドキドキしていたここ数日でありました。

でもどこかで、自分は気力だけはあるから大丈夫だろう、とも高を括っていた私。
が、ここにきて、とうとうそんな私も人生初のインフルエンザを発症。

「それってもうインフルエンザに負けたってことですよね?」と思ったそこの後輩M子。
甘い。
話はまだ続くのだ。(あ、うつしていたらごめんね)

土曜日(発症前)、我が家のこのような状況を説明したあとも「泊まりで遊びにいくわ」という強者の友人と宴会をしていたところ、自分の顔が少し赤らんでくるのが分かりました。

アルコールなのか、インフルエンザウィルスのせいなのか、判断のたよりは体温計。
38度1分。
かつて、アルコールでここまで体温があがった記憶はない……。

夫「早く病院に行って薬もらってこい」
私「ここらへんの救急病院知らないし」
(友達夫婦 ネットで病院検索)
夫「俺は酒を飲んだから、タクシーで行ってこい」
私「え……じゃいってきます」

そして訪れた病院にて、インフルエンザ陽性と診断。
その場で薬を処方され、看護師さんの前で吸入。
そして帰宅。
さすがに宴会にはもどらず、22時には寝ました。

かつてのインフルエンサー(インフルエンザにかかった人の別名)2人が過ごした隔離部屋で寝ることになった私ですが、洗濯したてのシーツとベットカバーは寝心地最高。
熱もあがることなく翌朝は快調。
客人のために朝食を用意し、その翌日の帰省のために洗濯など家の片付けをすませ、現在22時(日曜日)。
体重、1グラムも減りませんでした(これは想定外)。

これは間違いなく「インフルエンザに勝った」といえるのでは!?
それもこれも、THREEの製品を通して日頃から「からだの免疫力」を高めていたから……なんていったら、怒られちゃうでしょうか。

*   *   *   *   *

——————————————————
その2 「お正月を迎えるにあたって」
——————————————————

年々昔ながらのおせち料理をつくる家庭が少なくなってきているようです。
おせち料理に色々な意味が込められているのは分かるのですが、「そんなに美味しいものでもない」、「ヘルシーなものでもない」と家族にもウケが
イマイチとなれば、たしかにつくる理由が見当たりませんよね。

……と開き直っているそこのあなたへ。
今年(来年?)からその気持ちは改めましょう。

そもそもお正月は、その年の年神さまをお迎えする大切な儀式。
年神さまは、その年に家族に幸せや健康をもたらしてくれる大切な神様です。
ということは、彼らをどうもてなすかで、その年の運勢が決まるといっても過言ではありません。
私はこの機会に、新しいおもてなし料理にチャレンジします!

おせちでなくても構いません。
たとえば、大掃除したきれいな部屋で、今年初めてのお客様(年神様)をきちんともてなしましょう。
一人で過ごすお正月も年神さまが来ていると思えば、エア宴会に。

と、相変わらずいつものノリで書ききってしまった今年最後のTHREE’S EYEですが、みなさん最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よい年をお迎えになり、そして2015年のTHREE、THREE TREE JOURNALを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

THREEを代表して
THREE PR T