• 「自分らしくいられるライフスタイルを提案」ーTHREE AOYAMA SHOPー
  • WEDNESDAY, 22nd OCTOBER, 2014

CLOSE


features010_2_image_1

THREEのフラッグシップショップTHREE AOYAMAの楽しみ方をお届けしている、10月のFeatures。スパ、ダイニングに続き最後の回を飾るのは、化粧品にとどまらない数々のアイテムを揃えるTHREE AOYAMAショップのご紹介です。THREEのスキンケアやメイクはもちろん、関東ではここでしか買えないTHREEのサプリ(インナービューティ)や、THREEの視点でセレクトされた雑貨や洋服、アクセサリーなどが並ぶ店内は、訪れる人の年齢や性別を問わない、“誰もがニュートラルになれる場所”。商品の販売だけでなく、さまざまな内容のワークショップも毎週行われています。

多種多様な商品やイベントを用意している理由は、「化粧品の枠を超えてライフスタイルを提案していきたいから」と、ショップマネージャーの小高さんは語ります。お客様にとって身近な存在でありながら、日々の生活にさまざまな新鮮味をお届けできる店でありたい――そんな思いが込められたこの店の魅力とは? ショップマネージャー小高さんに質問してみました。

Q、お店ではどんなスキンケアやメイクの体験ができますか?
features010_2_image_2
A、メイク落とし、洗顔、スキンケア、ベースメイク、ポイントメイクといった、一連の流れを全て体験できます。所要時間は20分ほど。「5分しか時間がない」というときでも、リップ・アイライナー・チークだけのポイントメイクのお直しなど、お客様のご都合に合わせたタッチアップサービスができますので、ぜひご相談ください。
店内には洗顔ができる大きなシンクやゆったり座っていただける椅子をご用意しているので、まるで自分の家にいるような感覚でステップを体験していただけると思います。スキンケアやメイクアップのワークショップも無料で開催しているので、毎月更新されるワークショップカレンダーをチェックしてみてください。

>ワークショップカレンダーはこちら

Q、普段メイクをしないので、何から相談していいのかわからないのですが……
features010_2_image_3
A、スタッフはみな聞き上手・話し上手なので、化粧品カウンセリングの体験がない方もお気軽にご相談ください! お客様の要望やライフスタイルに合わせて、負担なく心地よく楽しんでいただけるアイテムをご提案致します。もちろん、接客されずに自分のペースで商品を見たいというお客様は、セルフでお買い物を楽しんでいただくことができます。

Q、どんなワークショップが行われていますか?
features010_2_image_3
A、メイクやスキンケアのワークショップにはじまり、ヨガ、フラワーアレンジメント、月替わりの特別クラスでは、スムージー教室やアクセサリーづくりなど、バラエティ豊かに開催しています。お子様と一緒に参加できる回では、ママ同士の交流が生まれることもあったようです。
ワークショップの中で、緊張していたお客様の表情が次第に真剣さと自信に満ちた表情に変わっていく場面も多く、そんな瞬間を目にする私たちスタッフも刺激をいただいています。

Q、店内の印象を教えてください
features010_2_image_3
A、食器や花器、洋服、アクセサリー、タオル、帽子、手袋、サプリやドライフルーツまで、幅広い商品アイテムを揃えています。THREEの化粧品以外のアイテムもご紹介している理由は、「ライフスタイル提案型」がコンセプトだから。
たとえば、良質なクレンジングオイルを使っていても、顔をふくタオルの素材がよくないと肌に負担をかけてしまうことも。そこで、当店には素材の安全性と丁寧な織り方にこだわった心地のよいタオルをセレクトし、また一部コラボレーションしてご紹介しています。日常の中で何気なく使っているアイテムをひとつ見直してみることでも、生活に少し変化が生まれるきっかけになればと思います。

Q、THREE AOYAMAには「いい空気が流れている」?
features010_2_image_3
A、訪れるすべての方がリラックスできるよう、敷地内は「自然の呼吸」を感じとれる空間になっています。エントランスの木は「ティートリー」。特注の商品台は「化石さんご」からできたもので、これらはいずれも「浄化」の作用があると言われているため、THREEの洗浄系のアイテムにも貴重な原料として使用されています。そのためか、「ここにくると落ち着く」と言ってくださる方や、実際にリラックスが目的で来店してくださる方もいらっしゃいます。



<THREE AOYAMA ショップよりお客様にメッセージ>

ショップマネージャー 小高律子
「オープンから1年、ときどきお店のお客様へ声をかけると、『実は今、待ち合わせ中なんです』とお答えいただくことがあります。待ち合わせの場所にしていただけるということは、お客様にとって身近であり、居心地が良いお店なのかもしれない……そう思うと嬉しいです。お客様から『THREEに行くことはエンターテインメントな体験だな』と感じていただけるお店をこれからも目指していきますので、2年目もよろしくお願い致します」

THREE AOYAMA ショップホームページはこちら


全3回にわたってお届けしたTHREE AOAMAの魅力、いかがでしたか?
次回11月Featuresは「秋冬こそ大切にしたい『クレンジングの真実』」を特集します。どうぞお楽しみに。


PHOTOGRAPHY BY AHLUM KIM

CLOSE

Archives > THREE AOYAMAで見つける新しい私。

#010_3「自分らしくいられるライフスタイルを提案」ーTHREE AOYAMA SHOPー

#010_3「自分らしくいられるライ...

WEDNESDAY, 2014.10.22

CLOSE

#010_2「五感がよろこぶレシピを発見」ーREVIVE KITCHENー

#010_2「五感がよろこぶレシピを...

WEDNESDAY, 2014.10.15

CLOSE

#010_1「いのちのリズムを整える至福の時間」ーRHYTHM SPAー

#010_1「いのちのリズムを整える...

WEDNESDAY, 2014.10.08

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(2)

THREE Lovers

#194 尾崎 あいかさん(2)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.