• 「映画の中のファム・ファタール」ー魅惑的な女性たちー
  • WEDNESDAY, 17th SEPTEMBER, 2014

CLOSE


features006_1_image_1

映画はときとして、現実よりも現実に似ていると言われます。悲劇的な、あるいは喜劇的な人生の一瞬を、フィルムの中で輝かせる登場人物たち。切り取られたその一瞬は、見る者の心を惹きつけて離しません。そこには、人生の本質が垣間見られるからではないでしょうか。

そんな映画の中にたびたび登場するのが、「ファム・ファタール」と呼ばれる女性たち。この言葉から、あなたは何を感じるでしょうか。ファム・ファタールとは、「運命の女」を意味する言葉であり、同時に「悪女」を表す言葉でもあります。運命を狂わすほどの女なのか、運命を共にしてもいいと思うほどの女なのか。どちらにしても、ファム・ファタールは男にとって、生涯忘れられない印象を残す女であることに間違いはありません。


映画の中のファム・ファタールといえば?

たとえば、『L.Aコンフィデンシャル』(1997年)でキム・ベイシンガーが演じたリン。女優に顔を似せるために整形手術をした娼婦ですが、豊かな金髪を白いフードで少し隠した彼女の横顔は、どこか聖母マリアのようにも見えます。
features009_2_image_1Program Content & Photography ©1997 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. ©2008 Monarchy Enterprises S.a.r.l. and Regency Entertainment (USA), Inc. All rights reserved.
『L.A.コンフィデンシャル』DVD発売中 3,800円+税 発売元・販売元:(株)東北新社
『L.A.コンフィデンシャル ブルーレイ・エディション』Blu-ray発売中 4,700円+税 発売元・販売元:(株)東北新社


それから、『めまい』(1958年)のキム・ノヴァク。映画の中で「二度死ぬ」役を演じた彼女は、演出で監督とぶつかることがあるほど、主張の強い女優だったのだとか。くっきりとした曲線で描かれた眉毛が印象的で、白いコートと黒い手袋という特徴的な服装を着こなせたのにも、意志の強そうなこの眉毛にヒントがありそうです。
features006_1_image_1(C) 1958 Alfred.J. Hitchcock Productions, Inc. &Paramount Pictures Corporation. Renewed 1986 Universal City Studios Inc. All Rights Reserved.
『めまい』Blu-ray:1,886円+税 DVD:1,429円+税 発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント


それでは、映画の中のファム・ファタールに共通する表情とはどんなものなのでしょう?映画宣伝パブリシストの小倉聖子さんはこう話します。

「まず、口紅の色は真紅や濃い赤。煙草を吸う女性が描かれることが多いため、口元を強調するためのメイクなのかもしれません。そして眉は細め、アイラインは濃いめで、マスカラもしっかりと塗られています。髪にはパーマがかかっていることが多く、帽子をかぶる女性もよくみられます。彼女たちはいずれも、どこか影を持った女性たち。影があるからこそ、その存在感が際立つのでしょう」

映画の情緒を深める、ファム・ファタールの存在。彼女たちの表情の中には、私たちのメイクのヒントになるポイントも、たくさんありそうです。

ファム・ファタール風ポイントメイク

Eye Line

features006_1_image_1
・目力を強調させる囲みライン

引き込むような強い存在感を瞳に与える囲みライン。上のラインの目尻は、下のラインの延長線上に沿わせると、きれいに仕上がります。
features006_1_image_1
・洗練した印象を強めるシングルライン

切れ長なシェイプから、ミステリアスで洗練された印象を与えるシングルライン。目尻からこめかみに向かって、思い切って3mmほどラインを伸ばして。


features006_1_image_1
・グラマラスな印象を与えるアウトカーブ

リップラインが丸いカーブを描いた唇は、ぽってりとグラマラスな印象に。
features006_1_image_1
・秘め事を感じさせるストレートカーブ

リップラインがやや直線的な唇は、エレガントでしとやかな印象に。


この秋みなさんもぜひ、映画の中のファム・ファタールになったつもりでメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。次回、「五感を磨く映画」最終回もどうぞお楽しみに。


CLOSE

Archives > 映画で五感を磨く秋

#009_3「心を解きほぐす恋愛映画」

#009_3「心を解きほぐす恋愛映画...

WEDNESDAY, 2014.09.24

CLOSE

#009_2「映画の中のファム・ファタール」ー魅惑的な女性たちー

#009_2「映画の中のファム・ファ...

WEDNESDAY, 2014.09.17

CLOSE

#009_1「RIE OMOTOが選ぶフューチャリスティックシネマ」

#009_1「RIE OMOTOが選...

WEDNESDAY, 2014.09.10

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(2)

THREE Lovers

#194 尾崎 あいかさん(2)

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.