FEATURES

「さあ、ミューズを見つけよう」

features001_main_image

特集「目覚めよ、ミューズたち」の第2回目となる今回は、THREEファンの一般女性をモデルに迎えて、THREEがこの春に提案する「エシリアル メイク」(エシリアル=「信じられないほど美しい」)をご紹介します。THREE メイクアップ クリエイティブ ディレクター RIE OMOTOによるプロのテクニックを交えたコメントにご注目ください。

<モデル>田崎未来(たざきはるか)さん
ご自身もヘアメイクアップアーティストとしてご活躍されている、NY在住の女性。現在は、広告や雑誌などのヘアメイクを担当しているほか、コレクションのバックステージなども手がけています。普段はメイクアップを「する側」の田崎さんが、今回“オプティミスティック エシリアル”で、自分の中にどのようなミューズを見つけ出すのでしょうか。
<メイクアップ>RIE OMOTO(THREE メイクアップ クリエイティブ ディレクター)
内面に秘められた人の魅力を、メイクアップで存分に表現するのがモットー。NYを拠点としながら、多くのコレクションに関わり、『ELLE』『VOGUE』『Numéro』などのグローバルモード誌でメイクを担当するなど、世界を舞台に活動。アート作品への関わりも多い。愛犬と過ごす時間が最高のリラックスタイム。

濃い色→淡い色の順にオン。吸引力の高い目もとへ
ftrs001_2_2

THREEのアイメイクは、「濃い色」から使うことが特徴。このアイカラーパレットを使うときは、向かって左側の「コアカラー」をまず目の際へしっかりとのせてから、右側の「ラブカラー」をまぶた全体に広めに重ねます。
より目力を出したいときには、その上からもう一度「コアカラー」を、目の際にライン上に引いてください。
※「コアカラー」……目もとを凛と引き締めるアイカラー。
※「ラブカラー」……エアリーなニュアンスを含んだアイカラー。

RIE’S COMMENT

「ラブカラーを重ねることで、ぐっと増すニュアンスを楽しんで。まるで霧の中を歩いているような幻想的なイメージに仕上がります。今回のコレクションの淡くも印象的な色に合わせて、眉の色も薄めにするのがオススメ。自分の髪の色より少し明るい色味で、しっかりとしたシェイプに仕上げて」

THREE プレスド アイ カラー パレットデュオ 各3,990円(税込) 新色4色/全10色
今回のメイクでは、やわらかに香り立つようなローズピンクと、モード感たっぷりのブラックグレーを配した10番「DARK EYED ANGEL」を使用。クールでほどよくセクシーな印象の目もとに。

氷上を舞うスケーターのように、チークブラシを滑らせて
ftrs001_2_3

ミューズの洗練と清らかさをそのまま色にしたような新色は、まるで花を咲かせるように、表情にピュアな華やかさが宿ります。太目のチークブラシを使って、頬の笑ったときに高くなるポイントから目尻に向かって、大きく円を描くように色をのせて。

RIE’S COMMENT

「とても粒子が細かくて透明感にあふれたチークカラーなので、どんなに重ねづけをしてもナチュラルに仕上がります。ブラシを使うときは、手首ではなく肘を回すことを意識してみて。氷上を舞うフィギュアスケーターのように、くるくるとね」

THREE カラーヴェール フォー チークス 各3,150円(税込) 新色2色/全15色
田崎さんには、ヘルシーでナチュラルな印象の25番「DIVINE RADIANCE」を使用。

唇に直接オン。2色使いでさらに魅力的に
ftrs001_2_4

その発色とテクスチャーに、はじめてつけた多くの人が驚いてしまう新口紅。モード感満載の色彩がきれいに発色し、同時に透明感も叶えるので、唇の魅力を最大限に引き出すことができます。今回はヌーディーなカラーとビビッドなカラーの2色使いで、よりナチュラルかつ表情豊かに仕上げました。

ftrs001_2_5

RIE’S COMMENT

「今回は、まずヌーディーな色を唇全体に塗って、次にビビッドな色を唇の中央にだけ重ねて指でぼかし、さらにその上から再びヌーディーな色を唇全体に塗りました。ビビッドな色をヌーディーな色でサンドイッチするイメージです。塗るときはリップスティックを直接唇に当てて、唇の中央から両端に向かって滑らせます。そうすることで中央に色が濃くついて、より立体感のある唇に。最後に何もついていないリップブラシを使って、唇の輪郭やしわに色をなじませてあげると、さらにGOOD」

THREE ベルベットラスト リップスティック 各3,675円(税込) 新商品全8色(内、THREE AOYAMA限定2色)
ヌーディーな色には04番「MAGICAL MOMENTS」を、ビビッドな色には01番「CRIMSON MOON」をチョイス。大人らしさと無垢なキュートさが、バランスよく混じり合って。

来週はいよいよ、田崎さんが「自分の中のミューズ」と対面。RIE OMOTOのメイクアップによって、田崎さんはどんな魅力を目覚めさせたのでしょうか? 今回紹介しきれなかったメイクアップテクニックも併せてご紹介いたします。
次回、「目覚めよ、ミューズたち」最終回にもご期待ください!