THREE'S EYE

「美ハ細部ニ宿ル」

こんにちは、THREE PRです。

いよいよ大掃除の時期ですね。
普段はからだを内側から美しくするお話(をしているつもり)ですが、
今日は「家のキレイ」についてのこぼれ話にお付き合いくださいませ。

実は私、いわゆる「片付け」は苦手なタイプ。
でも、汚れているとどうしても気になってしまうのが「水まわり」。
だからたとえば、「急なお客様が!」というときも、
真っ先に掃除するのはトイレや洗面所なんです。

人の家に遊びに行っても、部屋が散らかっているのは全く気にならないのですが、
キッチンや洗面所の水垢などをみると、勝手ながら残念な気分に……。
もちろん、自分のことは完全に棚にあげて、なんですけど(笑)。

そういえば、この秋に通っていた歯医者さん。
腕は悪くなかったのですが、うがい台のそばに
歯形をとるときのピンク色のゴムが付着してしまっていて、
それもかなり気になりました。
先生を待っている間にこっそりと、爪でカリカリと削ってあげちゃいました(笑)。

日頃から見慣れていると、だんだんと清潔感を失っている事実に気づきにくいのは、
家もからだも、きっと同じですよね。

常日頃からあまりに神経質なメンテナンスをキープしようとすると
疲れてしまうけれど、たとえば年末など時の節目節目に、
「客観的なキレイの徹底」を目指してみるのも悪くないかもしれません。

私も、家の大掃除が終わったら、毛穴や爪先、毛先など、
最近あまり「ジッ!」と見ていなかった細部のケアをして、
気持ちの良い新年を迎えたいと思います。

みなさま、よいお年を!