A Sense of Scent

香りの視点 No.003「煙」

— 一説によると、火を使うことで生じる煙から、初めて人は香りを感じ得たと言われている —人が生きるために火を熾(おこ)し、そこで初めて香りを感じたということに興味を抱いた一井さん。
それまで、「香り」はあたかも人工的につくられたもののように思っていたけれど、
その起源のはじまりを辿ると、生活の中からごく自然に発した感覚だったことを知り、
新たな発見と同時に腑に落ちたのだそうです。
そうした一井さんの気づきに、なにを燃やしていたのだろうと、華雪さんの問いかけが続きました。香りの歴史のはじまりから着想を得たふたりが、「煙」をテーマにそれぞれの作品制作に臨みました。
ひとつのテーマから、それぞれがどのような表現に辿り着くのか。
どうぞお愉しみに。

senseofsent02_01

華雪「煙」
煤 , 墨
310mmx400mm

Kasetsu “Smoke” (Kemuri)
Soot , Ink
310mmx400mm

senseofsent01_01

一井りょう「煙」
4×5 フィルム :アナログ(手現像・手焼き)

Ryo Ichii “Smoke” (Kemuri)
4×5 film : analogue (developed by hand)

 

7月13日墨工房「紀州松煙」堀池雅夫氏の工房にて、私はカメラを構え、静かに煙を待ちました。火入れをし、一気に立ち昇る松煙を体全体に浴びる。神聖な儀式のような、煤(すす)作りの仕事を見守りながら…
そこは、まるで自然との戦場のようでもあった。写真「煤袋」一井りょう

 

senseofsent01_01

一井りょう「煙」
4×5 フィルム :アナログ(手現像・手焼き)

Ryo Ichii “Smoke” (Kemuri)
4×5 film : analogue (developed by hand)

 

華雪  煙歩いていたら、線香の匂いがした。
流れてきた先を辿ると、一軒の古い家の窓の隙間が目につく。
今どき見かけなくなった波ガラスの窓にカーテンは引かれていない。
近づいてこっそり覗いてみると、畳にタンスが一竿置かれただけの部屋には誰もいなかった。
線香の残り香がするということは、
そこにさっきまで誰かがいたということだ。
そして、線香をたくーーする機会はなくなって久しいことだと思った。「煙」の字は、かまどの煙が立ちこめて、煙抜きの窓から外に流れ出るかたち。
「かすみ、もや、きり」のようにすべて煙のような状態のものをいうと字典にはある。ときおり散歩の途中で立ち寄る目黒不動尊で、
本殿に上がる石段の途中にある香炉に、
誰かが供えていった線香が一束置かれ、煙を立てていた。ここで線香を供えたひとはなにを思っていたのだろう。
石段に腰を下ろし、しばらく煙を見つめていた。
急に強い風が吹き、線香は倒れ、灰が舞い上がった。
煙と灰がいっしょになって、辺りがすこし白く煙る。

ついこの間も線香の香りに出会ったばかりだと思ったとき、
近くの空で雷が轟きはじめた。
立ち上がって歩き出そうとすると、一瞬、線香の香りに包まれる。
ぽつぽつと降り出した雨にまぎれ、その香りは消えてしまった。

それから数日経って、お香屋さんを訪ねた。
「煙自体に香りがあるわけではないんです」
お店のひとは、そう言うと、記憶を探るような顔つきになり、
「でも煙といえば」とこんな話をしてくれた。
「仏教では香の香りを嗅ぐことが経典を聞くことと同じとされて、
そこから“香りを聞く”ということばがうまれたそうです。
そして、そこに立ちのぼる煙は供物のひとつとされているようで」

話を聞きながら、
不動尊の境内で線香の煙のゆくえを追って、空を見上げたことを思い出す。
煙は追いかける間もなく消えた。

家に帰って、線香をたいてみた。
その一本が燃え尽きる十分ほどの時間、立ち上っては消えていく煙を見ていた。

思いをこめた煙や香りも、やがて消える。
けれど消えてしまうから、次に線香をたくとき、
煙や香りと同じ目に見えない思いのありかを、
また確かめようとするのかもしれない。

香りが残る中、その線香の煤で「煙」と書いた。

香りの視点 No.003「煙」
終わり

 

senseofsent02_01

華雪「煙」
煤 , 墨
310mmx400mm

Kasetsu “Smoke” (Kemuri)
Soot , Ink
310mmx400mm