• 香りの視点 No.003「煙」
  • MONDAY, 26th AUGUST, 2013 Kasetsu, Ryo Ichii

CLOSE


— 一説によると、火を使うことで生じる煙から、初めて人は香りを感じ得たと言われている —人が生きるために火を熾(おこ)し、そこで初めて香りを感じたということに興味を抱いた一井さん。
それまで、「香り」はあたかも人工的につくられたもののように思っていたけれど、
その起源のはじまりを辿ると、生活の中からごく自然に発した感覚だったことを知り、
新たな発見と同時に腑に落ちたのだそうです。
そうした一井さんの気づきに、なにを燃やしていたのだろうと、華雪さんの問いかけが続きました。香りの歴史のはじまりから着想を得たふたりが、「煙」をテーマにそれぞれの作品制作に臨みました。
ひとつのテーマから、それぞれがどのような表現に辿り着くのか。
どうぞお愉しみに。

senseofsent02_01

華雪「煙」
煤 , 墨
310mmx400mm

Kasetsu “Smoke” (Kemuri)
Soot , Ink
310mmx400mm

senseofsent01_01

一井りょう「煙」
4×5 フィルム :アナログ(手現像・手焼き)

Ryo Ichii “Smoke” (Kemuri)
4×5 film : analogue (developed by hand)

 

7月13日墨工房「紀州松煙」堀池雅夫氏の工房にて、私はカメラを構え、静かに煙を待ちました。火入れをし、一気に立ち昇る松煙を体全体に浴びる。神聖な儀式のような、煤(すす)作りの仕事を見守りながら…
そこは、まるで自然との戦場のようでもあった。写真「煤袋」一井りょう

 

senseofsent01_01

一井りょう「煙」
4×5 フィルム :アナログ(手現像・手焼き)

Ryo Ichii “Smoke” (Kemuri)
4×5 film : analogue (developed by hand)

 

華雪  煙歩いていたら、線香の匂いがした。
流れてきた先を辿ると、一軒の古い家の窓の隙間が目につく。
今どき見かけなくなった波ガラスの窓にカーテンは引かれていない。
近づいてこっそり覗いてみると、畳にタンスが一竿置かれただけの部屋には誰もいなかった。
線香の残り香がするということは、
そこにさっきまで誰かがいたということだ。
そして、線香をたくーーする機会はなくなって久しいことだと思った。「煙」の字は、かまどの煙が立ちこめて、煙抜きの窓から外に流れ出るかたち。
「かすみ、もや、きり」のようにすべて煙のような状態のものをいうと字典にはある。ときおり散歩の途中で立ち寄る目黒不動尊で、
本殿に上がる石段の途中にある香炉に、
誰かが供えていった線香が一束置かれ、煙を立てていた。ここで線香を供えたひとはなにを思っていたのだろう。
石段に腰を下ろし、しばらく煙を見つめていた。
急に強い風が吹き、線香は倒れ、灰が舞い上がった。
煙と灰がいっしょになって、辺りがすこし白く煙る。

ついこの間も線香の香りに出会ったばかりだと思ったとき、
近くの空で雷が轟きはじめた。
立ち上がって歩き出そうとすると、一瞬、線香の香りに包まれる。
ぽつぽつと降り出した雨にまぎれ、その香りは消えてしまった。

それから数日経って、お香屋さんを訪ねた。
「煙自体に香りがあるわけではないんです」
お店のひとは、そう言うと、記憶を探るような顔つきになり、
「でも煙といえば」とこんな話をしてくれた。
「仏教では香の香りを嗅ぐことが経典を聞くことと同じとされて、
そこから“香りを聞く”ということばがうまれたそうです。
そして、そこに立ちのぼる煙は供物のひとつとされているようで」

話を聞きながら、
不動尊の境内で線香の煙のゆくえを追って、空を見上げたことを思い出す。
煙は追いかける間もなく消えた。

家に帰って、線香をたいてみた。
その一本が燃え尽きる十分ほどの時間、立ち上っては消えていく煙を見ていた。

思いをこめた煙や香りも、やがて消える。
けれど消えてしまうから、次に線香をたくとき、
煙や香りと同じ目に見えない思いのありかを、
また確かめようとするのかもしれない。

香りが残る中、その線香の煤で「煙」と書いた。

香りの視点 No.003「煙」
終わり

 

senseofsent02_01

華雪「煙」
煤 , 墨
310mmx400mm

Kasetsu “Smoke” (Kemuri)
Soot , Ink
310mmx400mm

 

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(2)

THREE Lovers

#194 尾崎 あいかさん(2)

#050_3 〈変化を起こす〉THREEラインの使い方【MOVIE解説】

Features

#050_3 〈変化を起こす〉...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.