• 忘れられた風景
  • MONDAY, 1st APRIL, 2013 by Yuki Hoshino

CLOSE



「風景」とは、人の「視点」があってはじめて成立するものです。
日常のなかではあまりにも見慣れているために、見えていないもの。
それでも人は日々の暮らしのなかで、とある「景色」を前にふと立ち止まります。
そのとき、「景色」が「風景」となって立ち上がります。
日常から非日常へのちょっとしたスライド。
この映像は、そのような「風景の誕生」を捉える試みです。
どうかごゆっくりと、できれば何度でもお愉しみください。

星野有樹(映画作家)

  • No.001
  • “Landscapes” exist because people have “sight”.
  • MONDAY, 1st APRIL, 2013 by Yuki Hoshino

In our daily lives, these aren’t visible because we are accustomed to seeing them.
Even so people pause before this “scenery” in their day-to-day lives.
Then the “scenery” rises up as “landscape”.
It slides a bit from ordinary to extraordinary.
These images are an attempt to capture such “births of landscapes”.
Please take your time and enjoy watching these as many times as you like.

Yuki Hoshino (Movie Director)

 

参加クリエイター
長沢 哲

長沢 哲(打楽器奏者、即興演奏家、作曲家)http://www7a.biglobe.ne.jp/~tetsu-ngsw/

打楽器奏者・即興演奏家・作曲家。5歳でピアノ、15歳でドラムを始める。ロック・ジャズなどのバンドで活動する傍ら、クラシック・パーカッションを学ぶ。即興演奏を中心としたユニットを展開し、作曲活動も行う。2003年『長沢哲 小沢あき Duo Ensemble』、2005年『長沢哲 Solo Improvisation Live「凪に眠る 波に遊ぶ vol.7」』を発表。現在は月例イベント『Fragments』を主催。

Tetsu Nagasawa

Percussionist, improvisator, composer. He stated playing the piano at 5 and the drums at 15. He is studying classical percussion while working in rock and jazz bands. He develops an improvisation unit and works as a composer. Hee presented “Tetsu Nagasawa and Aki Ozawa Duo Ensemble” in 2003 and “Tetsu Nagasawa Solo Improvisation Live ‘Nagi Ni Nemuru Nami Ni Asobu vol. 7’” in 2005. He is currently staging the monthly event “Fragments”.

小沢あき

小沢あき(ギタリスト、作曲家)http://www.k4.dion.ne.jp/~akizaci/

多種多彩なアーティストのライブ、レコーディングに参加。フラメンコギター、7弦フルアコースティックギターを操り、演劇やサイレント映画の伴奏、楽曲提供など活動は多岐に渡る。様々なフィールドで活躍するボーカリストのサポートを務め、西川郷子(上々颱風)のソロアルバム『郷音~hibiki~』ではプロデュースを担当。2013年3月リーダーバンド『BYFAL』の新譜 『福の神の旅』をリリース。

Aki Ozawa

Guitarist, composer. She participates in the recordings and live shows of many artists. She plays the Flamenco guitar and a 7-stringed guitar, and her activities cover a wide variety of works such as accompaniments and compositions for silent movies and plays. She works as the support for vocalists in many fields and was the producer of Satoko Nishikawa (Shang Shang Typhoon)’s solo album “ 郷音 ~hibiki~”. In March 2013, She released lead band “BYFAL”’s new release “Fuku No Kami No Tabi”

CLOSE

Latest Topics
尾崎 あいかさん(1)

THREE Lovers

#193 尾崎 あいかさん(1)

#050_2 〈変化を感じる〉時代が求めるセルフケア。

Features

#050_2 〈変化を感じる〉...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.