#181_Catherine Lealandさん(1)英語教師

2017.Nov.17
Catherine Lealandさん(1)

「頭のノートに描いたアイディアを、
いつか形にしたい」

Catherine Lealand

撮影当日は大雨だったにも関わらず、大きな荷物を持ってにこにこの笑顔で現れたキャス。バッグの中には彼女のお気に入りグッズがたくさん。その日は久しぶりのオフだったそうで、やりたいこともたくさん。「忙しくしていると小さなことを心配する時間もなくて、自分らしく自然な美しさが表れると思います」と、ユニークな持論を展開。日本のアートが好きで、将来は仕事でも関わっていきたいそう。

Makeup for Her

くるくるの髪の毛にふちどられた、ふわふわの肌。綿菓子のような質感の表情に、アイグロスとホイップチークを薄く重ねて、細やかなきらめきを散りばめました。上下に花開いたまつ毛には、赤みのニュアンスを含んだマスカラを塗ってさらに印象深く。

Her Favorites

気になったものを集めているスクラップノート。5個も持っているたまごっち。90年代の若者のリアルな暮らしが詰まった文庫本を読みながら、引っ越したばかりの畳の家のインテリアを考えているのだとか。

Hint for the Expression

ライラックカラーのアイグロス(阪急うめだ本店限定)と、ロージーピンクのエピック ミニ ダッシュ(同店限定)でクールな甘みをまとったやわらかな表情は、さながら冬の妖精。透明感のある綺麗な色味をたっぷり楽しむために、アイグロスは上まぶたに広めに、さらに下まぶたにもつけています。唇にも、頬に使ったエピック ミニ ダッシュを指先でなじませて。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ シマリング グロー デュオ 01
■ ウイスパーグロスフォーアイ H01 (OH-SWING) 【阪急うめだ本店限定色(数量限定)】
■ エピック ミニ ダッシュ H01 (OLS-STEP) 【阪急うめだ本店限定色(数量限定)】
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 (DREAM VISION)
■ ウイスパーグロスフォーアイ H01 (OH-SWING) 【阪急うめだ本店限定色(数量限定)】
■ シマリング リップジャム 12 (INFANT KISS)

#180_八木 秋香さん(2)会社員

2017.Nov.10
八木 秋香さん(2)

Today’s Makeup

しなやかな陰影に差し込む光

しなやかなブラックを繊細に重ねて、エレガントなスモーキーアイズに。目頭のハイライトカラーに集まる光が、瞳と表情全体に生命感と透明感を与えます。
目もとの存在感に合わせて、肌はすべらかなセミマットの仕上がりに。薄づきのファンデーションと凹凸感を隠すルースパウダーのコンビネーションで、頑張りすぎた印象のない、上質な大人肌をまとって。

Change the Impression

シマーなベージュリップを、マットで鮮やかなルビーに変えて、表情の艶やかさをさらにアップ。目もと・口もと、共に存在感をしっかりと示すメイクは、洋服の質感やインパクトにボリューム感が増すこれからの季節こそ、ぜひ挑戦してみたいフルメイク。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー 02 (トランスルーセント)
■ フローレスエシリアル フルイド ファンデーション 202
■ アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー (トランスルーセント 01)
■ アイディメンショナルクアッドパレット 01 (IN HER EYES)
■ シマリングカラーヴェール ステートメント 01、10、15
■ メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 10 (JL:FLOWERS OF ROMANCE)
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 02 (EYES WIDE OPEN)
■ チーキーシークブラッシュ 07 (MAGICAL THINKING)
■ シマリング リップジャム 23 (SENTIMENTAL LADY)

#179_八木 秋香さん(1)会社員

2017.Nov.03
八木 秋香さん(1)

“甘く、柔く、少し凛々しく”

八木 秋香

アパレル業界で長く働いていた秋香さんは、きっとかなりの服持ち。かわいいアイテムからボーイッシュなアイテムまでさまざまな私物を組み合わせて、「女性らしくなりすぎない」自分らしいスタイルで撮影に臨んでくれました。「自分でメイクをするときは、どこまでやっていいのか分からないし照れ臭さもあって、日ごろは薄メイクなんです。だから今日の写真を見たら、家族や友人もよろこんでくれそう!」

Makeup for Her

ふんわりとしたピンクトーンのメイクには、濃さも太さもしっかり、直線気味のアイブロウを合わせて甘さを調節。聡明さを放つ瞳を、根元から上下に花開いたまつ毛が一層生き生きと印象づけます。

Focus on Her Nails

指先は、コーディネートのアクセント。スキントーンからポップな色まで、カラフルな色遊びを楽しんで。

Hint for the Expression

透明感を引き出すプライマーと、エマルジョンのようになめらかに肌と馴染むファンデーションを使って、思わず触れたくなるようなやわらかな肌印象に。ファンデーションブラシを使用して塗布することで、肌の一番上の層にふわっと空気を含んだような、一段と軽やかな印象に。チークはやや高めの位置に淡く広めに入れて、愛らしい印象を高めています。
ファンデーションブラシの詳しい使い方はこちらから。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー 02 (トランスルーセント)
■ フローレスエシリアル フルイド ファンデーション 202
■ アイディメンショナルクアッドパレット 02 (CRAZY ABOUT HER)
■ シマリングカラーヴェール ステートメント 03 (SHE TALKS TO ANGELS)
■ メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 07 (JM:LIGHT MY FIRE)
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 (DREAM VISION)
■ チーキーシークブラッシュ 09 (SOUND SO SWEET)
■ アンプリファイドスペクトラムリップクレヨン 01 (STILL IN LOVE)【限定】
■ シマリング リップジャム 21 (SISTER SERENE)
■ ネイルポリッシュ 65、66、67、69

THREE LOVERS ARCHIVE

2017
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2016
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2015
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2014
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
^ back
^ hide
Latest Topics
#047_1 冬の肌を美しくする5 Tips

Features

#047_1 冬の肌を美しくす...

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

BBQ at RIE’s! ―8月のブルックリン part 2―

THREE's Eye

BBQ at RIE's! ―...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.