#170_Alex Thomasさん(2)ビデオ&フォトグラファー

2017.Aug.25
Alex Thomasさん(2)

Today’s Makeup

ピュアなストロングネス

ダークなアイカラーでぐるりと上下のまぶたを囲んで、強い瞳に一層の迫力を。ルースタイプのアイカラーは、SSサイズのアイカラーブラシを使えば、ライン 状にも引けて便利。ナチュラルなハーフマットスキンとピュアなヌードリップで、抜け感を出して。

Add More Makeup

リキッドとパウダーで質感にまで深みを

カーキのフルイドアイライナーを上まぶたには細く、下まぶたには太くON。さらに、ブラウンのアイカラーを眉と接する部分まで広く入れて、アイホールの陰影感をマックスに。ルースタイプのアイカラーは一度にたっぷりつけようとせずに、少しずつブラシでやさしく重ねていくと、ダークでも透明感のある仕上がりになります。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー 04 (EYES OF NATURE)【限定】
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 (DREAM VISION)
■ アイディメンショナルクアッドパレット 03 (IN HER SWEET WAY)
■ シマリングカラーヴェール ステートメント 16 (FREE LOVE)【限定】
■ シマリングカラーヴェール ステートメント 18 (WEAR YOUR LOVE)
■ シマリングカラーヴェール ステートメント 19 (POWER OF LOVE)
■ リップコンシャス プロテクター

#169_Alex Thomasさん(1)ビデオ&フォトグラファー

2017.Aug.18
Alex Thomasさん(1)

「銭湯もバブル時代も。
日本のすべてが好き。」

Alex Thomas

シアトル出身のAlex。4年前から日本をベースに、アジアの各国にも滞在してきました。「やりたいことが3つあって、ダンスの振り付けと、絵を描くことと、ムービーを撮ること。自分が何をしたいか分かったから、昔と違って今はもう悩んだりしない」という彼女の強さと明るさ、そして大胆な大らかさに癒されました。

Her Style

内側にいる“女の子”

Alexの眩しい印象を象徴している、グリーンの瞳と、ブロンドにブリーチした髪。「今はちょっと伸びてるけど、髪型は2年前からずっとbouzu。私は外見は男みたいだけど、中身はすごくロマンティックでガーリーなの、本当に本当に(笑)」

Her Favorite

「私のスペシャルカメラ」

デジタルカメラも使うけれど、プライベートではフィルムカメラを愛用。ちょっとした隙に撮影。自身のサイトで発売している写真は利益の一部をチャリティに寄せています。

Accent for Her Natural Face

長くて多いまつ毛の印象を強めすぎないように、マスカラはごく軽く。ブラッククリムゾンのニュアンスカラーが、美しい瞳の色を一層明るく引き立てます。指先には快活なイエローローズの色を咲かせて。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 (DREAM VISION)
■ シマリング グロー デュオ 02
■ リップコンシャス プロテクター
■ ネイルポリッシュ 67 (MODERN LOVE)

#168_朝菜さん(2)美容師

2017.Aug.11
朝菜さん(2)

Today’s Makeup

眉とリップで意志を描いて

髪をくるりと包んだのは、朝菜さんが古着屋で見つけたというスカーフ。布のインパクトで顔の印象が逆にぼやけてしまわないように、濃く太めに描いた眉と濃密な発色のリップで、力強いポイントをつくりました。「くっきりしたリップラインと顔のシェーディングで、いつもより大人っぽくなれた気がします」と朝菜さん。

Hint for the Expression

表情に“らしさ”を残すカラーバランス

思い通りの輪郭をするすると描けるリップクレヨンで、美しい輪郭となめらかな質感、そして目が醒めるような鮮やかなカラーを唇に。意志ある表情の中でも“一点もの級”の印象を放つ唇とケンカをしないように、アイラインは肌なじみのよいライトカラーをセレクトしました。少しコクがあるリッチなテクスチャーのフルイドアイライナーで、上まぶたには太めに、下まぶたには細めに、やさしいラインを描いて。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー 05 (SOUL LOVE)【限定】
■ アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 (DREAM VISION)
■ シマリングカラーヴェール ステートメント 17 (LOVE MY WAY)
■ アンプリファイドスペクトラムリップクレヨン 02 (FULL OF LOVE) 【限定】
■ シマリング グロー デュオ 02
■ コントラスト デュオ 02

#167_朝菜さん(1)美容師

2017.Aug.04
朝菜さん(1)

きりり眉で、のびのびと。

朝菜

サロンへの出勤前に、撮影に来てくれた朝菜さん。普段はサロンモデルをスカウトして、メイクをする側。「1日の中で好きな時間は、やっぱりお客さんと笑いあっているときです」と、ひょんなことから進んだ美容師の道(高校の憧れの先輩が選んだ進路だったそう)を邁進しています。
5年後の自分はどうなっていると思う?と質問したら、「何が正しいとか誰がどう思うとかではなくて、自分が大切にしたいものを信じて、選んで、納得できる日々を送っていたいです」と答えてくれました。

Charm point

穏やかな印象を与える可愛いそばかす

「プライマーを塗った後、シマリング グロー デュオをパパっとつけて、アイラインをちょっと引いて、マスカラをサッとつけて……。なんでも“ちょっとずつ”、なんです」と笑う朝菜さん。ツヤと血色のある肌に、元気印のそばかすがヘルシーで魅力的。シマリング グロー デュオは、ハイライトカラーを唇の山の上にもつけて。

Her Style

様々な方向へ散らばるピンクの毛先が、ほがらかで自由な印象のただよう朝菜さんにお似合い。ピアスは大ぶりなものやインパクトのあるものがお気に入り。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー 01 (グロー)
■ アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー(カラーレス 01)
■ シマリング グロー デュオ 02
■ リップコンシャス プロテクター

THREE LOVERS ARCHIVE

2017
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2016
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2015
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2014
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
^ back
^ hide
Latest Topics
#047_3 冬こそ、美髪のための頭皮ケア。

Features

#047_3 冬こそ、美髪のた...

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

BBQ at RIE’s! ―8月のブルックリン part 2―

THREE's Eye

BBQ at RIE's! ―...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.