#108_内山 歩さん(2)ショップスタッフ

2016.Apr.22
内山 歩さん(2)

■ Theme of the Makeup

「エレガントな生命感メイク」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、世界一周。

2、大切な人の幸せ。

3、肩こりのない生活。

— THREEへメッセージをお願いします!

撮影中にお会いしたスタッフの皆さんは素敵な方ばかり。ブランドに関わる方々の人間性がTHREEのナチュラルな魅力に反映されているからこそ、THREEが世界中の人々に愛されているのだと思いました。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

ほんのり小麦色の肌に瑞々しいリップの組み合わせで、カジュアルだけど女性らしいメイク。いつもとは違う、新しい自分を感じることができました。

■ Focus on the Feature


実際の肌より少し濃い色のファンデーションを使うことで、日に焼けたようなヘルシーな印象に。生き生きとした明るい表情をより引きだしているのは、3色のアイライン使い。
まずはビューラーでしっかりとまつ毛を上げてから、漆黒のブラックアイライナーでまつ毛のあいだを埋めていきます。このときまつ毛が上がっていないと、せっかく描いたラインが見えなくなってしまうので注意。続いて上まぶたにピンクパールが華やかなカーキのアイラインを重ねて。下まぶたのつけ根にはセンシュアルなシアーピンクのラインを使って、瞳をきれいに見せています。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ 4Dプラスアイパレット 01 (CLOSE TO YOUR HEART)
■ シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 01 (BLACK CELEBRATION)
■ フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 01 (EYE LOVE)
■ フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 07 (EYE DOLL)
■ チーキーシークブラッシュ 08 (ETERNAL TRAVELLER)
■ リファインドコントロール リップペンシル 04 (INTO THE FRESH)
■ シマリング リップジャム 08 (RED SHOE TWIST)

#107_内山 歩さん(1)ショップスタッフ

2016.Apr.15
内山 歩さん(1)

■ Theme of the Makeup

「シーンを選ばないフェアーメイク」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— 日々の中で大切にしている習慣を教えてください。

大切な人たちとコミュニケーションをとること。

— お気に入りのTHREEアイテムは?

「ネイルポリッシュ」絶妙なニュアンスカラーが魅力的で、“こんなカラー欲しい!”が揃っています。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

柔らかさの中に女性の強さを感じる、そんなメイクでした。落ち着いたカラーセレクトで、自然といつもより大人らしい佇まいになれた気がします。

■ Focus on the Feature


シャープなアイラインと表情になじむ自然な色合いのポイントメイクで、すっとした洗練と親しみのある柔らかさを表現。今回のモデルのように瞳の色が黒い方の場合、黒いアイラインも強い印象になり過ぎず大人っぽく仕上がります。
目のフレームを際立たせているもう一つのポイントが、下まつ毛。まつ毛の中間や毛先だけでなく根元にもしっかり塗るためには、塗り始めが肝心。マスカラブラシを横に寝かせて持ち、ブラシのカーブと下まぶたのカーブを合わせるようにして、まつ毛の生え際から毛先に向かってブラシを滑らせましょう。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ サブトーンディファイニング アイペンシル 03 (10:30 TAKING OFF)
■ シマリング カラーヴェール 04 (FUN TO FUNKY)
■ シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 01 (BLACK CELEBRATION)
■ チーキーシークブラッシュ 02 (SWEET REVOLUTION)
■ リファインドコントロール リップペンシル 01 (SWEETEST PERFECTION)
■ ベルベットラスト リップスティック 08 (INNER JOURNEY *THREE AOYAMA限定色)

#106_久保田 沙耶さん(2)現代芸術家

2016.Apr.08
久保田 沙耶さん(2)

■ Theme of the Makeup

「色かたち際立つオリエンタルメイク」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、旅に出たい。

2、心地よい書斎アトリエが欲しい。

3、宝物のような作品をつくりたい。

— THREEへメッセージをお願いします!

THREEを使えば使うほど、香りや質感のきめ細やかさに、五感が研ぎ澄まされていくようです。これからもずっとTHREEはひとつのささやかな自然のように佇んでいて欲しいです。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

唇や目に濃いアウトラインが引かれるたび、自分でも知らなかったたくさんの輪郭たちが現れてびっくり。まるで自分の顔がキャンバスになったかのようでした。カタチを楽しむメイクによって、髪やお洋服や体、アクセサリーさえも、ひとつひとつがバラバラな新しいカタチに見えていき、“お洒落する”の感覚すら変わってしまいそうなメイクでした。

■ Focus on the Feature


30~40年代を思わせる、目もと口もとに深みを持たせたオリエンタルメイク。濃くなり過ぎないように、チークは淡い血色感にとどめます。
存在感のあるリップメイクには、リップスティックの直塗りがおすすめ。リップスティックの先端のカーブを唇の山のカーブに合わせて中央から外側へ塗っていき、口角のみブラシでつけるときれいに仕上がります。
アイラインは目尻の端まで引いてから、角度をつけずに横にスッと伸ばすイメージ。跳ね上げずに、落ち着きのある洗練された目もとに。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ サブトーンディファイニング アイペンシル 02 (THOUSAND HOURS)
■ シマリング カラーヴェール 35 (SHADOWLAND)、38 (333 DREAMERS)
■ シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 01 (BLACK CELEBRATION)
■ チーキーシークブラッシュ 08 (ETERNAL TRAVELLER)
■ ベルベットラスト リップスティック 01 (CRIMSON MOON)
■ シマリング リップジャム 11 (CRANBERRY CRUNCH)

#105_久保田 沙耶さん(1)現代芸術家

2016.Apr.01
久保田 沙耶さん(1)

■ Theme of the Makeup

「まぶたに瞬く小さな星」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— 日々の中で大切にしている習慣を教えてください。

日記とドローイングをかくこと。

— お気に入りのTHREEアイテムは?

「シマリング グロー デュオ」ツヤっと肌に馴染んで、まるで血の巡りが良くなったかのようにじわじわと頰が紅くなる。肌の上にお化粧しているのに、なぜか身体の奧の奧から元気になってしまうような魔法のコンパクトです。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

春の色が凝縮されたきらめきが目もと口もとにしっとり馴染んで、ぱちぱち瞬きしたり、唇をぱくぱく動かしたり……とにかく動くのが楽しくなる、スパークリングでミルキーなメイクでした。

■ Focus on the Feature


「キラキラと繊細な光を瞬かせるまぶたは、アイグロスの上に重ねたカラーヴェール(ルースタイプのアイカラー)がポイント。
アイグロスをまぶたに馴染ませた後、カラーヴェールをブラシにほんの少しだけ取り、さらにティッシュの上で余分な粉を落としてから、サッとまぶたにON。まるで小さな星が点滅するように生き生きとまたたくパールの質感を、春の日差しの中で愉しんで。
光の粒の存在感が引き立つクリアシルバーのカラーヴェールは、どんなアイメイクのアクセントとしても活躍する便利な一色です。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
■ ウイスパーグロスフォーアイ 01 (WANDERLUST LOVE)
■ シマリング カラーヴェール 18 (STARDUST)
■ フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 06 (EYE KON)
■ チーキーシークブラッシュ 01 (MINDFULNESS)
■ リファインドコントロール リップペンシル 04 (INTO THE FRESH)
■ シマリング リップジャム 20 (PRETTY PILGRIM)

THREE LOVERS ARCHIVE

2018
JANUARY
^ back
^ hide
2017
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2016
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2015
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2014
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
^ back
^ hide
Latest Topics
#049_2 〈MOVIE解説〉ローマットな質感で、花咲くような唇へ。

Features

#049_2 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.