#104_滝川 裕香さん(2)会社員

2016.Mar.25
滝川 裕香さん(2)

■ Theme of the Makeup

「日差しを浴びたプレザントメイク」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、フランス語が話せるようになりますように。

2、はじめたばかりのバレエがめきめき上達しますように。

3、まわりの皆が健康で笑って暮らせますように。

— THREEへメッセージをお願いします!

柔らか、優美、そしてオーガニック。まさに大和撫子のようなTHREEに、ずっと恋しています!

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

私にとって未知の体験ともいえるほど、エッジーで新鮮な色使いでした。元の顔は童顔なのですが、一歩“大人の女性”に近づけた気分。海から上がったばかりの人魚のようなヘルシーな艶っぽさ、気に入りました!

■ Focus on the Feature


ファンデーションのトーンをあえて1つ落として、少し日に焼けたヘルシーな肌感に。コントラストデュオとコーラルベージュのチークでメリハリを効かせ、立体感と温度感を引きだしています。
表情にセクシーなニュアンスを与えるのは、クールトーンのアイメイク。ダークブラウンのアイペンシルで描いたベースの上に、アイシーブルーのルースカラーをのせ、アイラインは細めに。コーラルピンクのリップが軽やかな印象に仕上げます。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE コントラスト デュオ 01
THREE サブトーンディファイニング アイペンシル 04
THREE シマリング カラーヴェール 33
THREE フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 08
THREE チーキーシークブラッシュ 07
THREE リファインドコントロール リップペンシル 02
THREE シマリング リップジャム 04

#103_滝川 裕香さん(1)会社員

2016.Mar.18
滝川 裕香さん(1)

■ Theme of the Makeup

「柔らかな花びらを表情にまとって」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— 日々の中で大切にしている習慣を教えてください。

愛猫と触れ合う時間とお花を選ぶ時間を大切にすること。

— お気に入りのTHREEアイテムは?

「バランシング クレンジング オイル」。あわただしい一日を過ごしていてもクレンジングするときの香りに癒され、気持ちをリセットできます。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

桜色のアイグロスをまぶたにのせただけで、瞳の色がぐっと明るく見えて感動しました!凛とした女性らしさも感じられる、こんなメイクでお花見に出掛けたいです。

■ Focus on the Feature


さまざまな「桜」の表情を切り取った限定コレクション「SAKURAISM」のカラーアイテムを使用した、花びらのように淡く、どこかに凛とした女性のしなやかさを感じさせるメイク。
目もとは「ビューラー⇒アイライン⇒マスカラ⇒アイグロス」の順番に仕上げることで、ヨレや崩れのないクリアな仕上がりを叶えることができます。アイラインは細く長く、まつ毛の間を埋めるように。チークは少し縦長に入れることで、印象が幼くならないように仕上げます。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE ウイスパーグロスフォーアイ S01(SAKURAISM WHISPER)
THREE フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 08
THREE チーキーシークブラッシュ S02(SAKURAISM AWAKENING)
THREE リファインドコントロール リップペンシル 03
THREE シマリング リップジャム S01(SAKURAISM SWEET)

#102_中村 あめりさん(2)アイリスト、ヘアメイク

2016.Mar.11
中村 あめりさん(2)

■ Theme of the Makeup

「メランコリックな冬の終わり」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— もしも今、3つの願いが叶うなら?

1、宇宙から地球を見たい。

2、ボブ・マーリーに会いたい。

3、瞬間移動できる能力が欲しい。

— THREEへメッセージをお願いします!

植物由来のものからできていて、肌にも環境にも優しいブランドだと感じています。
メイクアイテムの程よいパール感は、落ち着きがありながらも生き生きとした表情に見せてくれて、使うたびに「一人ひとりの本質を生かす」というTHREEのコンセプトを実感できます。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

ハッキリと色が出るポイントメイクは、いつもと違う自分になったようで新鮮でした! まぶたの輝きとグラデーションが本当に美しかったです。

■ Focus on the Feature


ペンシルタイプのアイカラーベースとルースタイプのアイカラーで仕上げた、光がまたたくグラデーションアイズ。まつ毛をカールアップさせ過ぎないことで、表情にセンシュアリティと落ち着きが加わります。ビューラーするときに、まつ毛の根元は軽めに、まつ毛の中間や毛先はしっかりとカールさせて。
上まぶたとリップのメイクがしっかりしているので、下まぶたのラインやマスカラは抑え目にして、透明感の余白を残しています。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE サブトーンディファイニング アイペンシル 04
THREE シマリング カラーヴェール 03、20
THREE フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 08
THREE チーキーシークブラッシュ 02
THREE リファインドコントロール リップペンシル 03
THREE シマリング リップジャム 08

#101_中村 あめりさん(1)アイリスト、ヘアメイク

2016.Mar.04
中村 あめりさん(1)

■ Theme of the Makeup

「桜咲く、春のぬくもりの予感」

■ THREE Questions for THREE Lovers

— 日々の中で大切にしている習慣を教えてください。

朝起きたら空や大地に「おはよう!」と言うこと。

— お気に入りのTHREEアイテムは?

「シマリング グロー デュオ」は、チーク、ハイライト、アイシャドウベースとしてヘビーユーズ。たくさんのポイントに使ってもギラギラした感じにならず、きれいなツヤ肌になるし、ヨレも気になりません。
「シャドウライニングパフォーマンス アイライナー」は、柔らかすぎず固すぎずな芯で、とても書きやすい! 02番のブラウンはパキッとし過ぎず、濃い目のメイクをしたいときにも便利。色がまったく落ちないところにも感動です。

— 今日のメイクの感想をどうぞ。

とってもナチュラルメイクなのに、強調したい陰影はきちんと強調されていて、自然に立体感が出ていたことに驚きでした。ふわっとしたグラデーションが自然なまぶた、血色が滲んだようなリップも可愛いメイクだなと思いました。

■ Focus on the Feature


2016年春限定の「SAKURAISMコレクション」のカラーアイテムを使用した、透明感あふれるピュアなウォームメイク。コーラルのアイグロスとチークが、少し火照ったような温度感を表情に沿え、目覚めたての春の息吹を感じさせます。甘くなりすぎないように、チークは少し角度をつけて、耳のつけ根から頬の低めの位置に向かってON。アイラインは目じりより少しだけ長めに。アイグロスも同様に目じりより少し長めに伸ばすと、洗練された印象に仕上がります。

メイク使用アイテム(一部抜粋)
THREE ウイスパーグロスフォーアイ S02(SAKURAISM BLINK)
THREE フラッシュパフォーマンス アイライナー ペンシル 06
THREE チーキーシークブラッシュ S02(SAKURAISM AWAKENING)
THREE リファインドコントロール リップペンシル 04
THREE シマリング リップジャム S01(SAKURAISM SWEET)

THREE LOVERS ARCHIVE

2018
JANUARY
^ back
^ hide
2017
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2016
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2015
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
JANUARY
^ back
^ hide
2014
DECEMBER
NOVEMBER
OCTOBER
SEPTEMBER
AUGUST
JULY
JUNE
MAY
APRIL
MARCH
FEBRUARY
^ back
^ hide
Latest Topics
#049_2 〈MOVIE解説〉ローマットな質感で、花咲くような唇へ。

Features

#049_2 〈MOVIE解説...

これまでも、これからも。

THREE's Eye

これまでも、これからも。

#031 冷水 希三子(料理家)

THREE's Beauty Relay

#031 冷水 希三子(料理家...

入浴は心・体・肌の万能薬

Seasonal Beauty Method

入浴は心・体・肌の万能薬

ABOUT
THREE TREE JOURNAL

しなやかに生きる洗練された
大人の女性たちへ

ALL CONTENTS

美の感性を刺激する
コンテンツ一覧
close

ABOUT

しなやかに生きる洗練された大人の女性たちへ

THREE─「3」は、「創造」の象徴。また、相反する2つのものを組み合わせることで、3つめの新しい価値を創造すること。

「THREE TREE JOURNAL」とは、そんな創造力を持ち合わせた「しなやかに生きる洗練された大人の女性」たちに向けて、五感を刺激し、豊かな感性を育む、新しいウェブジャーナルです。

THREEがもつ世界観やイメージを通して、感性を揺さぶり、語りかけ、共感、共鳴することで、THREEというブランドをより身近に感じていただくための試みであり、読者自らが興味を開拓し、アクションを起こすきっかけとなるようなコンテンツをご紹介していきます。

関わる人々が、自分自身をより高めることができる場のひとつとして、お互いの価値観を共有し、関係性を深めてゆくことを目指す「THREE TREE JOURNAL」を、どうぞお楽しみください。

To sophisticated adult women who live elegantly

Three—’3′ is a symbol of ‘creation’. It is the creation of a third new value by combining two contradicting things.

“THREE TREE JOURNAL” is new web communication contents for ‘sophisticated adult women who live gracefully’ possessing such creativity, where they can cultivate their rich sensitivity and stimulate their five senses.

It is an attempt to have them feel the THREE brand more closely through every expression, image and world view that THREE has by the brand, participating creators and users stimulating each other’s sensitivities, talking, identifying and relating. We’ve prepared contents as a springboard where the users themselves can develop new interests and take action, and generate reciprocal communication.

Please enjoy “THREE TREE JOURNAL” where we aim to deepen relations and share each other’s values as a place where those involved can cultivate themselves.

close
Popup navigation for smartphones.